スポンサーリンク

被害妄想を改善するのカテゴリ記事一覧

カテゴリ:被害妄想を改善する

被害妄想を改善するのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a1150_000237.jpg「..

被害妄想を改善する
「皆で寄ってたかって私の悪口を言っているんじゃないか?」「誰かが私の人生をめちゃくちゃにしようとしているのではないか?」被害妄想が強い人は、悪い方向に悪い方向…

記事を読む

a0960_006018.jpg被..

被害妄想を改善する
被害妄想とは、誰も危害を与えていないのにも関わらず、あたかも自分が被害を受けているように思い込んでしまうことを指します。被害妄想気味の人は、自分の周辺で何も問…

記事を読む

a0960_006514.jpg被..

被害妄想を改善する
被害妄想とは、実際に被害を受けていないのにも関わらず被害を受けていると勘違いしてしまい頭を悩ませてしまう状態です。スポンサーリンク style="display:inline-b…

記事を読む

a1380_001413.jpg被..

被害妄想を改善する
被害妄想とは、他人が自分に危害を与えていないのに、あたかも危害を与えらえているように勘違いして思い込む妄想のことです。スポンサーリンク style="display:inli…

記事を読む

a1380_001413.jpg人..

被害妄想を改善する
人と接していると、さまざまな性格の人と出会います。なかには被害妄想が強いのでは?という人もいるかもしれません。被害妄想が強い人は、その言葉通り、誰もその人のこ…

記事を読む

a0960_005239.jpg誰..

被害妄想を改善する
誰も責めていないのに、いつも自分が攻撃されているように感じる人はおられませんか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" …

記事を読む

被害妄想の強い人が性格を改善するためのヒント|周囲の人間のとるべき対応は?

a1150_000237.jpg
「皆で寄ってたかって私の悪口を言っているんじゃないか?」

「誰かが私の人生をめちゃくちゃにしようとしているのではないか?」

被害妄想が強い人は、悪い方向に悪い方向に考える習慣ができています

そんな事実がないのに一方的に言われても、周囲の人間はただ困り果てるしかありません。

他人の善意による手助けや援助であっても被害妄想の強い人は、それを悪い方向に考える傾向があります。
スポンサーリンク


被害妄想が強い人の特徴と心理

「何かたくらんでいるのではないか?」「裏があるのではないか?」などと疑ってしまい、世話をしてくれた人ですら加害者として認識してしまいます。

被害妄想の強い人は、何かにつけて自分自身のことばかり考える特徴もあります

他人については関心がないというより、考える余裕がありません。そして、誰かが声をかけてきたら、自分にとって敵か味方かということばかりを考えてしまいます。

そんな状況では円滑な人間関係を築けるはずもなく、人は次々と離れてしまいます。結局は誰からも相手にされなくなりひとりぼっちになってしまいます。

しかし、なぜ自分が孤立してしまうのか、被害妄想が激しい人は理由を理解することができないことが多いと感じます。

「人間なんてつまらない奴らばかりだ」「あいつが悪い。社会が悪い」とこれまた悪い方向に考えてしまうわけで、自分に原因があるのでは?という発想には至りません。

被害妄想の強い人が持つ思考回路の原因とは

被害妄想の強い人はなぜそのような思考回路でものごとを考えてしまうようになってしまったのでしょうか?

その原因は、おそらく小さい頃に受けた心の傷だと思います。
スポンサーリンク

たとえば、親から十分な愛情を受けられず育ったり、学校で激しいイジメに遭っていたなどです。

親から十分な愛情を受けて育った子供は、大人になるに従って、他人に対して愛情を注ぐようになります。
自分のことも考える一方で、他人のことも同時に考えられる思考回路ができあがるからです。

しかし、そうでない子供は、大人になってからも精神は子供のままです。他人のことを考える余裕がなく、自己愛で完結してしまいます

なぜ他人のことを考える余裕がないかというと、プラスなことを考える前に、暗い過去の出来事が無意識のうちに頭を覆い尽くしてしまうからです。

人間は、「親から可愛がられた」「良い友達に囲まれ学生時代を送った」など、過去の記憶のなかに温かい想い出が多くあればポジティブな考えをすることができます

しかしそうでない場合、ネガティブな考えで頭の中が覆われてしまい物事を悪い方向に考えてしまいます

状況を改善していくためには

幼少の頃の心の傷は脳に克明に刻まれてしまうため、被害妄想の強い人が その性格を改善することは容易ではないと思います。

ただ、少しずつ変えていくことはできると思います。それは、できるだけ自分にとっての楽しみを見つけるようにして 明るい方向で物事を考えていく習慣をつけることです。

ネガティブなことを考えてしまったら、一呼吸置き「ダメダメ!明るく物事を考えなくては!」とその都度、修正をしていくのです。

そういった地道な作業を日々繰り返していたら、物事をポジティブにとらえる視点が確立され、被害妄想をする癖も改善されていくと思います。

周囲にいる人間はどう接すればいいか

では一方、周囲にいる人間は被害妄想が激しい人とどう接すればいいのでしょうか?

これまた難しい問題だと思います。

なぜなら被害妄想の強い人は基本的に他人の言動には聞く耳を持たないからです。

「あなたのことを悪く言ってる人はいない」などと説明しても、「いやそんなことはない。今この瞬間にも悪口を言われているはずだ」と反論されるでしょう。

また、考え方そのものを批判しても「あなたに私の何が分かるのか?」と激怒されるのが関の山でしょう。

そこで周囲の人間がまずすべきことは、被害妄想の強い人は、子供時代に受けたイジメや親から疎まれ育ったことで心に傷を負っていることを認識することだと思います。

その傷の痛みをもう味わいたくないがために自己防衛本能がはたらき、被害妄想が浮かんでくるという状態に陥っていることを理解するのです。

被害妄想が強いということは、それは裏返せば、不安だったり寂しかったりするわけです。

そして、強がっていても、周囲の人間にはその傷の痛みに寄り添って欲しいと考えているわけです。

ですから、被害妄想の強い人に対しては、無理に論理的に説教したり叱り飛ばしたりしても逆効果だと思います。

「こいつは私の敵だ」と心を閉ざしてしまうからです。

非常に難しいことでしょうが、同情しながらじっくり話を聞いてあげるのがベストなのではないでしょうか。

例えばその人の趣味の話を聞くなどして、本人の気持ちがなるべく明るい方向に向かうよう意識すればよいと思います。

被害妄想気味の人がその性格を改善するためのヒント

a0960_006018.jpg

被害妄想とは、誰も危害を与えていないのにも関わらず、あたかも自分が被害を受けているように思い込んでしまうことを指します。

被害妄想気味の人は、自分の周辺で何も問題が起きていなくても、誰かに責めているように感じるといった妄想をしてしまいます。

どうして彼らはそのように被害妄想をしてしまうのでしょうか?
スポンサーリンク

それはケースによるでしょうが、被害妄想をよくしがちな人は、親が被害妄想気味だったということが多いと言われています。

被害妄想をする親は、家庭外の人間に対してはもちろんのこと、家族に対しても被害妄想をしてしまいます。

例えば、子供が仲の良い友達と遊びに行って帰ってきたら「お前はお母さんのことが嫌いなんでしょ?いなくなったらいいと思ってるんでしょ!」と言ってくるような親は被害妄想気味の人ということになろうと思います。

子供からすると単に仲の良い友達と遊んできただけなのに、その親は、自分よりもその友達のほうを子供が選んだのだから、自分は嫌われているという風に被害妄想をしてしまっているわけです。

そのような被害妄想気味の親に育てられた子供は次第に正常な判断をすることができなくなってしまいます。

なぜなら、自分が何も悪いことをしていないのに親から一方的に否定されたり同情を求められたりするからです。そして、知らないうちに、自分自身も親と同じように被害妄想をするようになっていくのです。

幼少の頃に身についたものの考え方は、なかなか修正できるものではありません。すると大人になってからも被害妄想をする癖が出てきてしまいます。

誰も責めていないのに「あなたは私に敵意を持っていますよね?」「私だけ仲間はずれなんですね」などと被害妄想をしてしまうようになるわけです。

周囲の人間が「いやそんなこと全くないよ。誰も君を責めていないじゃないか」と言ったところで被害妄想気味の人は「そんなわけないでしょ!あなたは私に敵意を持っています!」「みんな私のことが嫌いなんでしょ!」などとと自分の意見を曲げることはないわけです。

なぜなら、そのように考えるのが普通だと考えているからです。

本来ならば、被害を受けているかどうかは、客観的な根拠を見つけて冷静に判断すべきものです。

しかし、その習慣が幼少期に身についていなければ、主観的な想像だけでものごとを捉えてしまい、被害妄想から抜け出ることができなくなってしまうのです。

» 続きを読む

被害妄想の原因と改善するための習慣とは

a0960_006514.jpg
被害妄想とは、実際に被害を受けていないのにも関わらず被害を受けていると勘違いしてしまい頭を悩ませてしまう状態です。
スポンサーリンク

例えば、誰かが向こうのほうでしゃべっているだけで、「彼らは自分の悪口を言っているのではないか?」と考え思い悩んでしまうなどです。

そもそも被害妄想をしてしまう人はどうして被害を受けていないのに受けているように感じてしまうのでしょうか?

それは、安全であると確信できない事態が起きたとき、自己防衛本能がひと一倍強く働くからだと思います。

例えば、会社や学校へ通う普段慣れた道を歩くならば、不安に感じる人は少ないと思います。

しかしそれが見知らぬまちの道だったら、いささか不安を感じてしまうのではないでしょうか。

安全かどうかは未知数であるからです。そうなると、人間は自分の身を守るために不安を感じることで自己防衛のために行動を制限しようとします。

自己防衛の本能が働くことで人は慎重に行動をして失敗リスクを減らす確率を高めることができます。

しかし、その不安を感じる度合いが限度を越してしまうと場合、恐怖となり被害妄想という形であらわれてくることがあります。

未知なものや不慣れなものは安全ではないかもしれないだけにそのリスクが拡大解釈されてしまい恐怖心を過剰に高めてしまうのです。
スポンサーリンク

被害妄想をしやすい人は自己防衛本能がつよく、想像力が豊かだったり、理論より感情が先行してしまいがちな傾向があります。

あるいは、過去に何らかの心理的トラウマがあり、それに関連する出来事が起きることで無意識のうちにそれを思い出し、恐怖心や不安感を誘発してしまうケースもあります。

そうなると、誰かがしゃべっているだけで、自分の悪口を言っているのでは?と邪推してしまうような被害妄想をしてしまいます。

そこでは確かな根拠が揃っていないのに、「悪口を言っている可能性がなくはない」というわずかな可能性が拡大解釈されて「悪口を言っている」という風に捉えてしまうのです。

そこでは被害妄想をしてしまう人は自分の主観でものごとを判断してしまっています。

では、どうすれば被害妄想をしてしまう人がその思考回路から逃れることができるのでしょうか?

» 

被害妄想が強い人の心理とその原因とは

a1380_001413.jpg

被害妄想とは、他人が自分に危害を与えていないのに、あたかも危害を与えらえているように勘違いして思い込む妄想のことです。
スポンサーリンク

被害妄想の強い人の心理とその原因とは

被害妄想が強い人がなぜ被害妄想をしやすくなったかというと、小さい頃に受けた心の傷に起因することが多いといわれています。

例えば、何も悪いことをしていないのに、親から否定されて育った子供は被害妄想を持ちやすいのです。

悪いことをして叱られるなら子供はそれを理解してトラウマにはなりません。

しかし一方で、何も悪いことをしていないのに親のストレス解消やヒステリーなどによって、一方的に叱られ続けた子供は、何が悪いのか理解できず、精神的葛藤を覚えるようになります。

それが被害妄想を持ちやすい性格の基盤となるのです。

自分が悪いことをしていないのに一方的に叱られたり暴力を受け続けた子供は、どうして叱られているのか理解することができません

すると、不幸なことに彼らは「他人は皆、自分に敵意を持っているから何もしてなくても叱られるんだ・・」と思い込むようになってしまうのです。

そしていつしか、何も問題が起きていなくても、自分は非難され否定されているのだと感じるようになってしまいます。

そうなると、他人と会うごとに「この人は私に危害を与えようとしているのではないか?そうに違いない」と勝手に思い込み、敵対意識を持つようになります。

ささいな勘違いが妄想を膨らませる

被害妄想の強い人は根拠がほとんどないのに、相手は自分を攻撃しようとしている勘違いしてしまうのです。

例えば、知り合いとすれ違ったとき、こちらは会釈をしたのに相手は素通りしたとします。

すると、被害妄想の強い人はそれだけで「この人は私のことをやっぱり嫌いなんだ。だからシカトしたんだ」と真っ先に考え傷ついてしまいます。

そしてその被害妄想をどんどん膨らませていきます

ただ、実際のところ、それは勘違いである可能性だってあるわけです。

なぜなら、挨拶をして相手が素通りというのは、相手は単に気づかなかったのかもしれないし、他に考え事をしていたのかもしれないし、あるいは人見知りで挨拶が苦手な人なのかもしれないからです。

心が健康な人は、そういったさまざまな可能性を考えて、客観的にその出来事の意味合いを考えます。

しかし被害妄想の強い人は、過去のトラウマと照らし合わせて、相手は自分に敵意を持っているのだろうと即判断してしまいます

もしそれが勘違いならば、被害妄想の強い人は大切な交友関係をまたひとつ失ってしまい、自身も意味もなく傷つき悩みこまなければならなくなってしまいます。

» 

被害妄想をする人の心理とその原因とは

a1380_001413.jpg
人と接していると、さまざまな性格の人と出会います。なかには被害妄想が強いのでは?という人もいるかもしれません。

被害妄想が強い人は、その言葉通り、誰もその人のことを責めたり疎外したりしていないのに被害を受けているように妄想する傾向があります。

「皆、私のことを嫌いなんですよね?」「私のことを責めてばかりであなた方は楽しいんですか?」のようにひとりで憤っていたり、勝手に傷つたりしています。

「そんな風に思っていないですよ」と説明しようとしても、「あなたに私の何が分かるんですか?私の気持ちなんて誰もわかってくれない・・」などと聞く耳を持つことはほとんどありません。
スポンサーリンク

被害妄想の良い点と問題点

» 

誰も責めていないのに、攻撃されていると考えてしまう人の心理

a0960_005239.jpg

誰も責めていないのに、いつも自分が攻撃されているように感じる人はおられませんか?
スポンサーリンク

そのようなタイプの人は、人と会うたびに

「自分はあいつに嫌われているのではないか?」

「あの人は自分に敵意を持っているのではないか?」

などと邪推してしまい、心が疲れてしまうと思います。

そのように考えてしまう原因はいろいろあると思いますが、小さい頃に親から認めてもらえなかったというケースが多いようです。

一生懸命誰かのために尽くしたのに、褒められず感謝もされなかった。あるいは、周囲にいた大人がいつも不機嫌で、ストレス発散目的など理不尽なことで叱られてきたなど。

そういった辛い体験を重ねると、人間は条件反射的に他人に対して敵意を持ち、自分の殻をつくって閉じこもるようになります。

そして大人になっても誰かと会うだけで恐怖を感じたり、攻撃されていると感じたりするようになってしまうのです。
スポンサーリンク

» 

スポンサーリンク
心の悩みを抱えていても、少し視点を変えることで解消されたり、むしろエネルギーになったりすることもあります。状況を変えるために一歩踏み出してみることで、物事が展開し視界が大きく開けてくることもあります。

成果を積み上げていくことも大切である一方、心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

サイト内検索
スポンサーリンク

人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    当ブログでは、「心」をテーマにした記事を書いています。 例えば、「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「視点を変えて元気になる考え方」、「自分に自信を持つ方法」など。 何かと理不尽なことも多く生きにくい現代社会。これらの記事が、皆さまが明るく幸せな日々を送るための一助になれば幸いです。
    (関連サイト) ・・↑同じく心理系統のブログ。最近はこちらのブログにも新しい記事を更新しています。 ・・夕陽、夜景、農村ほか、絵と文で綴る「日本の旅風景」
    タグクラウド
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます