ストレスを溜めないのカテゴリ記事一覧

人間関係では相手の心理を分析したり視点を変えて事象を考えると心の悩みが解消することも

スポンサーリンク

人生にはさまざまな出来事があります。時にはうまくいかないこともあることでしょう。ただそのようななかでも、ひとつでも多くの感動を探し積み重ねていければよいですね

カテゴリ:ストレスを溜めない

ストレスを溜めないのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました

ストレスを溜めない
サラリーマンの方は多かれ少なかれ、日々、ストレスにさらされていると思います。満員電車に揺られて出勤し、会社に到着したらややこしい上司がお待ちかね。お客とのトラ…

記事を読む

ストレスを溜めない
職場ではさまざまなストレス要因があると思います。上司との人間関係、仕事のノルマ、取引先やお客とのやりとり・・等々。それらによりストレスが蓄積されていくと私たち…

記事を読む

ストレスを溜めない
勤めている会社で厳しいノルマを課せられて精神的な負担を強いられている方はおられませんか?「仕事で挙げる売り上げ」、「新規に獲得する顧客数」、「生産する個数」な…

記事を読む

ストレスを溜めない
仕事をしていると、上司や同僚などからキツい言葉を浴びせられ不愉快な気持ちになることがあるかもしれません。一方的にキツい言葉を浴びせられると、誰しも気分がよいも…

記事を読む

ストレスを溜めない
仕事では嫌なこともあるものです。殊に人間関係のトラブルや行き違いは不愉快な感情をわき上がらせやすい傾向があります。高圧的な上司、高慢な先輩、意地の悪い後輩・・…

記事を読む

ストレスを溜めない
私たちは、会社や学校などで人と交流をしながら生活を営んでいます。しかし、他人と一緒にいることを怖れる人は少なくありません。そういった人は特に生活環境のなかに嫌…

記事を読む

ストレスを溜めない
私たちは、会社や学校などで人と交流をしながら生活を営んでいます。しかし、他人と一緒にいることを怖れる人は少なくありません。そういった人は特に嫌な人がいなくても…

記事を読む

a0960_006085.jpgポ..

ストレスを溜めない
ポジティブにで物事を考えることで、目標や夢は叶いやすいといわれています。なぜなら、ポジティブな状態でいることで、思い描いた目標や夢の実現に向けて、潜在意識の力…

記事を読む

サラリーマンも子供も「ストレス耐性」が重要なキーワード

サラリーマンの方は多かれ少なかれ、日々、ストレスにさらされていると思います。満員電車に揺られて出勤し、会社に到着したらややこしい上司がお待ちかね。お客とのトラブル処理、長時間労働や残業、ノルマへのプレッシャー・・等々、ストレスが溜まる要素がサラリーマン生活には溢れています。
a0960_006038.jpg
会社を辞めない限り、そういったストレスからは逃げられない。といっても、家のローンや子供の教育費などが肩にのしかかり、会社を辞めたくても辞めれない人も多いと思います。

現代社会において、ストレスと無縁の生活を送るのは非常に難しいことであると言わざるをえません。

「ストレスなど感じないよ」という強心臓の人なら良いかもしれませんが、殊に真面目で心が繊細な人は、ストレスの蓄積によって胃に穴が開く思いをしたり、鬱病など精神的な病に冒されたりしてしまうケースも少なくありません。

<仕事とストレスの関係性>

仕事はマラソンと同じ性質があると思います。基本的に似たような作業を毎日毎日行う。そうなると、1日1日の成果は確かに重要であるけれども、細かいことを気にしていると、息切れをしてしまうということになりかねません。あまり細々したことに気を向けていると、知らないうちにストレスがどんどん蓄積されていき心身が知らないうちにむしばまれてしまうからです。

つまり、長い年月をかけて仕事を続けていこうと思えば、仕事で成果を挙げていくことだけではなく、ストレスに負けない「強さ」、あるいは、良い意味での「鈍感さ」をもって、ストレスとうまくつき合っていくことが必要になってくるわけです。それはいわゆる「ストレス耐性」という言葉で表現できるかもしれません。

<ストレス耐性が低い人とは>

同一の職場で同じような内容の仕事をしていても、いつも焦っていてストレスを溜め込みがちな人がいると思えば、一方でストレスに鈍感といいますか、あまり細々したことを気に留めない人もいます。どちらのタイプが仕事ができるのでしょうか?

一見すると前者のタイプだと思われがちです。向上心が強くプライドも高い為、懸命に努力をして社内での出世競争にも打ち勝っていく。だから、仕事では大きな成果を挙げていくと思います。しかし、長い年月に渡って仕事をつづけていけるかというと、意外と短期間で辞めてしまう人も少なくないようです。

というのは前者のタイプのサラリーマンは、うまくいっているときは良いのですが、いざ何かミスをしたり人間関係でつまづいたとき、ガタガタと崩れやすい傾向があるからです。ストレス耐性が低いものですから日々多大なストレスをため込み、うまくいかなかった原因はすべて自分自身に責任があると考えてしまうのです。その結果、何か想定外のことが起き処理できなかったとき、自ら会社を去ってしまったりうつ病になってしまったりするという事態が発生しやすいわけです。

<ストレス耐性の強い人とは?>

一方のストレス耐性の強いサラリーマン、つまり後者のタイプは、他人との競争などに興味のないマイペースな人が多い感じがします。全体として仕事も最低限のことをこなしているだけという人が少なくなく、一見すると大きな成果を挙げるタイプではないかもしれません。しかし意外な事かもしれませんが、何十年も同じ会社で勤めあげる人は、実はこういった後者のタイプに多いような気がします。というのは、何か失敗をしたとしてもストレス耐性の強いタイプの人は動じることがあまりないのです。上司に叱られようがお客から罵倒されようが、聞き流すことができるのです。その結果、蓄積されるストレスも少ない状態で、気がついたら長い年月にわたって仕事を全うしていたという人が少なくないのです。

<ストレス耐性は身につけることはできるのか?>

仕事で他人より優れた成果を挙げていくためには、神経を尖らせてストレスに敏感である必要があると思います。ただ、それが行きすぎてしまうと、ストレスが蓄積され鬱病になるなどのリスクも生じてきます。ですから、そういったサラリーマンの方は、ストレスをものともしない強靱な精神ともいえる「ストレス耐性」を身につけたいという人も少なくないかもしれません。

しかし、残念ながら、ストレス耐性というものは、後天的に高めることは難しいと一般的に考えられているようです。というのは、ストレス耐性に関わる脳の扁桃体の感受性は、遺伝的要素や子供時代の環境などによってほとんどが決まってくるからです。では、ストレス耐性の低い人は、ストレスの蓄積で心身がぼろぼろになるのを避けられないのかというと、そうでもないと思います。例え、ストレス耐性が低くても、それを自覚し、物事や他人に対する考え方や接し方を変えていけば、ストレスとうまくつき合っていくということが十分可能だと思うのです。

<ストレス耐性が低い人が心に留めておきたいこと>

ストレス耐性が低い人は、社会人になってからそれを高めようとしても、容易ではないことは前述した通りです。ですから、ストレス耐性が弱いと自覚している人は、いかに日常のストレスを減らし、ストレスとどのように向き合っていくかを考えていくのがよいと思います。

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク
心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

職場でストレスを溜めないようにするため気持ちの持ちようとは

職場ではさまざまなストレス要因があると思います。上司との人間関係、仕事のノルマ、取引先やお客とのやりとり・・等々。それらによりストレスが蓄積されていくと私たちの心身は変調をきたしていきます。ストレスが溜まれば人間はよりネガティブなことを考えてしまうため、それに併せて体力減退やイライラによる幸福感低下も促してしまいます。
a0070_000277.jpg
では、ストレスを溜めず疲れにくくなるためにはどのようなことを意識して日々を過ごしていけばよいのでしょうか?

それは、人や出来事に対して、感謝の気持ちを持つことだと思います。

「この会社で働けて幸せだなあ」
「こんな重要な仕事を任されて幸せだなあ」
「今日のランチはおいしかったなあ」
「自分のスキルが会社の役に立ってうれしいなあ」
「おしゃべりをできる同僚が居てありがたいなあ」
「お客様が喜んでくれてうれしかった」
「給料が出るおかげで家族を養えてありがたいなあ」
「しっかりした上司がいてありがたいなあい」
「今日は天気がよく過ごしやすくてうれしいなあ」
「今日も健康に過ごすことができて幸せだなあ」
「今日も同僚や家族が健康に過ごせて幸せだなあ」

といったように。

それが例えごく当たり前のことであっても、実はとてもありがたく奇跡的なことがいろいろ日常には転がっているものです。普段はそのありがたさに気づかず見逃してしまっているケースが多数。それらを意識的に探して、それらに感謝するということを習慣化していくのです。

なぜそのように人や出来事に対して感謝の気持ちを持つことがストレス軽減にもつながるのでしょうか?

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク
心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

モチベーションを維持しつつ精神的負担を楽にするノルマについての考え方

勤めている会社で厳しいノルマを課せられて精神的な負担を強いられている方はおられませんか?「仕事で挙げる売り上げ」、「新規に獲得する顧客数」、「生産する個数」など、課せられているノルマは職種によってそれぞれ違うでしょうが、総じてノルマというのはあまり良いイメージで捉えていない方が多いかもしれません。
a0960_006393.jpg
目標を掲げて日々邁進するのは個人レベルでも組織レベルでも大切なことです。

そうすることで気持ちが引き締まりするべきことが明確になりやすいので、実力以上の力を発揮できることが多々あるからです。

殊に会社からすると、ノルマを社員に課することで全体の業績を底上げしていきたいと考えるのは自明の理だといえるでしょう。

しかし、ノルマを課せられる側としては、課せられることで力を発揮できる人間がいる一方で、ノルマを苦にしてストレスを溜め鬱病になってしまう人もいます。確かに会社で課せられたノルマを達成しようとがんばることは大切です。しかし、それを苦にするあまり、働くことが辛くなり精神疾患になってしまっては元も子もありませんし会社にとっても損益でしょう。

仕事を長期でつづけ実力をいかんなく発揮していくためには、ノルマにまつわる過度な心配や不安はあまりよい要素ではないというのは、以上のように明らかででしょう。では私たちはノルマについてどのように考えれば、モチベーションを維持しつつ精神的負担も軽減することができるのでしょうか?

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク
心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

上司や同僚からキツい言葉を浴びられ不愉快に思ったときの考え方 」

仕事をしていると、上司や同僚などからキツい言葉を浴びせられ不愉快な気持ちになることがあるかもしれません。

一方的にキツい言葉を浴びせられると、誰しも気分がよいものではないでしょう。ただ、少し時間が経つと大抵は忘れてしまうものです。
a0960_006821.jpg
しかし、プライドが高い神経質な人を中心に、上司や同僚から浴びせられた言葉を忘れられず思い出す度に腹を立てている人もいます。

「プライドが傷つけられた」「あいつだけは許せない」と、ひどい言葉を浴びせられた出来事を根に持って何年も何十年も忘れずに生きているのです。

ただ一方で キツい言葉を発した方はというと、相手を侮辱したりこけにしたりするつもりでそういった言葉を発していないことが多かったりします。

単に忙しかったからだったり、そういった態度が当たり前と思っているなど、深い理由がないのがほとんど。ですから、そういった人に聞いてみても、相手に恨まれるようなことをした覚えはないという風に思っていることが多いわけです。

そのような状況を把握せずにいると、キツい言葉を上司や同僚から浴びせられ不愉快に思い続けていたとしても、それは独り相撲をとっているようなものです。相手はキツい言葉を発したことすらも覚えていないのに、キツい言葉を浴びた側だけが延々と反芻しているというのは、いろんな意味で健全だとは思えません。

いずれにしても、不愉快な気持ちを継続して悩だり怒ったりしていても年月が経ってしまえば状況はよくなるわけではありませんし、マイナスのエネルギーが心のなかに溜まっていくだけです。

では、仕事で上司や同僚からきつい言葉を浴びせられ不愉快に思ったとき、一体どのように考えればよいのでしょうか?

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク
心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

仕事での嫌な気持ちを引きずらないヒント

仕事では嫌なこともあるものです。殊に人間関係のトラブルや行き違いは不愉快な感情をわき上がらせやすい傾向があります。高圧的な上司、高慢な先輩、意地の悪い後輩・・そういった人と会社で一緒に仕事をすると、理不尽なことで叱られたり命令されたりして嫌な気持ちになるものです。そして
a0960_006393.jpg
「会社のあの上司の態度や言動がムカつくな」
「あの先輩の押しつける態度に腹が立つ」
「自分の指示を聞かないあの後輩を許せない」

そんな怒りで頭の中は一杯になるかもしれません。しかし、そのような嫌な気持ちを引きずって日々を過ごすのは全くといって惜しいことです。

怒りの感情を持ち続けたからといって状況がよくなるわけでもありませんし、せっかく1度きりの人生なのに、そんな嫌な思いに引きずられストレスを蓄積する日々を送るのはもったいないことです。

そんなとき前提として考えておきたいのは、仕事というものはそもそも辛いものだということです。理不尽なことや不愉快なこともあって、その対価ととして給料をもらうものだと割り切るくらいがちょうどよいと思います。

もちろん、優しい同僚に囲まれて楽しく和気藹々と仕事をできればそれに越したことはないわけですが、それはラッキー中のラッキーと考えておく方がよいかもしれません。どんな職場に行っても、ややこしい人間や自分と価値観が合わない人間は大抵いるものですし、不愉快な思いをして精神的に傷つく場面も必ずといっていいほどあるからです。

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク
心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

他人との交流を避けずに楽しむために考えておきたいこと

私たちは、会社や学校などで人と交流をしながら生活を営んでいます。しかし、他人と一緒にいることを怖れる人は少なくありません。

そういった人は特に生活環境のなかに嫌な人がいなくても、他人といるだけでストレスを感じて居心地の悪さを感じてしまいます。例え、それが昔から知っている友達であっても一緒にいると緊張し、できるだけ避けるように行動してしまうのです。
a1180_009387.jpg
そのように、他人との交流を避けてしまう人は、なぜそのような行動をとってしまうのでしょうか。

それは、自分自身に自信を持てていないからだと思います。

自分の無価値感を普段から感じているのです。とりわけ、他人と自分を比較し、劣っていることに引け目を感じている人が多いように思います。

ですから、自分の無価値観を再認識しなければならない可能性がある、他人との交流の場を無意識のうちに避けてしまうのです。

自分自身のことをダメ人間だと思い込んでしまえば、人間は気楽に他人と一緒に要ることができなくなります。なぜなら、自分の価値は他人が決めると考えるようになってしまうからです。

他人が自分の価値を決めるとなると、他人は自分にとって審判を下す脅威ということになってしまいます。すると、他人から悪く思われたくないという心理が自ずと働いてしまいます。その結果、他人にどのように自分が映っているか、どのように評価されているかを過度に気にするようになり異常なストレスを感じるようになります。

「他人に悪く思われない」というのが、交流の目的になってしまうのは悲しいことだと言わざるをえません。なぜなら、どんなに素晴らしい人と出会ってもおいしい料理が出ても楽しむことができないですから。

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク
心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

他人との交流を脅威から楽しみに変える方法

私たちは、会社や学校などで人と交流をしながら生活を営んでいます。しかし、他人と一緒にいることを怖れる人は少なくありません。

そういった人は特に嫌な人がいなくても、他人といるだけでストレスを感じて居心地の悪さを感じてしまいます。例え、それが普段から仲の良い友達であっても、緊張し、できるだけ避けるように行動してしまうのです。
a0002_002345.jpg
そのように、特に嫌な人がいないのに他人との交流を避けてしまう人は、なぜそのような行動をとってしまうのでしょうか。

それは、自分自身に自信を持てていないからだと思います。

他人と自分を比較し、劣っていることに引け目を感じ、自分の無価値感を普段から感じている。だから、それを再認識しなければならない可能性がある、他人との交流の機会を無意識のうちに避けてしまうのです。

自分自身のことをダメ人間だと思い込んでしまえば、気楽に他人と一緒に要ることができなくなります。なぜなら、自分の価値は他人が決めると考えるようになってしまうからです。

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク
心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

喜怒哀楽の感情を大切にした方がよい理由

a0960_006085.jpgポジティブにで物事を考えることで、目標や夢は叶いやすいといわれています。

なぜなら、ポジティブな状態でいることで、思い描いた目標や夢の実現に向けて、潜在意識の力で心身がフル稼働するからです。

しかし、人間の感情には波があります。

良くない出来事が起きたとき、どうしても人間は腹が立てたり、怒りを覚えたり、悲しみを感じたりします。そんなとき、どうしても後ろ向きの感情で考えてしまうこともあるわけです。

ただ、そういった喜怒哀楽の「喜」「楽」以外の「怒」「哀」も人間が自然体で人間らしく生きるために大切なことです。ですから常に、いくらポジティブ思考といっても、そういった感情を覆い隠す必要はないと思います。むしろ、自然に出した方がよいかもしれません。

なぜなら、そういった自然に起きる感情を無理にセーブしようとすると、「感情をセーブしなければならない」という脳への指令が逆にストレスになってしまい心身の稼働を妨げてしまうからです。

つまり、いくらポジティブにといっても、その瞬間瞬間は、自然に沸き起こる感情を大切にして、自身の気持ちに正直に生活を送ることが重要なのです。

ただ、「怒」「哀」の感情を継続させネガティブな状態を継続してしまうことはやはり問題だと思います。なぜなら、ある同じ波長の感情が継続すると、その感情が潜在意識に記憶され、その究極的な実現に向けて動き始めてしまうからです。結果的に、負の連鎖が起きる確率も高まってしまいます。

心身共に豊かな生活を送っていこうと思うならば、どんなに辛いことがあっても、どこかで気持ちを切り替えることが必要になってきます。そこでは、悲観的に捉えるしかできないと思っても、さまざまな視点から問題を何度も見つめてみて前向きにとらえることです。そしてその物事を前向きに捉える意識を習慣化していくことが重要だと思います。 (PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク
心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。
スポンサーリンク
心の悩みを抱えていても、少し視点を変えることで解消されたり、むしろエネルギーになったりすることもあります。状況を変えるために一歩踏み出してみることで、物事が展開し視界が大きく開けてくることもあります。

成果を積み上げていくことも大切である一方、心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

楽天市場

心身共に健康的に明るく生きていくことが人間にとって大切です
カテゴリ
はじめに
当ブログでは、「心」をテーマにした記事を日々書いています。例えば、「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「視点を変えて元気になる考え方」、「自分に自信を持つ方法」などなど。何かと理不尽なことも多く生きにくい現代社会。記事を通して、皆さまが明るく幸せな日々を送るための一助になれば幸いです。

■井上晴雄(いのうえはるお/HARUO INOUE) 大阪府堺市生まれ。フリーライター、画家として活動 メール送信

(関連サイト)
井上晴雄 絵画作品〜日本の旅

自分に自信を持つ方法を考えるサイト

最近の記事
タグクラウド
黒豆ラングドシャ

・・黒豆粉をまぶしたビスケット風の生地にミルクチョコレートをサンド。ティータイムにぴったりのやさしく香ばしい味わいです。

>>全国のお土産・手土産大集合!黒豆ラングドシャ(16枚)
Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます