成功と失敗のカテゴリ記事一覧

スポンサーリンク

カテゴリ:成功と失敗

成功と失敗のカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a0960_008051.jpgも..

成功と失敗
ものごとがうまく行かないとき、私たちは、「なんて運が悪いんだ」「俺は運もツキもない」と悲観的に考えがちです。スポンサーリンク style="display:inline-block;w…

記事を読む

a0960_006038.jpg同..

成功と失敗
同じだけの能力があって同じくらいの努力をしたのに、どんどん飛躍して成功をおさめる人と、停滞してなかなか成功できない人がいます。一体、どんな理由からそのような差…

記事を読む

a0960_008051.jpgも..

成功と失敗
ものごとがうまくいっていないとき、人間はどうしてもあらゆることを悲観的に考えがちです。スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280p…

記事を読む

a0960_005889.jpg職..

成功と失敗
職場にはさまざまな人がいます。穏やかでやさしい人ばかりならよいでのでしょうが、中には人格的にどうしても受け入れがたい人もいることでしょう。例えばひねくれていた…

記事を読む

a0960_006058.jpg何..

成功と失敗
何か新しいことに挑戦するとき、「もし失敗したら格好悪いしどうしよう・・」という不安に思う気持ちが湧いてくるかもしれません。スポンサーリンク style="display:…

記事を読む

a0830_000116.jpg人..

成功と失敗
人生誰しも、失敗を経験したことがあると思います。そして思い通りにいかなかったとき、人間は少なからずショックを受けますし、失敗はできることなら避けて通りたいとい…

記事を読む

ものごとがうまくいっていないと感じるときの考え方

a0960_008051.jpg

ものごとがうまく行かないとき、私たちは、「なんて運が悪いんだ」「俺は運もツキもない」と悲観的に考えがちです。
スポンサーリンク

確かに、仮に努力をしたとしても、ものごとが思うように進まないとき、それを「運が悪い」と運のせいにすることは仕方のないことだと思います。

原因を自分のなかに見いだそうとしたくないという心理が働くからです。

しかし、一見すると「うまくいかなかった」と思えることも、後から振り返ってみれば、「返ってそれでよかった」ということも少なくないと思うのです。

例えば私の周りだけでも、リストラを切っ掛けに、自分で事業を始めて大成功を収めた人、受験に失敗したことがきっかけで自分の夢を新たに見つけ世界に躍進した若者等々います。

一見すると「うまくいなかった」というマイナスに感じる出来事も、それがきっかけで人生が飛躍できたというケースも少なくないのです。

» 

 カテゴリ
 タグ

同じように努力をしても、飛躍して成功する人と、停滞して成功できない人がいる理由

a0960_006038.jpg

同じだけの能力があって同じくらいの努力をしたのに、どんどん飛躍して成功をおさめる人と、停滞してなかなか成功できない人がいます。

一体、どんな理由からそのような差が生まれてくるのでしょうか?
スポンサーリンク

それは「心の持ちよう」に理由があるのではないかと思います。

どんどん道を拓き成功する人は、成功した暁の自分を想像し、目標に向けて何疑うことなく努力を重ねていく傾向があります。

一方、同じように向上心を持って努力をしているのに、なぜか邪魔が入ったり飛躍のチャンスを逃したりして成功することができない人もいます。

そういった人は、現状維持を望む気持ちが強いのだと思います。

「もっと幸せになりたい」、「今より豊かになりたい」という風に思ってはいても、どこか心に迷いが生じてしまう。

それは「現状を変えたくない」という気持ちが、新しいことを進めようという気持ちに、ブレーキをかけている状態なのです

では、どうして、なかなか成功することができない人は「現状を変えたくない」と考えてしまうのでしょうか?
a1710_000005.jpg
その理由は、環境が変わればストレスがのしかかり失われてしまうものも出てくることを無意識のうちに恐れていることにある思います。
スポンサーリンク

例えば、人脈を広げるのに有効な異業種交流会が開かれるとします。

飛躍して成功する人は、「自身の人脈構築につながるから」とシンプルに考えて参加を即座に表明するでしょう。

しかし、一方のなかなか成功することができない人は、心にブレーキがかかってしまいます。

「確かに人脈を構築できるかもしれないけれど・・やっぱり参加はやめとこうかな・・?」という風に考えてしまいます。

そこでは「初対面の人とうまく話せないかもしれないし・・」「時間とお金の無駄になってしまう可能性もあるわけだし・・」といった不安や心配が生じるからです。

» 

 カテゴリ

ものごとがうまく行かないとき、良い方向に状況を変えるための考え方

a0960_008051.jpg
ものごとがうまくいっていないとき、人間はどうしてもあらゆることを悲観的に考えがちです。
スポンサーリンク

「自分はもう何をやってもだめだ・・」「こんな情けない俺は人間として価値がない・・」といった風にマイナス思考で考えてしまうのです。

殊に真面目な人に限って、ものごとがうまくいかなかった原因を分析し、それを自分自身の能力や運のせいだと考えて極度に思い詰めてしまいがちです。

確かに、ものごとがうまくいかないとき、それを分析し反省点を探して次に生かすことを考えるのは重要だであることはいうまでもありません。

しかし、その作業をあまり几帳面にやりすぎてしまうのは得策であるとは思えません。

なぜなら、そのマイナスイメージによって、うまくいっていない状態の自分が知らないうちに固定化されてしまうからです。

仮にうまくいっていない状況がたまたまのことであったとしても、マイナス思考で分析し思い詰めているうちに、うまくいっていない自分の状態が本来の自分の姿であると錯覚してしまうのです。

すると、そのマイナスイメージが潜在意識に記憶されマイナスイメージの自分の状態を保つ方向で無意識のうちに心身がはたらきます。

そして、勝手に良からぬ出来事や人を引き寄せるようになってしまうのです。それが連鎖していくと負のスパイラルが誘発され、その状況からなかなか抜け出せなくなってしまいます。

» 

 カテゴリ
 タグ

人格的に受け入れがたい人との出会いも、長い目で見たらプラスなこともあると思う理由

a0960_005889.jpg

職場にはさまざまな人がいます。穏やかでやさしい人ばかりならよいでのでしょうが、中には人格的にどうしても受け入れがたい人もいることでしょう。

例えばひねくれていたり意地悪だったり、弱い者ををいじめたり・・
スポンサーリンク

そのような人は、こちらが注意や指摘をしたりしても聞く耳を持たないでしょうし、基本的には本人が心から変えようとしなければ人格そのものが改善されることは難しいと思います。

そういった、どうしても人格的に受け入れがたい人は、こちらがその人の長所を探すなど受け入れる努力をしてみても、やはり限界があります。常識が通用しないため、その範疇を超えているからです。

そのようなときは、無理にその人との人間関係を良くするなど考えず、とりあえず「解決をあきらめて、その意味を考える」というのも一案だと思います。

なぜなら、人格を受け入れがたい人とうまくコミュニケーションをとろうと努力すれば、多大なエネルギーを浪費しますしストレスが蓄積されてこちらの心身が参ってしまうからです。

「こんな人もいるんだ」と反面教師にして、仕事の最低限のコミュニケーションをとる以外は極力関わらないというスタイルでよいのではないかと思います。

ただそのように、不運としか思えない出会いでも、人生を長い目で見たとき、かえって良かったと思えることもあったするので不思議なものです。

» 

失敗することは格好悪く恥ずかしいことなのか否か

a0960_006058.jpg

何か新しいことに挑戦するとき、「もし失敗したら格好悪いしどうしよう・・」という不安に思う気持ちが湧いてくるかもしれません。
スポンサーリンク

そのように考えるのは、自己防衛の本能であり、人間誰しも自然に湧いてくる気持であると思います。

ただ、そこで一歩前に進めるか否かによって、人生に大きい差がでてくることもあります。

その差は、失敗に対するイメージの違いによって生じるのだと思います。

失敗から得るものもあると考えている人は、失敗する不安が脳裏を過ぎったとしても、あまり抵抗なくその一歩を踏み出せるかもしれません。

ただ、失敗を悪いものだという風に捉えている人は、失敗をすることによって自分が傷ついてしまうと考えてしまいます。

「失敗することによって、誰かに馬鹿にされて恥をかくかもしれない・・」
「自身の能力のなさを知られて批判されるに違いない・・」

そのように、ネガティブに考えてしまうのです。そこでは、他人の目を怖れ、失敗により失うものが拡大解釈されていることが少なくありません。

確かに失敗をすることは辛いことです。ただ、他人の目を過度に気にして挑戦することをしないというのは、惜しい気もします。

なぜなら、失敗することは恥ずかしいこととは限らないからです。

逆の立場になってみると分かることですが、努力をした結果、誰かが何かの挑戦に失敗したとしても、馬鹿にできる人は多いと思えないのです。
スポンサーリンク

» 

失敗を通過点と考える人と自信を失ってしまう人の心理

a0830_000116.jpg

人生誰しも、失敗を経験したことがあると思います。

そして思い通りにいかなかったとき、人間は少なからずショックを受けますし、失敗はできることなら避けて通りたいという心境になるものです。
スポンサーリンク

確かに失敗することが望ましいことであるとまでは、どんなに心に余裕がある人でもなかなか言えないものだと思います。

ただ、失敗することの問題は、失敗したという事実そのものよりも、自信を失うリスクが高まる点にあるのではないかと思います。

失敗をしても前向きな姿勢を継続できる人と、しょげてしまって立ち直れなくなる人がいるからです。後者の場合、そのことを思い悩んでしまい、自信を失い泥沼から抜け出せなくなってしまう人もいます。

どうして前向きな姿勢を継続できる人とそうでない人がいるかといるのでしょうか。それは、失敗に対するイメージが違うからだと思います。

前者は、失敗を成功に至るまでの通過点にすぎないと考えます。一方で後者は、失敗は、致命的な悪い結果だと捉えてしまいます。

後者の思考回路で失敗を捉える人の場合、失敗すると自信を失い自分を責めることが多いです。失敗は悪であると捉えてしまっているからです。

そして、自分の実力のなさや不運さを嘆き、罪の意識さえも感じてしまいます。あるいは、他人や環境のせいにしようとする人も少なくありません。

いずれにせよ、自他に対してネガティブな感情を抱いてしまうことには変わりなく、結果的に良くない出来事を次々と呼び込んでしまうことはいうまでもありません。

とりわけ真面目な人は、失敗をしないようにストイックに努めます。しかし、失敗とは、予測できないものですからそれにも限界があります。

失敗をするたびに自己否定をして、ますます自分のことが嫌いになっていってしまいます。

そして、失敗することに対して臆病になり、失敗リスクの低い選択肢ばかり選ぼうとするようになります。

せっかく実力があっても、「自分にはどうせ無理だ。それに失敗したら恥ずかしいし・」と考え何も挑戦することができなくなってしまいます。

それは失敗をすることで自己が傷つくのを怖れる心理が働くからです。
スポンサーリンク

» 

ひとり旅のすすめ
心が疲れたとき、ひとり旅にでかけるというのも疲れを解消する手段のひとつだと思います。見知らぬ土地に行って郷土の味覚を探したり温泉でのんびりしたり。あるいは小さい頃に住んでいた懐かしいまちや修学旅行に訪れた観光地に訪れるというのもよいかもしれません。

普段の環境から少し抜け出てみることで、視野が広がり、今まで見えなかったことが見えてきたり、新しいアイデアが思い浮かんできて、前向きなエネルギーが湧いてくることも多くあるものですよ。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    失敗つづきだったり緊張を強いられる場面に遭遇したら、人は不安を感じやすくなります。ただ、心の不安は、少し視点を変えてみるだけで解消できることもあるものです。 「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「自分に自信を持つ方法」など「心」をテーマにした記事を書いています。皆様が明るく幸せな日々を送るための参考資料のひとつになれば幸いです

    お問い合わせ

    タグクラウド
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます