a0960_006199.jpg中高年の知り合いと話をしたとき「学生時代は良かったなあ。それに比べて今は・・」のような話をしばしば耳にします。中にはかつてハツラツとしていたのに、めっきり老け込んでそういったマイナスな言葉を口にしてばかりいる人もいます。

確かに人は年齢を重ねるに従ってそれぞれ社会的に置かれる立場が定まってくるので、未来への可能性という面では狭まってくるかもしれません。ただ、考え方を少し変えてみれば、社会人であっても毎日を輝くものと捉えることはできるのではないかと思うこともあります。

「毎日が面白くない」そう思ったとき、その要因として考えられるのは、人生における「目標」と「時間」への意識が漠然となってしまっていることにあるのではないかと思います。

「毎日が面白くない」という状態は、旅行に例えるなら、旅の目的があいまいなまま出かけて現地に長期滞在しているようなものかもしれません。自然の流れに身を任せるものときにはよいかもしれませんが、目的なくして長期滞在しても大抵は現地で一体何をすべきか分からなくなってしまうことでしょう。

では「毎日が面白くない」という状態を解消するためには、一体どのように考えればよいのでしょうか?

» 続きを読む

被害妄想がちであったり高圧的な性格などは、過去の体験に起因していることが少なくありません

スポンサーリンク

日々の生活を探してみると、発見できるちいさな幸せの数々があるような気がします

井上晴雄 絵画作品集〜日本の旅風景〜
(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク
心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。