スポンサーリンク

否定的な人に接するヒントのカテゴリ記事一覧

  • ホーム
  • »
  • 否定的な人に接するヒント

カテゴリ:否定的な人に接するヒント

否定的な人に接するヒントのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a0960_006018.jpg人..

否定的な人に接するヒント
人の粗探しをして不平不満をこぼしてばかりいる人はあなたの職場にはいませんか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" dat…

記事を読む

a0960_007377.jpgあ..

否定的な人に接するヒント
あなたの職場には否定的な上司はいませんか?もしいれば、どのように物事を伝えていいか分からず苦心されている方も少なくないかもしれません。スポンサーリンク sty…

記事を読む

a0070_000092.jpg何..

否定的な人に接するヒント
何かにつけて否定的な人はあなたの周りにはいませんか?否定的な人は何かにつけて悲観的な言葉を発したり他人を否定したりします。「旅行なんてつまらないな。温泉なんて…

記事を読む

a1180_015962.jpgあ..

否定的な人に接するヒント
あなたの周りには、何かにつけて不満ばかり口にしている人はいませんか?「あいつはダメな奴だ」「会社にはロクな奴がいない」「下らない世の中だ」みたいに不満をこぼし…

記事を読む

他人の粗探しをして不平不満をこぼす人の心理と、うまく対応するためのヒント

a0960_006018.jpg

人の粗探しをして不平不満をこぼしてばかりいる人はあなたの職場にはいませんか?
スポンサーリンク

「君の服装センス0だね。最近の若者は出来損ないばかりだよ」

「お前とまたシフトが一緒か。今日は最悪の1日だよ」

何かにつけて、そういった人は人の悪口を平気で言っては不平不満をこぼします。

そこでは、自分は評論家のごとく高みから他人を酷評し不満を述べるのが特徴です

そういった人がなぜそのような言動をとるかというと、その心理には「自信のなさ」が根底にあるのではないかと思います。

子供の頃に兄弟と比較されけなされて育ったり、虐げられて育った暗い過去があるなどから、自分自身に失望し自信を持てない心理状態にあるのです。

ですから、相手をこき下ろし、表面的にでも、他人より自分が優れていることを示さねば心の平安を得ることができないのです。

逆に言えば、自分よりも他人が勝っている状態になることを、極度に恐れているわけです。

なぜなら、他人と比較され否定されつづけた自分の過去と向き合い心の傷が痛むからです。

ですから、評論家のような高みの見地から分析的な言動で不平不満を述べるのです。

もし真正面から議論を戦わせたら相手に反論されて負けるかもしれない。そうなれば更に心の傷が痛んでしまうので、それは避けたいという心理がそこには見え隠れするわけです。

心の弱さが心理の根底にある。だから、そういった人は他人の粗探しをしては、高みから不平不満をこぼしてばかりいるのです。

では、彼らとうまく交流するためにはどのようにすればよいのでしょうか?

» 続きを読む

否定的な上司とうまく会話をする方法

a0960_007377.jpg
あなたの職場には否定的な上司はいませんか?

もしいれば、どのように物事を伝えていいか分からず苦心されている方も少なくないかもしれません。
スポンサーリンク

なぜなら、否定的な上司は、部下や同僚がどんなに良い意見を言おうが、基本的に否定してケチをつけてくるだろうからです。

また、時にはちくりと人格を否定するような言葉も添えてくるので、部下とすると、気持ちのよいものではありません。

例えば
「それは無理だな。君は幼稚園からやり直しだな。」
「そんなことできるわけない。君みたいなのがいるから会社はダメになる」

みたいに。

否定的な上司は物事の欠点をあらさがしして、辛辣な言葉でもってその物事を全否定してきます。

ですから、そんな上司とコミュニケーションをとってみても、建設的な話になりませんし、何よりうんざりという方も少なくないと思います。

そもそもなぜ否定的な上司は、他人の意見を受け入れずケチをつけることに終始するのでしょうか?

それは、心の根底に自信のなさと不満の混ざった否定的な感情がうずまいているからだと思います。
スポンサーリンク

その負の感情は幼少の頃に親から否定され罵倒されて育ったことや、大きな挫折を味わって克服できなかった過去などに起因することが多いと考えられます。

否定的な人は自分の人生そのものや社会に対してネガティブな感情を持っており、そのようになったのは他人や周囲の環境のせいであると強く考えています。

ですから、他人の意見というものは。それがどんなに優れたものであっても基本的に受け入れないのです。

受け入れてしまえば、他人が自分よりも優れていると認めてしまうと考えてしまうのです。

一方、否定的な人は、厳しい状況を耐え生き抜いてきた過去を持つだけに 自分のやり方というものに、絶対的な自信を持っています。

そして、大抵はプライドが高いです。

ですから、自分の領域に何者かが侵入しようとすると、激しい怒りを持ちはねのけようとします。

そういた屈折した感情を持っている以上、否定的な人と接するのは非常にやっかいですし、常に緊張していなければなりません。

しかし会社組織となると、どんなに苦手な人とでもコミュニケーションをとらなければ円滑に仕事を進めることができない場面も多々あるものです。

では、そのように屈折した感情を持っている否定的な上司とはどのようなことに注意してコミュニケーションをとればよいのでしょうか。

» 

否定的な人が否定的な発言ばかりする理由と改善策

a0070_000092.jpg

何かにつけて否定的な人はあなたの周りにはいませんか?

否定的な人は何かにつけて悲観的な言葉を発したり他人を否定したりします。

「旅行なんてつまらないな。温泉なんてどこも同じだ」
「ああ、疲れた。毎日だるいよ」
「テレビ出てる人間なんて下らない奴ばかりだ」
「毎日毎日むし暑くて最悪だ〜」
「全部政治家が悪い、世の中が悪い。」

そんな独りよがりな否定的な言葉ばかり聞いていると、周囲の人間はうんざりしてきます。

それが家庭なら、「また愚痴が始まった・・」と食事もまずくなりますし、職場なら、仕事の士気も下がってしまいかねません

そもそも否定的な人はどうして否定的なことばかり言うのでしょうか?
スポンサーリンク

否定的な人が否定的なことばを発する2つの理由とは

否定的な人が否定的なことばを発する理由、それは、ものごとの悪い面を探す習慣ができていることと、自己顕示欲が強いことだと思います。

あらゆるものごとは、視点を変えれば良いようにも悪いようにも認識できるものです。

例えば、雨が降るということに関していえば、悪いように捉えると、ジメジメして濡れるし最悪だという見方をできるかもしれません。

しかし一方で良いように捉えると、植物にとって恵みの雨であり雨音は心地よいなあという風に捉えることもできるでしょう。

否定的な人は、ものごとを悪いように捉えることが習慣化している人なのです。

そして、問題をクローズアップして考えてしまう近視眼的思考の傾向もあります。

その根底には、意外なことかもしれませんが否定的な人は真面目で向上心の強い性格があるのではと私は考えます。

否定的なことばを発する人は、ものごとの足りない部分を真っ先に探して、それを埋める努力をしてきた人々なのです。

それだけ自分に課するハードルも高くプライドも高い。しかし、本人は努力の割には良い結果が出ずに現在に至り強い劣等感を持っている。

それにも関わらず、そんな現状の自分でも周囲からは高く評価してほしいという思いを常に持ち続けているのです。

ですから、置かれている生活環境や出会う人のことをこきおろし否定するのです。そうすることにより、上から目線で批評できる自分は価値あるんだという風に自己顕示していると考えられるのです。
スポンサーリンク

» 

不満ばかり口にする人の心理と対応するコツ

a1180_015962.jpg

あなたの周りには、何かにつけて不満ばかり口にしている人はいませんか?

「あいつはダメな奴だ」「会社にはロクな奴がいない」「下らない世の中だ」みたいに不満をこぼしている人が。
スポンサーリンク

何かにつけて否定的で、常に不満ばかり口にしている人は、人生がうまくいっていないことがほとんどだと思います。

そして、うまくいっていない原因については、あくまでも周囲の人間や環境のせいであり、自分には何の落ち度もないと考えているという特徴があります。

どうして不満ばかり持つ人は、そのように全てを否定する心理状況になるかというと、依存心の強さがその背景にあると思います。

小さいときに十分な愛情を受けることができなかったり、親の偏った願望に迎合して不遇な幼少時代を送ったなど、育つ過程で辛い思いをしたことがトラウマになっていることが多いようです。

「構って欲しい」「自分に目を向けて欲しい」そんな潜在的な願望が満たされないまま大人になってしまった。

それが影響して、周囲の人間や環境から多くの満足感を得ようとするようになったのです。

強がっていても、全てに否定的な人は寂しさを感じているものです。そして、自分に失望をしています。

しかし、それを自覚したくないものですから、他人の悪口を言ったりして周囲の人間や環境のせいにしようとしたりして、精神バランスをとろうとしているというわけです。

スポンサーリンク

では、そのように不満ばかり口にしている人に対してどのように接すればよいのでしょうか?

» 

スポンサーリンク
心の悩みを抱えていても、少し視点を変えることで解消されたり、むしろエネルギーになったりすることもあります。状況を変えるために一歩踏み出してみることで、物事が展開し視界が大きく開けてくることもあります。

成果を積み上げていくことも大切である一方、心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

サイト内検索
スポンサーリンク

人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    当ブログでは、「心」をテーマにした記事を書いています。 例えば、「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「視点を変えて元気になる考え方」、「自分に自信を持つ方法」など。 何かと理不尽なことも多く生きにくい現代社会。これらの記事が、皆さまが明るく幸せな日々を送るための一助になれば幸いです。
    (関連サイト) ・・↑同じく心理系統のブログ。最近はこちらのブログにも新しい記事を更新しています。 ・・夕陽、夜景、農村ほか、絵と文で綴る「日本の旅風景」
    タグクラウド
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます