高圧的な人に対処するヒント2のカテゴリ記事一覧

スポンサーリンク

  • ホーム
  • »
  • 高圧的な人に対処するヒント2

カテゴリ:高圧的な人に対処するヒント2

高圧的な人に対処するヒント2のカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a0790_001009.jpg会..

高圧的な人に対処するヒント2
会社に行けば、いろいろな性格の人が働いています。とりわけ対応が難しいといわれるのは、高圧的な上司に対して自分の意見を言う場面でしょうか。スポンサーリンク s…

記事を読む

a0960_006085.jpg会..

高圧的な人に対処するヒント2
会社にひとりでも威圧的な上司がいると、その空間はピリピリして過ごしにくい雰囲気になってしまっているかもしれません。スポンサーリンク style="display:inline-b…

記事を読む

a0960_005181.jpg世..

高圧的な人に対処するヒント2
世間には、威圧的な上司の存在で苦しんでいる人も少なくないようです。威圧的な上司は常にイライラいしており、人格を否定するような言葉を部下に平気で投げてきます。そ…

記事を読む

a0070_000092.jpg少..

高圧的な人に対処するヒント2
少し規模の大きな会社では威圧的な上司はどこの職場にも1人や2人いるかもしれません。威圧的な上司は、とにかくおとなしい部下をターゲットに辛辣な態度で接してきます…

記事を読む

a0960_006085.jpgあ..

高圧的な人に対処するヒント2
あなたの職場には威圧的な上司はいないでしょうか?もしいれば、その上司の存在のために、職場に行きにくくなっているかもしれませんね。何しろ、威圧的な上司は、人格を…

記事を読む

a0070_000092.jpg高..

高圧的な人に対処するヒント2
高圧的な上司のターゲットになりやすい人とそうでない人がいます。もし前者になれば、せっかく苦労して入社した会社での生活も、地獄と化してしまうに違いありません。ス…

記事を読む

a0960_006040.jpg高..

高圧的な人に対処するヒント2
高圧的な上司にも、いろいろなパターンの人がいます。その多くは幼少期にトラウマがあり、その反動による自己防衛のために高圧的な性格になっています。ただ、なかには、…

記事を読む

a1530_000080.jpg高..

高圧的な人に対処するヒント2
高圧的な上司は部下を傍若無人で言動で叱り飛ばします。また、理不尽な対応でこきおろし恥をかかせることも平気で行います。それに対応せねばならない部下は、不快な思い…

記事を読む

高圧的な上司に意見するときはイエスバット法で

a0790_001009.jpg
会社に行けば、いろいろな性格の人が働いています。とりわけ対応が難しいといわれるのは、高圧的な上司に対して自分の意見を言う場面でしょうか。
スポンサーリンク

高圧的な上司は大抵は、プライドが高く短気です。

ですから高圧的な人に対して、いきなり自分の意見を言おうとすると、状況によっては大変なことになりかねません。

なぜなら、高圧的な人は自分のやり方やポリシーを持っているため、それを否定されれば条件反射的に怒りを爆発させることが多いからです。

そんな高圧的な上司に何か自分の意見を言いたいとき有効なのが、イエスバット法と呼ばれる会話のテクニックです。

イエスパッド法という名前のとおり、相手の意見にまずは賛同した上で、自分の意見をさりげなく言うという方法です

たとえば、高圧的な上司から、夜遅い時間に「営業を今から行ってこい。」と言われたとします。

営業成績を上げるために上司のバリバリ働くことは評価できるけれども、夜遅い時間なら、訪問された住民は迷惑をかかるかもしれないので反論をしたいとします。

» 

威圧的な上司の攻撃的な言葉で傷つきにくい方法

a0960_006085.jpg

会社にひとりでも威圧的な上司がいると、その空間はピリピリして過ごしにくい雰囲気になってしまっているかもしれません。
スポンサーリンク

威圧的な上司の言葉はとにかく乱暴で攻撃的です。人格を否定するような言葉も平気で使いますし、中には数十分も部下を怒鳴りつけるというケースもあるわけです。

その結果、威圧的な上司の下で働く部下のなかには、心が深く傷ついてしまい健康を壊したり退社に追い込まれたりするケースも少なくありません。

しかし、会社という組織で働く以上、どんなに高圧的で人格的に問題がある上司がいても、簡単に変えることができないのも現実的なところ。

毎日理不尽に怒鳴られようが、辛辣な言葉を受けようが、逃げることが困難なわけです。

ですから、威圧的な上司から日常的に攻撃的な言葉を受けているならば、まずは自分がいかに傷つかないようにするかを考えるのが良いと思います。

威圧的な上司から怒鳴られているとき、どうしても、その上司が強大で適わない存在だと思ってしまうのではないでしょうか。

しかし、そう考えて白旗を上げて頭を垂れてうなだれていると、威圧的な上司はますます調子に乗って高圧的になります。

なぜなら、彼らは自分の攻撃的な言葉によって自分よりも弱い者が怯えているのを観て、優越感に浸っていることが少なくないからです。

「ああ、自分はやはり強く価値がある人間」なんだということを確認し、劣等感で傷ついた心を癒しているのです。

そんな会社業務とは関係ない身勝手な理由で、攻撃的な言葉を受けて苦しむなど、部下としてはそれほど理不尽なことはありません。

ですから、上司の言葉から全く愛情が感じられないならば、それをまともに受けないことを考えるのがよいと思うのです。

スポンサーリンク

では、どうすれば、威圧的な上司の攻撃的な言葉の雨をまともに受けなくて済むのでしょうか?

» 

威圧的な上司が、自分の部下を「ダメで使えない奴だ」と他人に紹介する理由とその心理

a0960_005181.jpg

世間には、威圧的な上司の存在で苦しんでいる人も少なくないようです。威圧的な上司は常にイライラいしており、人格を否定するような言葉を部下に平気で投げてきます。

そんな威圧的な人と一緒に仕事をすれば、常に緊張を強いられストレスが蓄積されていくものです。
スポンサーリンク

そのように威圧的な上司から苦い経験をされた方数人から、今まで一番辛かったことを訊ねてみると、次のような答えが返ってきました

「取引先の人に、自分のことをボロカスに上司に言われたことが辛かったです」
「皆の前でこいつ、使えない奴なんですよ上司に紹介されたことが辛かったです」

他者の前で上司に恥をかかされた経験を述べる人が多いおられました。

やっかいなのは、威圧的な上司は外面が大抵はよいこと。

部下にはとことんキツく接するのに、それ以外の自分の同等以上の立場の人間に対しては、普段トコトン従属的に接しているのです。

ですから、取引先に連れられていったある部下は、威圧的な上司に「こいつ使えない最低の部下なんですよ」と紹介され、窮地に立たされたそうです。

そのように紹介されたら、「おいおいそれはひどすぎないか?」と相手は反論してくれそうなものですが、それを聞いた取引先の人からは蔑むような目で見られたというのです。

あの人がそう言ってるんだから、こいつは本当に出来の悪い部下なんだな、という感じに。

部下からすると、立場上、上司の発言に反論することもできないですし、上司と取引先の人との人間関係は既にできているだけに、ただただ頭を下げてうなだれているしかできなかったそうです。

そして、帰り際 その取引先の人から「おい、君、しっかりせえよ!○○さんに迷惑かけたら俺も許さんぞ!」と叱られたそうです。

初対面の人の前で恥をかかされた上に何も迷惑をかけていないのに叱咤までされてしまう。それほど情けないことはなかったようです。

» 

威圧的な上司に親しみを持ってもらえる方法

a0070_000092.jpg

少し規模の大きな会社では威圧的な上司はどこの職場にも1人や2人いるかもしれません。威圧的な上司は、とにかくおとなしい部下をターゲットに辛辣な態度で接してきます。
スポンサーリンク

部下が平謝りをしても、威圧的な上司は人格を否定するような言葉でどんどん責めてきて、説教が数10分に及ぶケースもあるといいます。

部下の成長を考えた指導の一環ならまだよいのですが、単にストレス発散としか思えないような威圧的上司も、世間にはたくさんいるのが現実的なところです。

そして、威圧的な上司による暴言のサンドバックと化した部下は、怯えてしまってミスを連発したり、思い悩んで会社を辞めたすることも少なくありません。

また、何とか耐えていても、その上司と仕事をするだけで極度の緊張を強いられ、ストレスが蓄積されて胃潰瘍やうつ病になるケースもあるので深刻なところです。

威圧的な人がなぜ威圧的になったかというと、それは暗く辛い過去が影響していることが多いようです。

たとえば、小さい頃に、同じような威圧的な親に罵倒されながら育ったり、体育会系の部活で先輩から理不尽なしごきを受けていたなど。

そんな暗く辛い日々によって、強い劣等感を持つようになり、そのはけ口がなくて常にイライラして日々を送っているのです。

そして、自分より立場の強い人には従属し保身をする一方、弱い者に対しては威圧的に攻撃することで、自己顕示をして劣等感を解消しようとしているのです。

そんな歪んだ心理が働いているわけですから、ある意味、威圧的な人はかわいそうな人なのです。ですから、びくびく怯えることもなければ、怖がる必要もないと思います。

「人間じゃなくて哀れな獣がほえているんだ」くらいに考え、怖がらず、その棘のような言葉の数々を気にしないことです。それらの棘のような言葉は、相手を威嚇し主導権を握るための武器に過ぎないからです。

とはいえ、そんな威圧的な上司でも、仕事を回転させていくためにはいなくては困るでしょうし、なんとかその圧力を和らげ、少しでもうまくやっていきたいもの。

スポンサーリンク

では、どのようにすれば、威圧的な上司のその圧力を弱めてくれるのでしょうか?

» 

威圧的な上司は強い人なのか?果たしてその心理とは?

a0960_006085.jpg

あなたの職場には威圧的な上司はいないでしょうか?もしいれば、その上司の存在のために、職場に行きにくくなっているかもしれませんね。

何しろ、威圧的な上司は、人格を否定するような荒々しい言葉を平気で発しますし、何より大抵は外見も怖いですから、顔を合わせるだけで絶望感を感じたりしているかもしれません。
スポンサーリンク

ただ、威圧的な人が威圧的なのには理由があります。

それは、何らかの激しい劣等感を持っているということ。

劣等感は学歴であったり、育ちの環境であったり、人によりさまざまでしょうが、その原点には、幼少のころに親に褒められず威圧的に罵倒されながら育った辛い過去があることが多いようです。

そんな劣等感を持っていることから、威圧的な上司は、ある共通した行動をとります。

それは、自分より上の立場の上司や役員、あるいはお客に対しては従属的であり、一方で、自分より立場の弱い部下に対して、めっぽう高圧的であること。

そのように上の者には媚を売って自分を保身しつつ、自分よりも弱い立場の人間に対して、威圧的な言動や行動によって威嚇。後者については劣等感により蓄積されたストレスの
はけ口としているのです。

とりわけ威圧的な上司のターゲットとなりやすいのは、おとなしくて、自信なさげな部下。

自分に自信を持っていなければ、言い返してくることもないでしょうし、自分自身を責める性質があることから、自己顕示をしやすいのです。

そして、威圧的な人は、自分が放つ心ない言葉に、ターゲットが怯える姿を観察して優越感に浸っているのです。それにより劣等感で傷ついた心を癒すことができるのでしょう。

» 

高圧的な上司のターゲットになりやすい人とは

a0070_000092.jpg

高圧的な上司のターゲットになりやすい人とそうでない人がいます。もし前者になれば、せっかく苦労して入社した会社での生活も、地獄と化してしまうに違いありません。
スポンサーリンク

では、一体、どんな人が、高圧的な上司のターゲットになりやすいのでしょうか?

それは、自分に自信を持っていない感じのオドオドした人です。

そもそも、高圧的な上司はその傍若無人な態度や言動から、自分に自信を持っている強い人間だと思われがちです。

しかし、実際のところは逆で、彼らは小心者で、常に何かに怯えている弱い人間なのです。

そこあたり、新人には罵声を浴びせたり恫喝したりするのに、自分より立場が同等以上の人間に対しては媚びへつらっていることが多いことからうかがえるのではないでしょうか。

実際、友達が少ないのに多そうに振舞ったり、大した実績がないのに、自分の小さい成功談を過大にアピールしたりもします。

高圧的な上司は、強く生きているように見えても、普段から不安に常に包まれています。彼らが抱えている不安、それは、自分は認められないのではないか?という不安です。

その原因は、幼少期に親に認められず罵倒され育ったり、経歴や生い立ちにコンプレックスを持っているなどさまざまです。

要は、他者から認められず苦い思いをした何らかの過去があり、その心の傷が大人になってからも癒えること
がなく継続しているのです。

その傷は、日常のなかでそれにかかわる刺激があるごとに、ズキズキと傷むわけです。
スポンサーリンク

» 

仕事能力が高くて高圧的な上司の心理とは

a0960_006040.jpg

高圧的な上司にも、いろいろなパターンの人がいます。その多くは幼少期にトラウマがあり、その反動による自己防衛のために高圧的な性格になっています。

ただ、なかには、幼少期のトラウマがなくても仕事能力が格段に優れているゆえに高圧的になっている上司もいます。

スポンサーリンク

頭脳が明晰でコミュニケーション能力も高く、企画力にもすぐれている・・そのようなハイクオリティーな上司は、人格者であることが多いですが、ごく稀に、極めて高圧的な性格の人もいます

そういった仕事能力が高くて高圧的な上司は、普段自分自身がやっていることをできない(または時間がかかっている)人間を見かけると、機嫌が悪くなり罵倒します。

なぜなら、「努力が足りない」「根性が足りない」「怠けている」と感じてしまうからです。

陸上競技に例えるなら、100mを10秒台で走れる人からすると、15秒かかって全力で走っている人がいたら「おまえ、なんで手を抜くんだよ!」「なんで本気で走らないんだ?」という心境になるのと同じです。

スポンサーリンク

そういった高圧的な上司は、部下をいじめてストレス発散しようとしているというよりも、部下の能力や心理を全く理解できていない可能性が高いと思います。

視野が狭く、自分を基準にしかものごとを考えることができないのです。

そういった仕事能力が高くて高圧的な上司のもとで働くのは大変であると思います。

ただ、処理能力や発想力など学べるものも多いと考えられるので、仕事のスキルを上げるチャンスであるといえるかもしれません。

とはいえ、精神的な負担が大きいならば、本人または他の上司・同僚あるいは相談窓口などで相談をするのがよいかもしれません。

ストレスが蓄積していったとき、心身はいつか破たんをきたしてしまいますので。

高圧的な上司だと自認するあるサラリーマンから聞いた悩みの話

a1530_000080.jpg

高圧的な上司は部下を傍若無人で言動で叱り飛ばします。また、理不尽な対応でこきおろし恥をかかせることも平気で行います。

それに対応せねばならない部下は、不快な思いをし、時には怒りの感情を覚え、あるいは絶望的な思いに駆られて退社に追い込まれてしまうこともあります。

そういった高圧的な態度や言動をとる上司は、一体どのようなことを考えて高圧的な言動や態度で部下を苦しめているのでしょうか?
スポンサーリンク

上司ー部下という権力構図を利用して自分の好き勝手にふるまっているだけに、高圧的な上司は、さぞかしストレスのない生活を送っていると考えがちです。

しかし、どうやらそうでもないようです。

そのように思ったのは、高圧的だと自認するあるサラリーマンが意外なことにいろいろな悩み事を抱え、苦しんでいるのを知ったからです。

そのサラリーマンはいかにも高圧的な雰囲気の人で、自分のペースで悠々自適に日々を送っているように見えました。しかし内心では、さまざまなことに怯え、悩みの尽きない苦しい日々を送っていました

「部下をどのように指導していいのか分からくてね・・」そのサラリーマンはそのように切り出しました。

話を聞いてみると、勤続年数が長くて個々で仕事をするのは問題ないけれども、いざ部下を束ねる立場になったとき、どのように指導していいか分からなくなってズルズルきているというのです。

小さいことでも自分のやり方と違っていたら、ついカッとなって高圧的に部下を無理矢理上から押さえつけてしまう。

そのように厳しく指導をした結果、部下たちは皆 自分から離れていってしまい、社内はギスギスした人間関係になってしまったのだとか。

本当は、そのサラリーマンも、部下と飲みに行ったりして楽しい会社生活を送りたいのだとか。

そのために信頼関係を築きながら部下を育てたい。しかしそれをどうやっていいか分からないというのです。

結局、攻撃的な態度をとることでしか指導をできず、結果的に部下には怖がられ、挙句の果てには会社を辞められる。

かといって、やさしく接したら、舐められるし仕事を適当にされても困るので、それはプライドが許さないのだとか。

その原因を辿れば、小さい頃に厳格な親に育てられたり体育会系の部活動でしごかれてきたことにあるかもしれないとそのサラリーマンは話してくれました。

その高圧的に圧迫された反動で、少しでもその価値観と違ったことを部下がしているのを見たら怒りをセーブできないとのこと。

そういった話をそのサラリーマンから聞き、高圧的な上司というのもその人なりにいろいろな悩みを持っているのだなあとしみじみ思いました。

» 

ひとり旅のすすめ
心が疲れたとき、ひとり旅にでかけるというのも疲れを解消する手段のひとつだと思います。見知らぬ土地に行って郷土の味覚を探したり温泉でのんびりしたり。あるいは小さい頃に住んでいた懐かしいまちや修学旅行に訪れた観光地に訪れるというのもよいかもしれません。

普段の環境から少し抜け出てみることで、視野が広がり、今まで見えなかったことが見えてきたり、新しいアイデアが思い浮かんできて、前向きなエネルギーが湧いてくることも多くあるものですよ。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    失敗つづきだったり緊張を強いられる場面に遭遇したら、人は不安を感じやすくなります。ただ、心の不安は、少し視点を変えてみるだけで解消できることもあるものです。 「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「自分に自信を持つ方法」など「心」をテーマにした記事を書いています。皆様が明るく幸せな日々を送るための参考資料のひとつになれば幸いです

    お問い合わせ

    タグクラウド
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます