逆境を乗り越えるのカテゴリ記事一覧

スポンサーリンク

カテゴリ:逆境を乗り越える

逆境を乗り越えるのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a1710_000001.jpg人..

逆境を乗り越える
人生には様々な不測の事態が発生します。時には努力していても、自分の思い通りにことが運ばないこともあることでしょう。スポンサーリンク style="display:inline-b…

記事を読む

a1380_000187.jpgそ..

逆境を乗り越える
それぞれ、努力をしてもなかなか思い通りに物事が運ばないときというものがあるかもしれません。そんなとき、ついイライラしてしまうことはありませんか?スポンサーリン…

記事を読む

a0960_006018.jpg人..

逆境を乗り越える
人生には、何をやってもうまくいかないと感じる時期があるかもしれません。「努力はしているはずなのになぜか失敗続きだ」「不測の事態が連続して結果が出ない」などと感…

記事を読む

a0960_008048.jpg職..

逆境を乗り越える
職種にもよりますが、今も昔も新入社員が短期間で会社を辞めていくケースは少なくないようです。辞める原因はいろいろあるでしょうが、大きな原因のひとつに「上司から怒…

記事を読む

a0960_007803.jpg所..

逆境を乗り越える
所属している職場や家庭、学校などに不平不満を持っている人はいらっしゃいませんか?例えば、せっかく入社した会社が、想像以上に厳しい勤務条件であったり、ややこしい…

記事を読む

a0960_0060.jpg仕..

逆境を乗り越える
仕事で精一杯努力をしているのに結果がでないということは誰しも経験したことがあるかもしれません。頑張っているのに数字が上がらなかったり、真面目に勤務しているのに…

記事を読む

a0960_006247.jpg何..

逆境を乗り越える
何をやっても思うようにうまく事が運ばず行き詰まってしまった経験が誰しもあるかもしれません。精一杯努力をしたのに思ったような結果が出ないとき、八方ふさがり状態で…

記事を読む

物事をマイナス思考で捉えてしまう人が窮地を脱出するための考え方

a1710_000001.jpg
人生には様々な不測の事態が発生します。時には努力していても、自分の思い通りにことが運ばないこともあることでしょう。
スポンサーリンク

例えば、長年にわたって真面目に会社で働いてきたのに、ある日突然、リストラを宣告されたとき。

そんな時、人間はどうしても悲観的になり状況を嘆いてしまいがちです。それは仕方がないことかもしれません。

なぜなら、安定したものが崩れたとき、防衛本能が働き、将来に対する不安を感じるよう脳がはたらくからです。

そういったことを考えると、うまくいかないときに不安を感じることは、リスクを埋めるための原動力になりうるので重要なことだといえると思います。

ただ、必要以上に物事を悲観的に考えてしまうと、負のスパイラスをまねきかねません。

「もう人生終りだ」

「私は世界一のダメ人間だ」

みたいにマイナス思考に陥ってしまうと、その泥沼から抜け出すことができなくなるばかりか、どんどん負の要素を招き込んでしまいます。

一方で、逆境にも、笑顔を絶やさず乗り越えていく人もいます。

そういった人は早期に窮地を脱出し、新しい領域で思わぬビッグチャンスを掴んで行くことが多いです。

一体どこがどう違うのかというと、起きる出来事をプラスで捉えるかマイナスで捉えるかの違いだと思います。

どんな物事にも多面性があり、どの視点で見るかによって同じ出来事でも全く違うものでになるわけです。

ですから、物事を悲観的に考えてしまう人が窮地から脱出するためには、視点を変えて物事をポジティブに考える思考回路を作ることが重要だということが言えると思います。

悲観するような出来事が起きた時、「もうだめだ」とマイナス思考で考えるのではなく、「この状況をどのように考えたらプラスに捉えることができるだろうか?」と自問をしてみるのです。

» 続きを読む

努力しても物事が思いどおりに運ばずイライラするときは、意外とチャンス!?

a1380_000187.jpg
それぞれ、努力をしてもなかなか思い通りに物事が運ばないときというものがあるかもしれません。

そんなとき、ついイライラしてしまうことはありませんか?
スポンサーリンク

「なんて自分は不運な人間なんだ」「私には才能がないのではないか?」などと、自分自身を責めてしまうこともあるかもしれません。

八方ふさがりで先が見えないような状況。

そんなときは、私達はつい物事を否定的に捉えがち。

しかし、後から振り返ってみると、そういった時期が、意外と人生の転機になっていることも少なくないのではないでしょうか?

努力をしているはずなのに、次々と不測の事態が起きてどん底に落ちていく。そんなとき、人間はいろいろな物事を考え落ち込んでしまいます。

「なぜうまくいかないのか?」「運勢が下降しているのか?」「どうして自分だけうまくいかないんだ?」など。

しかし、そんな悩む時期を通り越した後は、意外と良い方向に道が開けたということもあるのではないでしょうか。

例えば、私の友達のひとりは、就職活動で、自分が望んでいた大手企業にことごとく不採用となってしまいました。

本人は、その状況をとても辛くてたまらないと話し落ち込んでいました。不採用になるけでなく、就職活動のための資金も底をついていく。

そんな八方ふさがりの状況でもがいているうちに、その友達は地方にある中小企業に内定しました。

それから数年後、その友達と再会したのですが、本人の口から出た言葉は意外な話でした。

それは、数年前、大手企業にことごとく不採用になってどん底に落ちたことが返って良かったというのです。

話を聞くと、その中小企業で最高の結婚相手も見つかったというのです。また、小さな企業だけに自分の企画が上に通りやすく、すぐに責任ある仕事も任されるようになったのだとか。

毎日出社するのが楽しくて仕方がないというのです。

努力しても物事がうまくいかない時期がつづくと、人はイライラして物事を否定的に考えてしまうものです。

しかし、そのとき思い通りに事が運ぶのが良いとも限らないのではないでしょうか。

後から振り返ってみると、その辛い時期があったこそ、後々になってみると意外なチャンスをつかんだようなことも少なくないものなのです。

そういったことを考えた時、苦境に立たされたときというものは、必ずしも悲観する必要はないと思うのです。

むしろ、人生を展開させうる大きなチャンスであると前向きに捉えることができることもできると思うのです。

では、努力してもうまく行かない時は、どのようなことを考え、日々を過ごせば良いのでしょうか?

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

何をしてもうまくいかないと感じる時、一体どんな行動をとるべきかについて

a0960_006018.jpg
人生には、何をやってもうまくいかないと感じる時期があるかもしれません。

「努力はしているはずなのになぜか失敗続きだ」「不測の事態が連続して結果が出ない」などと感じるとき、とても辛いと思います。

おそらくそれは、何らかの原因があって、負の連鎖が起きている状態であると考えられます。
スポンサーリンク

何をしてもうまくいかないと感じる時、人間は、ついその結果の伴わない状況に不平不満をこぼしがちです。

「俺はなんて運が悪い人間なんだ」「私はツキが全くない」などと自己否定をしたり、他人や社会のせいにしてイライラしてしまうもの。

それは仕方がないことかもしれません。

ただ、イライラ腹を立ててネガティブな言葉を吐いたとしても、解決どころか状況はますます悪化していくことでしょう。

なぜなら、そのネガティブな言葉は潜在意識に記憶され、それが現実化するように自ら行動してしまうからです。

では、何をしてもうまくいかないと感じる時、一体、私たちはどのうような行動をとるのが良いのでしょうか?

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

新入社員が上司から怒られることへの恐怖や不安を克服する方法

a0960_008048.jpg

職種にもよりますが、今も昔も新入社員が短期間で会社を辞めていくケースは少なくないようです。

辞める原因はいろいろあるでしょうが、大きな原因のひとつに「上司から怒られた」ということが挙げられます。
スポンサーリンク

右も左も分からぬまま、研修だけで完璧に仕事をできる新人などなかなかいないもの。

すると、ミスをしたり右往左往しているのを上司から見られ、頭ごなしに怒られるわけです。

「お前、何やってるんだ!全然違うだろ!」
「やり直しだ!マニュアルを読み直せ!」

学生時代に体育会系の部活動をやっていて上下関係を経験した新入社員ならそうでもないかもしれませんが、
そうでなければ社会人になって頭ごなしに上司から叱られるというのは、ショッキングな出来事だと思います。

そもそも怒られるというのは、仮に自分に落ち度があっても、誰しも気分が良いものではないもの。特にプライドの高い新入社員ならば、自身のプライドを傷つけられたと認識し大きなストレスを感じることでしょう。

また、上司が厳しく執拗に怒られつづければ、不愉快な気持ちは募っていき、それは絶望的な思いに発展して「会社を辞めよう」という風になってしまうわけです。

怒られるのを乗り越えたとき、仕事を一人前に習得して軌道に乗っていくかもしれないのに、その前に仕事を辞めてしまうのはもったいないことです。

では、上司に怒られることに恐怖心を抱く新入社員は、どう考えていけばそれを克服できるのでしょうか?

» 続きを読む

苦難の渦中にあるときどう考えるか

a0960_007803.jpg

所属している職場や家庭、学校などに不平不満を持っている人はいらっしゃいませんか?

例えば、せっかく入社した会社が、想像以上に厳しい勤務条件であったり、ややこしい人間関係が社内にあったり・・
スポンサーリンク

そうなると「こんなはずじゃなかった・・」「ああ、なんて災難なんだ」と感じてしまうのは仕方のないことだと思います。

それでも、少し物足りないという程度なら良いのでしょうが絶望的な思いになることもあると思います。

そんなときでも、自分自身を成長させるチャンスかもしれない一度は考えてみるのがよいと私は思います。

そのときは想像すらできなくても、そこから何かに気づくことや将来に生かせることがあるかもしれないからです。

例えば、私の知り合いに、会社の人間関係でとことん苦しんだ人がいます。

上司からパワハラを日々受けてストレスで胃に穴が開きそうで鬱病寸前まで追い込まれたのだとか。

結局、勤めている会社を退職せざるを得ませんでしたが、その後に相談員として大成功をしています。

結果論かもしれませんが、人間関係で苦しんだ経験があったからこそ、相談員としての素養が身についたのだといえるような気がします。

同じような境遇で苦しんでいる人の気持ちが分かるし、その対処法も具体的に思いつきやすくなるからです。

» 

 カテゴリ
 タグ

仕事でうまくいかないとき、状況を好転させていくための考え方

a0960_0060.jpg

仕事で精一杯努力をしているのに結果がでないということは誰しも経験したことがあるかもしれません。

頑張っているのに数字が上がらなかったり、真面目に勤務しているのに上司から評価されなかったり・・
スポンサーリンク

自分を果物に例えてみる

そんなときは、自分自身を果物に例えて考えてみると良いかもしれません。温暖な冬を過ごした果物は、あまりおいしくないといわれます。

一方、厳しい冬を経た果物は、糖度が高く美味しい果実が実ると言われます。

仕事もそれと同じで、うまく行っていないときは、その冬の時期であると考えとよいと思います。

うまくいかない時期というのは、美味しい果実を実らせるための準備期間という風に捉えるのです。

そして、それを克服するのが難しければ難しいほど、その先には大きな喜びが待っていると考えるのです。

うまくいっていない時期というのは、その解決に向けてさまざまなことを自問しながら考えるものです。自分なりの解決法を考え試行錯誤してみる。

その壁を乗り越えれば、大きな達成感が待っているでしょうし、仮に壁を乗り越えられなかったとしても、その試行錯誤のプロセスに意味があるのです。

それにより、人間はひとつまた成長できると思うからです。

いずれに転んでも、自身にとってプラスになる試練というものはありがたいものだと考えることができるとしめたものです。

一度問題を手放してみるのも一案

仕事などでうまく結果がでないとき、「すぐに解決せねば」と焦るのは仕方がないことだと思います。

そのとき、「乗り切ってやるぞ!」とポジティブな気持ちが湧いてくるならばよいのですが、気持ちが乗らないならば、一度その問題を手放してみるのも有効な選択肢だと思います。

とりあえず、問題解決は保留にして、他の作業をしてみるのです。

すると、知らないうちに勝手に問題が解決されていたというケースも少なくありませんし、問題を冷静に分析して行動することができます。

他の作業というと、例えば、ひとり旅に出るなど、少し環境を変えてみるものよいかもしれません。自分を見つめ直し今後のアイデアを出す良い機会になるはずです。
スポンサーリンク

» 

 カテゴリ
 タグ

逆境を乗り越えていく人の共通点とは 

a0960_006247.jpg
何をやっても思うようにうまく事が運ばず行き詰まってしまった経験が誰しもあるかもしれません。

精一杯努力をしたのに思ったような結果が出ないとき、八方ふさがり状態で解決策が見つからないときなど、人はどうしてもものごとを悲観的に考えてしまいがちです。
スポンサーリンク

そして「自分は運が悪いダメ人間だ」、「社会が悪いせいだ」などと自他に怒りや不満をぶつけるようになります。

それで気分が晴れるならまだよいのですが、負の連鎖が起きてしまうばかりか周囲の人は離れてしまい、ますます状況が悪化してしまうことになると思います。

しかし、そんな逆境の中であっても生き生きとしていて、逆境から這い上がることができる人もいます。

そういった人々と接してみて、私はある共通点があることに気がつきました。

それは、逆境から這い上がる人は「何事も良いように解釈する傾向が強い」という共通点があることです。

例えば 治療ができないといわれているような重篤な病気から生還した知り合いがいます。普通ならば、ショックを受けてひどく落ち込んでしまうことでしょう。

「なぜ私だけがこうなってしまうのか・・」と悲嘆に暮れるのが一般的だと思います。

しかしその知り合いは、そんな逆境をものともせず、むしろ病気をありがたいものだとプラスに解釈していました。

「病気になったからこそ 当たり前のことのありがたさに気づくことができた」、「病気を通して友人や家族のあたたかさに触れることができた」など、むしろ病気に感謝をしていたのです。

半ば無理矢理でもこじつけでもいいから、一見すると良くないと思えることを良いように解釈する。

すると、ネガティブな感情を振り払い、プラスのエネルギーを引き入れることができるというのです。

そして、「今はたまたまうまくいっていないけれど、必ずうまくいく」という確信を持ち、自分は価値がある人間だという風に言い聞かせる。

その上で、すべてがうまくいった未来のシーンをできる限りありありと想像すると良いのだそうです。
スポンサーリンク

例えば

「病気を治して海外旅行にでかけたい」
「逆境を克服してホームパーティーを開きたい」
「困難を乗り越えてその体験談を本にしたい」
「難局を打破して美味しいものをたらふく食べたい」

などなど。逆境の最中にあって、いたずらに「何とかせねば」「もうダメだ」と焦ったり頭を悩ませるのではなく、「未来」に焦点を当てプラスイメージを描くことに意識を集中させる。

そして逆境を乗り越えた暁に待っている自分の明るい未来をありありと想像する。それがその知り合いの場合、結果的に重篤な病気をはねのけ逆境を乗り越えることにつながりました。

» 

ひとり旅のすすめ
心が疲れたとき、ひとり旅にでかけるというのも疲れを解消する手段のひとつだと思います。見知らぬ土地に行って郷土の味覚を探したり温泉でのんびりしたり。あるいは小さい頃に住んでいた懐かしいまちや修学旅行に訪れた観光地に訪れるというのもよいかもしれません。

普段の環境から少し抜け出てみることで、視野が広がり、今まで見えなかったことが見えてきたり、新しいアイデアが思い浮かんできて、前向きなエネルギーが湧いてくることも多くあるものですよ。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    失敗つづきだったり緊張を強いられる場面に遭遇したら、人は不安を感じやすくなります。ただ、心の不安は、少し視点を変えてみるだけで解消できることもあるものです。 「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「自分に自信を持つ方法」など「心」をテーマにした記事を書いています。皆様が明るく幸せな日々を送るための参考資料のひとつになれば幸いです

    お問い合わせ

    タグクラウド
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます