やる気を出すヒントのカテゴリ記事一覧

スポンサーリンク

カテゴリ:やる気を出すヒント

やる気を出すヒントのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a1380_000220q.jpg「..

やる気を出すヒント
「人生面白いことが何もない・・」「毎日毎日詰まらないことばかりだ・・」そのように人生を日々嘆いて意欲が湧かない状態にある方はおられませんか?スポンサーリンク …

記事を読む

a1710_000001.jpg仕..

やる気を出すヒント
仕事にやる気がない人はあなたの職場にはいませんか?自分たちが仕事をがんばっているのに、仕事にやる気がない人が怠けていれば、当然のことながら腹が立つことでしょう…

記事を読む

a0960_005277.jpg職..

やる気を出すヒント
職場や家庭、学校などでは何らかの課題が与えられながら仕事や学業などが進んでいきます。しかし、その課題をこなさないといけないと頭では分かってはいても、場合によっ…

記事を読む

a1380_000189.jpg仕..

やる気を出すヒント
仕事や勉強などで、何か分からないけれどイライラしていてやる気が湧いてこないときはありませんか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;hei…

記事を読む

a1710_000001.jpg辛..

やる気を出すヒント
辛いことや悲しいことがあって気持ちが落ち込んだとき、人間はどうしても動きたくない気持ちにとらわれがちです。スポンサーリンク style="display:inline-block;wid…

記事を読む

a0070_000277.jpg仕..

やる気を出すヒント
仕事をしていると、「この作業、面倒くさいなあ。やる気が出ないよ・・」と気持ちが後ろ向きになってしまうことはありませんか?スポンサーリンク style="display:in…

記事を読む

a1470_000032.jpgや..

やる気を出すヒント
やるべき課題があるのに、なかなか気持ちが乗らず、やる気が起きないときってありませんか?そのようなときは、自身のことを怠け者だと感じて責めてしまったり、焦ったり…

記事を読む

人生が面白くなくて意欲が湧かないときの心理と対処法

a1380_000220q.jpg

「人生面白いことが何もない・・」
「毎日毎日詰まらないことばかりだ・・」

そのように人生を日々嘆いて意欲が湧かない状態にある方はおられませんか?
スポンサーリンク

意欲が湧かないとき確認しておきたいこと

確かに社会には理不尽なことも多いですし、生きがいを持ちイキイキ過ごすのは難しい社会構造になっているかもしれません。

しかし、日々を悲観的に過ごしていると負の波動が起き、その状況を打開するのはますます難しくなってしまいます。

人生が面白くなくて意欲が湧かないとき、主体的に生きることができているかどうか再確認してみる必要があると思います。

エネルギーが、必要ないところで使われていて、心身共に疲弊してしまっている状態であるケースが少なくないからです。
スポンサーリンク

» 

仕事がやる気がない人の心理と対応するヒント

a1710_000001.jpg

仕事にやる気がない人はあなたの職場にはいませんか?

自分たちが仕事をがんばっているのに、仕事にやる気がない人が怠けていれば、当然のことながら腹が立つことでしょう。
スポンサーリンク

仕事にやる気がない人の特徴

仕事にやる気がない人は、基本的に自分がいかに楽をするか、いかに怠けるかばかりを考えています

繁忙期で同僚が残業をしていても、そんなことはお構いなしです。同僚に自分の仕事を押しつけ自分は定時で帰ってしまいます。

また、仕事にやる気がない人の口癖は「だるい」「めんどくせえ」などネガティブなものばかり。

ですから、そんな人が職場にひとりでもいれば、社内の志気も下がってしまうでしょう。

ただ、かといって仕事にやる気がない人が能力がないかというと、不思議なことにそうでもありません

中には高い能力を持っている人も少なくないのです。

その高いスキルを仕事に生かせばもっと周囲から評価されてもおかしくないのに、仕事にやる気がない人はそんな気を起こす気配を示しません。

仕事にやる気がない人は、最初はよくても、次第に本性が知られるようになり周囲からマイナスのレッテルを貼られるようになります。

「あの人はああだから」「あの人とあまり関わりたくない」といったように白い目で見られがちになるのです。

ただ、仕事にやる気がない人と話をしてみると、仕事をしないのにも理由がそれなりのあるようです。
スポンサーリンク

仕事にやる気がない人の「やる気がない」理由とは
「やる気がない」という人が職場にひとりでもいたら、周囲の人間たちからすると腹立たしいことがおおいかもしれません。

ただ、特に管理職の立場の人は、もし部下にやる気がない人がいたら、どうしてやる気がないのか分析して接してみると幾分か違ってくるように思います。

例えば、仕事が適性に合っていないということがあるのかもしれません。

興味がある分野なら力を発揮できるのに、そうでない分野はやる気が起きないという人は少なからずいるものです。

そんな人には、適性を見抜いてそれにあった役割を与えてあげると途端にやる気を出すケースもあるものです。

なお、仕事がやる気がない人は「どうせ自分なんて」と拗ねて考える傾向が強いです。

その原因は、幼少期に親や教師から認められない過去を持っていることが多いようです。

例えば、出来の良い兄弟と比較されて育ったケース。

「弟は優秀なのになんでお兄さんのあなたはこんなに出来が悪いの!?」などと親に常に咎められていたなどがあれば、どうしても精神は歪んできます。

本人はがんばってもがんばっても褒められず、「認められたい」という心の空洞を埋められず最終的にはいじけてしまうわけです。

何をやっても認められない自分に自己嫌悪し「どうせ俺なんて」と拗ねてしまうと、周囲の人間に対して警戒心を持つようになります。ですから、周囲の人間に協力姿勢を示さないわけです。

ただ、仕事にやる気がない人は、一見すると周囲に関心がないように見えながら実はそうではありません

本当は「誰かに認めてもらいたい」という心理状態にあることが多かったりするのです。

ですから、そんな人の場合は、長所を探して褒めてあげることも、仕事にやる気がない人へのうまい対応策のひとつだと思います。

どんなに些細なことでもつまらないことでも褒め、あなたは価値がある人間なんだということを暗に伝えるのです。そうすることを繰り返すこと。そうすることでたちまちやる気を出してくるというケースもあるものです。

というのは人間は、人から認められてこそ、他者との関わりのなかで力を発揮していけるものだからです。

自分に価値がある人間だと自信を持つことで、次は他者のためにもがんばってみるかという気になるものなのです。

やるべき課題があるのに 全くやる気が出ないとき、どのように考えればやる気が出るか?

a0960_005277.jpg

職場や家庭、学校などでは何らかの課題が与えられながら仕事や学業などが進んでいきます。

しかし、その課題をこなさないといけないと頭では分かってはいても、場合によっては気分があまり乗らず、やる気が湧いてこないというときもあるかもしれません。

与えられた課題を完了させねばならない期限が迫っているのにやる気が出ないとき、私たちはどうしても「自分は怠け者だ」「自分には根性が足りない」など自身を責めながら憂鬱な気持ちに包まれてしまいがちです。

ただ、そのような気持ちでは良い課題を仕上げることは難しいでしょう。

では、やるべき課題がありその提出期限が迫っているのにも関わらずやる気が湧いてこない・・そんなときはどのように考えればよいのでしょうか
スポンサーリンク

やる気が湧かないときにありがちな心理状態

それは、自己に失望や嫌悪感を抱く前にどうしてやる気が湧いてこないのか分析的に考えてみると良いかもしれません。

仕事や課題に対してやる気が起きない理由はいくつか考えられますが、大抵は、その作業をすることの「意味付け」がマイナス思考でなされているものです。

たとえば、明日までにある書類を完成させねばならないけれど、全くやる気が起きない状態に陥っているとします。

そんなときは、明日までにその書類を完成しなければ大変なことになるから「やらなくてはならない」という義務的な気持ちと、でも「やりたくない」という気持ちが交錯して、行動を起こせないという状況にあるわけです。

なかなか行動に移すことができないのは、「やらなければ大変なことになる。叱られるから・・」といった追われる気持ちが行動すべきと思う動機を占めてしまっているのです。

そのような追われる心境では、不安や恐怖に頭のなかが支配されてしまい「もしできなかったらどうしよう・・」といったネガティブな思考があふれてしまいます

そうなると、その課題をすべきなのは頭では分かってはいても、体がなかなかついてこないため「先送りをしよう」「ぎりぎりまで延期しよう」という状況になりやる気が出てこないのです。
スポンサーリンク

» 

やる気が出なくて漠然としたイライラを感じるときの考え方

a1380_000189.jpg
仕事や勉強などで、何か分からないけれどイライラしていてやる気が湧いてこないときはありませんか?
スポンサーリンク

そんなときは、その課題のクリアまでの見通しが立っていなくて自信を持つことができない状態にあるのだと思います。

「もし課題をこなせなかったらどうしよう・・」
「もし期待を裏切ってしまったらどうしよう・・」
といった不安も重なり、マイナスな気持ちに飲まれてしまっているのです。

その状況は、登山をするときに高い山の頂上を見て「果たしてこんな高い山に登れるだろうか?もしうまくいかなかったら・・」と考えるのに似ています。

失敗する可能性を考えてマイナス思考でものごとを考えているのです。

とはいえ、登らなければならないという義務感もあり、その一歩を踏み出さねばならないけれどエネルギーが不足していて・・という気持ちがせめぎ合っているのです。

ではどのように考えれば、やる気が湧いてその一歩を踏み出すことができるのでしょうか?

それは、やる気がなくなっている原因を特定しそれをつぶすことを考えた上で、視点をプラスに変えることだと思います。

そのためにまずは行動を妨げている不安要素が何なのかを特定するために紙にリスト化して書き出してみることをオススメします。

たとえば、

@課題の量が膨大で終えることができるのか自信がない
A完成度の低いものになってしまい周囲からがっかりされるかもしれない
Bアイデアが何も思いつかなくて全体像が見えない

など。次に、その原因をつぶすにはどうすればよいか考えてみます。

たとえば@の場合、「塵も積もれば山となる」ということわざもあるとおり、少しずつ積み重ねていけばいつか終わるのではないか?と楽観的に考えることができるかもしれません

Aなら、喜んでもらえる部分が1カ所でもあれば良いのではないか?と気楽に考えることもできるでしょう。

Bの場合、ちょっと外に出てアイデアを探しに行ってみようかなど何らかの対策を思いつくかもしれません。

不安を誘発する原因を特定し、それに対する解決策を考えてつぶしていくこと。それによって気持ちはずいぶん楽になってくると思います。

» 

落ち込んだときこそ意識的に散歩やひとり旅を

a1710_000001.jpg

辛いことや悲しいことがあって気持ちが落ち込んだとき、人間はどうしても動きたくない気持ちにとらわれがちです。
スポンサーリンク

気持ちの落ち込みは負の連鎖を誘発することも

自分はもうだめだ・・
俺なんて他人に迷惑をかけるだけだ・・」

というように落ち込んでしまうと体を動かす気持ちもなくなってしまうわけです。

それが一時的なものならよいのですが、その落ち込んだ状態が長引くのは望ましいことではないと思います。

気持ちが落ち込んでいると、どうして自発的に動く気力がなくなり、体のだるさや倦怠感をもよおすからです。

気持ちが落ち込んでそのまま体を動かさず閉じこもっていると、悲観的な思考が巡り、ますます気力が湧いてこなくなるものです。

その結果、ネガティブ思考に心が支配され、負のスパイラルが誘発されてしまうことも少なくありません

ですから、気持ちが落ち込んでいるときは、少々無理をしても外に出て体を意識的に動かすことを考えるほうがよいと思います。

たとえば、散歩をしたりひとり旅にでかけたりするなど、激しい運動は伴わないけれど軽く運動をするようなことを意識的に行うのです。
スポンサーリンク

» 

仕事でやる気が出ない作業をするとき、やる気を起こす方法

a0070_000277.jpg
仕事をしていると、「この作業、面倒くさいなあ。やる気が出ないよ・・」と気持ちが後ろ向きになってしまうことはありませんか?
スポンサーリンク

仮に自分が希望している仕事に従事している人でも、苦手でやりたくないと思える作業を強いられることもあるもの。書類整理、経理、人前でのプレゼン・・

人によって苦手な分野ややりたくない作業は違えども、会社に勤めている以上、嫌でもやらざるを得ないという状況がほとんどです。

ですから、大抵の人は、やる気が起きない作業については、嫌々それに取り組んだり、ギリギリになって焦って作業をし始めたりするということになります。

しかし、そのような後ろ向きな気持ちを持って作業をしても、ミスを誘発しやすくなり、物足りない出来栄えになったりしまいがちです。

では、仕事でやる気が起きない作業をするとき、どのように考えればやる気が出てくるのでしょうか?

それは、その作業をやる動機としたくない理由を明確化することだと思います。
スポンサーリンク

まずは「どうしてその作業をするべきなのか?」ということを考え、思いつくだけ紙に書き出してみましょう。例えば

・電話で報告して上司を安心させるため
・家族を養うために仕事の一環として
・お客を喜ばせるため

など。そこでは、どうしてその作業をしなければいけないかを整理して考えて書くことによって、潜在意識がそれを記憶して心身に「作業をやろう」という信号を送ります。

また、仕事の一環として義務的にしなければならないという後ろ向きの気持ちに加え、「人のため」という動機を意識することで、それが前向きな気持ちの誘発につながってきます。

作業をすべき理由を紙に書き出したならば、次に、「やりたくない理由」も書いてみましょう。

そして、どのように考えればそのやりたくない理由を消せるかを考えてみます。

» 

やるべき課題が山積しているのに何故かやる気が起きないとき、やる気を出る考え方

a1470_000032.jpg

やるべき課題があるのに、なかなか気持ちが乗らず、やる気が起きないときってありませんか?

そのようなときは、自身のことを怠け者だと感じて責めてしまったり、焦ったりしてしまうかもれません。
スポンサーリンク

ただ、どんなにパワーがある人であっても、やる気が起きないときというのは必ずといっていいほどあるものです。

やるべき課題は山積しているのになぜかやる気が起きないとき、そんなときは、その理由を少し掘り下げて、行動に意味づけをしてあげると良いと思います。

やる気が出ない時というのは、大抵は、漠然とモヤモヤした気持ちに包まれているものです。だるいような違和感があるような・・

なぜか分からないけれど、行動に踏み切ることができない。それが、やる気が出ないという状態だと思います。

目の前にあるやるべき課題をこなせば、気持ちもすっきりすることは分かっているのに、なぜか手をつけることに抵抗感を感じてしまう・・という状態なのです

そのように気持ちが乗らないときは、どうしてやる気が出ないのか、理由を少し掘り下げて考えてみると良いと思います。

例えば、誰かからEメールをもらっていて、その返事を出さなければならないのに、なぜかやる気がで出ない状態にあるとしましょう。
スポンサーリンク

» 

ひとり旅のすすめ
心が疲れたとき、ひとり旅にでかけるというのも疲れを解消する手段のひとつだと思います。見知らぬ土地に行って郷土の味覚を探したり温泉でのんびりしたり。あるいは小さい頃に住んでいた懐かしいまちや修学旅行に訪れた観光地に訪れるというのもよいかもしれません。

普段の環境から少し抜け出てみることで、視野が広がり、今まで見えなかったことが見えてきたり、新しいアイデアが思い浮かんできて、前向きなエネルギーが湧いてくることも多くあるものですよ。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    失敗つづきだったり緊張を強いられる場面に遭遇したら、人は不安を感じやすくなります。ただ、心の不安は、少し視点を変えてみるだけで解消できることもあるものです。 「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「自分に自信を持つ方法」など「心」をテーマにした記事を書いています。皆様が明るく幸せな日々を送るための参考資料のひとつになれば幸いです

    お問い合わせ

    タグクラウド
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます