心配性を解消するヒントのカテゴリ記事一覧

心の悩みを解決することは健康的な生活を送るうえで大切なことです。
スポンサーリンク

人生にはさまざまな出来事があります。時にはうまくいかないこともあることでしょう。ただそのようななかでも、ひとつでも多くの感動を探し積み重ねていければよいですね

カテゴリ:心配性を解消するヒント

心配性を解消するヒントのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました

心配性を解消するヒント
心配性の人は何かにつけて不安で不安で仕方ありません。「そんなの大丈夫だよ」と誰もが言っていることでも、常に不安に震えて生活をしています。心配性の人がどうして将…

記事を読む

心配性を解消するヒント
忘年会や新年会のシーズンの到来。何かと人の集まりが増える季節ですが、「人の集まりが苦手で」・・という人も少なくないようです。気心知れた仲の良い仲間同士ならまだ…

記事を読む

心配性を解消するヒント
心配性の人は几帳面で真面目な人が多い傾向があるのですが、何かにつけて未来が不安になってしまいます。例えば、就寝時間になっても心配性の人はなかなか寝付くことがで…

記事を読む

心配性を解消するヒント
常に不安な人は、特に何かよくわからないけれど湧きおこってくる漠然とした不安や心配に頭悩ましているかもしれません。「常に不安」だと話す人には特徴がいくつかありま…

記事を読む

心配性を解消するヒント
人間は生活していると、漠然とした心配や不安に包まれることがあるかもしれません。殊に心配性の人は、そんなとき「気にしない、気にしない」と思ってはみても、どんどん…

記事を読む

心配性を解消するヒント
心配性な人に限ったことではありませんが、人間は、ものごとの足りないところを探そうとする傾向があります。とりわけ日本人は、欠点を見つけてはそれに問題意識を持ち、…

記事を読む

心配性を解消するヒント
心配性の人は、他人の目を極度に気にする傾向があります。確かに、人間はさまざまな人間関係の関係性のなかで生きているわけで、他人の存在が重要であることは言うまでも…

記事を読む

心配性を解消するヒント
心配性の人は、特に何か危機が迫っていなくても常に追われるような不安に包まれています。仕事が順調で安定した地位にいても、「明日、致命的な失敗をしでかすかもしれな…

記事を読む

心配性を解消するヒント
心配性の人は、未来に起きることに対して過度な不安と恐怖を抱き、常に心が休まることがありません。「もしも〜になったどうしよう・・」と起こりうる最悪の事態を想定し…

記事を読む

心配性を解消するヒント
心配性の人は特に、未来のことが心配で心配でなりません。確かに、未来にはどんな危険や恐怖が待ち構えているかもしれないですから、失敗リスクを想定しておくのは重要な…

記事を読む

心配性の人が適切な判断をするために必要な視点とは

心配性の人は何かにつけて不安で不安で仕方ありません。「そんなの大丈夫だよ」と誰もが言っていることでも、常に不安に震えて生活をしています。
a0960_006247.jpg
心配性の人がどうして将来を極度に案じるかというと、失敗をするのが怖いからだと思います。

なぜ失敗するのが怖いのかというと、自分の実力や能力に対して、自信を持てないでいるからです。

もし自分が予期していない不測の事態が起きたとき、それを乗り切る自信がないのです。

だから、何かにつけて心配で心配で仕方ないという考えに至ってしまうのです。

確かに、未来にはどんな災難や苦難が待ちかまえているか誰にも分かりません。ですから、そのリスクを未然に防ぐために石橋を叩くように慎重に生きることは、ある意味、賢明だといえるかもしれません。

ただ、あまりに心配性の度が過ぎていると、何も行動できないということになってしまいます。そうなれば、せっかく未来を切り開くチャンスがあってもそれを自ら放棄してしまうということになりかねません。それは非常に惜しいことだと言わざるをえません。

例えば、仲の良い友達から「一緒に海外旅行に行こう」と誘われ、行ってみたいと思ったとします。しかし心配性の人は、考えた末に、断わってしまうしょう。なぜなら、「英語が通じなかったら恥ずかしい思いをするかもしれない・・」「もし飛行機が落ちたらどうしよう・・」「何か事件に巻き込まれたらどうしよう・・」といったことを色々心配してしまうからです。確かにそういった不安が的中する確率は0ではありません。ただ、そういった起こるか分からない僅かなリスクのために、いろいろな出会いや感動を得られるチャンスを放棄してしまうのはいささか考えものです。

そもそも、なぜ心配性の人が自分にそこまで自信がないかというと、物事を短期スパンで考えすぎているからだと思います。長期的に見たら自分にとってプラスであっても、心配性の人は、すぐに完璧な成果を出さなければマイナスだと評価してしまうのです。ですから、小さな失敗リスクも実物大より肥大化されて見えてしまうわけです。

ではどうすれば、心配性の人は、リスクを正当に評価し、適切にものごとを判断することができるようになるのでしょうか?

» 続きを読む

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク

心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

忘年会や新年会など人の集まりが苦手な人が、気持ちを楽にできる方法

忘年会や新年会のシーズンの到来。何かと人の集まりが増える季節ですが、「人の集まりが苦手で」・・という人も少なくないようです。
a0001_004320.jpg
気心知れた仲の良い仲間同士ならまだしも、忘年会や新年会は、何を話していいか分からず気が進まなくて・・というわけです。

あるいは、忘年会や新年会ではいつも孤立してしまい、その場に居合わせることにトラウマを持っている人もあろうと思います。

では、そういった人はどのように考えれば忘年会や新年会に対する苦手意識を少しでも解消することができるのでしょうか?

それは、「単純な目的を設定すること」だと思います。

忘年会や新年会など集まりの場が苦手だという人に話を聞いてみると、その多くは真面目すぎる感じの人ばかりです。

そして、不安に思っていることを尋ねてみると、忘年会や新年会での自分自身の振る舞いに対して、高いハードルを課してしまっていることが多いですす。

例えば、
・会話に積極的に入っていき皆を楽しませなければいけない
・皆にしっかりあいさつし気分よく場を過ごしてもらわなければならない
・人目があるし絶対に孤立しないようにしなければならない
・上司たちの前で何かミスをして叱られないか不安だ
・参加者たちとうまく会話をできるか不安だ
・万が一遅刻でもしたら叱られるだろうなあ・・
・苦手な人と隣の席になってしまったら嫌だなあ
・自分のテーブルだけ盛り上がらなかったら気まずいなあ

しかし、忘年会や新年会たるもの、多人数が集いどんな会話が飛び出すか、席がどうなるかなど不確定な要素が多いだけに、完璧な自分をそこでつくりあげる準備をすることなど不可能に近いことです。ですから、考えれば考えるほど不安と心配が募り、忘年会や新年会に対する苦手意識が高まっていくというわけです。

そのようにネガティブな気持ちを払しょくして少しでも忘年会や新年会を楽しむためには「単純な目的を設定すること」が良いのではないかと思います。

忘年会や新年会に行って、これだけは果たそうという簡単な目的を決めておくのです。そして、その目的さえ達成できればあとはどうでもいいと割り切って考えるのです。

例えば

・参加者の誰かと1人以上話をする
・知らない人と1人以上名刺交換をする
・同じテーブルの人にビールをつぐのをやる
・おいしい料理を見つけて1回以上感動する
・誰かと話をして知らない知識をひとつ以上得る

などなど、何でもよいのですが、単純な目的を1〜2個だけ決めておくのです。重要なのは、目的を決めてそれを達成したらあとはどうなろうと構わないと自分に言い聞かせることです。

忘年会や新年会に苦手意識を持ち、不安や心配で押しつぶされそうになるのは、知らないうちに自分自身に高いハードルを課してしまっているからです。それを、単純な目的に絞り、「それさえ達成すれば良いのだ」と気楽に考えることで、気持ちが随分楽になるのではないでしょうか。

なお、人には得意不得意があり、あまりにも気が進まない忘年会や新年会には無理に行かないというのも立派な選択肢だと思います。嫌悪感ばかりしかない会に無理に参加しても、ストレスが蓄積され人生にとってマイナスなことだと思うからです。 (PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク

心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

心配性であることのメリットとデメリットとは

心配性の人は几帳面で真面目な人が多い傾向があるのですが、何かにつけて未来が不安になってしまいます。例えば、就寝時間になっても心配性の人はなかなか寝付くことができません。なぜなら「ひょっとしたら目覚し時計が壊れていたら起きれないかも?」と不安を抱いてしまうからです。そして目覚まし時計を2つ用意したとしても、心配は収まりません。「ひょっとしたらこちらの目覚まし時計も故障したらどうするんだ?」となるわけです。結果的に、目覚まし時計を5つも6つも用意した挙げ句、その不安を収めることができず緊張して眠れなくなってしまいます。

<心配性のデメリットとは>

心配性の人は、将来に対する漠然とした不安を心に常に抱いています。起こるか分からない失敗リスクに敏感で、それに対する最悪の事態を想定して、緊張を強いられています。
a0960_00635.jpg
ですから、どんなに安定した成果を上げても社会的にどんなに成功を収めても、心が不安から逃げられないという状態にあります。

その結果、ストレスが蓄積されていき、エスカレートすると鬱病など心の病に陥ることも少なくありません。

また、将来に対する不安が募ると失敗を極度に恐れるようになり、何かに挑戦するということも避けるようになっていきます。

そうなるとせっかく実力があっても人生に到来するチャンスを自らことごとくつぶしていくということにもなりかねません。

<心配性のメリットとは>

心配性の性格はマイナス要因で語られることが少なくない思いますが、実は大きなメリットがあると感じます。というのは、将来の失敗リスクに敏感であるからこそ、その不安を解消するために全力で仕事や勉学に励むことができるからです。

例えば、会社のプレゼンを控えている心配性の社員は、他の社員がやらないようなすごい準備をしてくるとある経営者から聞いたことがあります。本人からすると、失敗して叱られるのが怖いという動機で準備作業をしたにせよ、充実した書類のレジュメ、整理された話す内容、完璧な商品知識など、プレゼンを聴いた人から大きな信頼感が得られることは間違いないでしょう。

実際のことろ、仕事や勉強を極めた人の中には、不安症の人が高い割合で含まれています。例えば、『心配性だから世界一になれた』の著者である世界的なパティシエである小山進社長は、大人気ロールケーキ「小山ロール」で知られるパティシエエスコヤマをつくりあげた人物。『心配性だから世界一になれた』のなかで小山氏は、心配心は慢心を防ぎしっかり先手先手を打つ習慣が身についたといった旨も述べています。心配性だったからこそお客に100%満足してもらえるスウィーツを全力で探求しその道をきわめることができたのでしょう。
amaon>>「心配性」だから世界一になれた――先手を打ち続けるトップの習慣

<心配性のメリットを生かすには?>

心配性の人が抱える不安や心配は根拠がないことが少なくありません。それでも失敗をする可能性が1%でもある以上、それを絶対的な脅威として捉えてしまうのが心配性の人の考え方です。そこでは、それが例え小さな失敗リスクであっても拡大解釈して認識されてしまっています。また、それらが絡み合い脳が処理できていないため更なる不安や心配が次々と押し寄せてきます。ですから、まずは複雑に絡み合った問題を整理してあげることが不安を解消するためには重要です。

具体的にはノートに、不安だと思う要素を書き出してみてひとつひとつ検証しながら解決策を考えてみることが有効な手段だと思います。ノートに書き出してみる作業を通して頭が整理され不安に感じてる諸々の問題が適正の大きさに認識されるようになるからです。

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク

心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

心配性の人が「常に不安」という心理状態に陥りがちな原因と改善策

常に不安な人は、特に何かよくわからないけれど湧きおこってくる漠然とした不安や心配に頭悩ましているかもしれません。

「常に不安」だと話す人には特徴がいくつかあります。それは、完璧主義で神経質な傾向があり、もっと向上したいという気持ちをもっていること。ですから、努力家で真面目な人がとても多いです。
a0960_006040.jpg
「常に不安」という心理状態の背景には、「自分に対する欠如」と、「悲観的にものごとを考える習慣」が見え隠れします。

自分をつまらない価値のない人間だと思っているから、どうしても、自分の行動に自信を持てないのです。

また、ネガティブにものごとを日々考える癖がついてしまっているので、未来についても失敗リスクを感じやすく極度の不安を覚えるのです。

「特に根拠があるわけではないけれど、それがもし起きたらどうしよう・・」そんな不安を感じる時、心配性の人は過去の不安材料を辿りながら、起きうる最悪の事態を無意識のうちに想定してしまっています。その問題が仮に小さなことであっても拡大解釈をして大きな問題として捉えてしまっているのです。

例えば、会社に出かけることを不安に思ったとします。大抵の人は、行き慣れた会社でいつもの面々と顔を合わせて普段と同じ仕事業務をこなすことが分かっていたらあまり不安を感じません。しかし、心配性の人は、それが100%安全であるとは限らないことで不安を感じます。

「もし会社に行くまでに事故に遭ったらどうしよう・・」
「仕事でミスをして上司から叱られたらどうしよう・・」
「同僚と昼休みにうまくおしゃべるをできなかったらどうしよう・・」

そんな心配が次々と湧きだしてきて、「常に不安」という状態に陥ってしまうのです。殊に神経質で真面目な人は、そういった未来に起こるかもしれない失敗リスクについて小まめに考えてしまいます。しかし、いくら心配したところで100%の対策を立てられるわけでもないですし、解決の糸口のない不安定な心理状態に埋没してしまうというわけです。

ではどのようにすれば「常に不安」という状態を改善していけるのでしょうか。

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク

心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

漠然とした不安や心配が募ったときの考え方

人間は生活していると、漠然とした心配や不安に包まれることがあるかもしれません。殊に心配性の人は、そんなとき「気にしない、気にしない」と思ってはみても、どんどん心配や不安が募ってくるもの。

漠然とした不安や心配に包まれたとき、そんなときは、不安に思っているが何なのかを明確にすることに少し時間を使ってみるとよいかもしれません。
a0960_006067.jpg
一体、どんな対象に対して思い悩んでいるのかを整理してみるのです。

その上で、その絞り込んだ心配ごとが現実化しないよう自分にできる範囲で準備をするとよいと思います。

ある日漠然とした不安に包まれ、憂鬱な気分に陥っていたとします。そのような状況では、そのまま何もしなくても不安は解消されることはなかなかないと思います。

そんなとき、いったい何が不安なのか、紙に書きだしてみるのです。すると、たくさん項目がでてくるでしょう。次にそれらを共通している項目をまとめてみます。すると、いくつかの不安に絞り込まれると思います。そうすれば、最後にそれらに優先順位をつけて、その不安が現実にならないようひとつづつ対策を立てればよいのです。

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク

心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

心配性を改善するには物事の良い面を捉えるのが有効

心配性な人に限ったことではありませんが、人間は、ものごとの足りないところを探そうとする傾向があります。

とりわけ日本人は、欠点を見つけてはそれに問題意識を持ち、改善することで向上させていくものの考え方をしがちです。
a0800_000108.jpg
確かに技術やスキルを向上させていくには、足りない部分を発見してそれを克服していくことが有効です。

しかし、人生全般においては、諸刃の剣といえるでしょう。

なぜなら、その考え方に固執しすぎると、ものごとの悪い面ばかりが目につくようになってしまうからです。

起こる出来事の悪い部分や出会う人の欠点を探すことに終始すると、身の回りのあらゆるものの足りない部分が浮かび上がるようになります。すると、起きる出来事、出会う人、社会の流れほか、そのアラが見えて、不平不満や愚痴をいつも口にするようになります。

その思考は、未来についても同じように派生します。将来起きることについても、マイナスな事象が真っ先に思い浮かぶようになり、悲観的な発想が浮かびやすくなってしまうのです。すると自分の人生そのものが灰色に見えてしまい、「どうせ俺の人生は終わっているよ・・」「生きていても辛いだけで良いことなんて起こるわけない・・」などと絶望感に浸ってしまうのです。

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク

心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

心配性の人が他人の目を気にする理由と3つの改善策とは

心配性の人は、他人の目を極度に気にする傾向があります。

確かに、人間はさまざまな人間関係の関係性のなかで生きているわけで、他人の存在が重要であることは言うまでもありません。しかし、生きていくなかで、他人の目を気にしすぎていると、自分らしい自由な生き方ができませんし、ストレスが知らないうちに蓄積されていきます。
a0960_005887.jpg
なぜ、心配性の人は、極度に他人の目を気にしてしまうのでしょうか?

それは、思考にの焦点が未来にズームしすぎていることと、自分に自信を持つことができていないからだと思います。

心配性の人に、何かをある新しいことをやってみようと提案したとします。

例えば、友達を紹介しましょうと提案したとします。すると、精神的に健康な人は「いいですね。お会いしましょう」となるのですが、心配性の人は「ん・・どうしようかなあ・・それはちょっと厳しいかも・・」と迷いはじめます。

そして、「知らない人と会うと気を遣いますし・・」などと躊躇します。それは、一見すると謙虚な姿勢に見えますが、「もしうまくしゃべれなかったら恥ずかしい」「もしうまくもてなせなかったら相手に低く評価されるかもしれない」という恐怖があるのです。それは、相手に迷惑をかけるから躊躇するというよりは、何らかの失敗をして自分自身が傷つくのが怖いという心理が働いているのです・

本当は いろいろな人と友達になって交流をしたい。しかし、他人の目を気にするあまり、その気持ちを優先することができないのです。

ただ、他人からすると、誰かが自分の自己紹介をしてうまく話せなかったとしても怒る人はいないですし、むしろ応援したり親しみを持ってくれたりする人も少なくないわけです。

それなのにどうして他人の目が過度になるかというと、それは、自分に自信がなく、真っ先に自分の欠点のことを考え、卑下することが習慣になっているからだと思います。

もし自分の長所を常々考えている人ならば、自分の良い点が真っ先に思い浮かぶので、そういったチャンスを生かそうと考えるものです。

しかし、心配性の人は、未来に起きうる最悪の事態を想定し、そのリスクが0.01%でも存在する以上、行動をとるのは慎重になるべきだと判断してせっかくのチャンスを逃してしまいます。

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク

心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

心配性の人の心理状況と、不安や心配を緩和させる考え方とは

心配性の人は、特に何か危機が迫っていなくても常に追われるような不安に包まれています。仕事が順調で安定した地位にいても、「明日、致命的な失敗をしでかすかもしれない」「信頼は明日失墜するかもしれない」などと不安に考えてしまいます。

それらは、何か失敗を予見する材料があるというわけでもありません。特に何も根拠がなくても、将来起こりうる失敗リスクが少しでも想定されれば、それは絶対的な脅威として不安や心配を抱く種になってしまうのです。
a0960_006085.jpg
とりわけ、想定される最悪の事態について考えはじめると、どんどん悲観的な方向に発想は展開していきます。

しかし、将来や未来は誰にも予見できるものではありません。不安に思っていることが起こらないということも往々にしてあることですし、むしろそういったケースが多いです。

しかし不安症の人は、いかなる状況であれ、うまくいく可能性については思考が傾かず、起こる可能性が例え低くても、失敗する可能性について思考を集中させてしまいます。

不安症といえば、例えば、大手企業に勤めているある心配性の人からは、明日会社が倒産するかもしれないという不安で悩んでいるという話を聞いたことがあります。大規模な企業が予兆もなくいきなり倒産する可能性はほぼ0に限りなく近いわけです。しかし本人にすれば、それが可能性が0ではないといえない以上、怖くて怖くて仕方がないというのです。そして、会社が倒産する夢を見ては夜中にうなされることもしばしばのことなのだとか。

また、ある心配性の人は、買い物に出かけたとき途中で引き返して、家に戻ることがしばしばあるそうです。というのは、ガスの元栓を閉めたか、カギをかけたかなど、家の戸締りを完璧にしたかどうか自信が持てなくなるのだとか。それは何度も確認して家を出たにも関わらずです。

その不安は歩いているときにどんどん高まり、「やっぱり念のためにもう一度だけ確認しておいた方がよいかも。でもせっかくここまで来たのに・・」と迷った挙句、再び長い時間をかけて家に帰るようです。そして、きちんとカギがしまっていることなど確認して「ああ、良かった〜」と安堵するようなことを繰り返しているのだとか。

客観的な目で考えると、上記の事例のような心配性の人は、そこまで心配する必要はないのではないかと映ります。しかし、本人からすると、一生に関わるといっても過言ではない大問題であり、ひとたび心配になれば、不安と恐怖に包まれ、半ば判断能力を失った状態でそれを行動に移してしまうのです。

そのように心配性の人が不安になる原因は、本人の危機意識が高すぎることと、思考の焦点を未来に合わせすぎている点にあると思います。

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク

心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

心配性であることを逆に活かして人生を成功に導く考え方

心配性の人は、未来に起きることに対して過度な不安と恐怖を抱き、常に心が休まることがありません。

「もしも〜になったどうしよう・・」と起こりうる最悪の事態を想定しては、失敗するリスクを認識し頭を悩ませています。
a0960_005887.jpg
心配性の人は仮に、現在順風満帆な生活を送っていても、明日起こりうる失敗の可能性を考えては「今の状態はいつ終わるか分からないから安心できない・・」と気が気でなりません。

そのような心理状況に常々あるわけですから、心配性の人の多くは、何とかその性格を改善したいと考えているようです。

しかし、心配性であることは、実は悪い面だけでなく良い面もあります。というのは心配性であるからこそ、事業や学業で成功しやすいのです。

心配性でない人は、「今日が良ければそれでいい」といった具合に概してのんびりと生きています。しかし、心配性の人はそうではありません。起こりうる未来についてあらゆる可能性を考え、最悪の事態を想定して極度の不安を抱きます。そしてその不安を解消すべく、綿密な計画を立て完璧にこなそうと全力で努力をします。

それはプラスのものを積み上げるというより、マイナスが生じることへの恐怖感から来る行動なので、一見するとあまり生産的でないように思えるかもしれません。しかし、結果的に、そのような動機であっても、人一倍の努力をした経緯は確実に残され、優れた結果が生み出される可能性も高まるです。

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク

心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

心配な出来事が明日に迫っているときの考え方

心配性の人は特に、未来のことが心配で心配でなりません。確かに、未来にはどんな危険や恐怖が待ち構えているかもしれないですから、失敗リスクを想定しておくのは重要なことだと思います。
a1180_016058.jpg
しかし、明日何が起こるかなど人間が知りえることではありません。どんなに実力がある人でもミスをする可能性がありますし、不可能だと思われていることがうまくいくこともあるわけです

そんな不確定要素ばかりの未来について、失敗する可能性ばかり思い悩んでいても、エネルギーを浪費するだけで生産的には思えません。また、何事にも多かれ少なかれリスクが伴うわけですから、それから逃げてばかりいると、挑戦することに臆病になってしまいます。

例えば
「明日の午後は取引先の人と会わなければならない。万が一、うまくしゃべれなかったら相手は機嫌を損ねるかもしれない。どうしよう・・」

「明日は試験だ。万が一、悪い結果が出たらどうしよう・・」

そのように、日常レベルの時間のなかでも、明日に起きる出来事について心配になる可能性があるできごとが無数にあるわけです。ですから、それらに心配していたらキリがありません。

では、明日に心配するできごとが迫っているときはどう考えればよいのでしょうか?

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク

心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

スポンサーリンク
心の悩みを抱えていても、少し視点を変えることで解消されたり、むしろエネルギーになったりすることもあります。状況を変えるために一歩踏み出してみることで、物事が展開し視界が大きく開けてくることもあります。

成果を積み上げていくことも大切である一方、心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

ひとり旅のすすめ
会社でストレスがたまって心が疲れたとき、ひとり旅にでかけるというのも疲れを解消する手段のひとつです。普段の生活環境のなかから一歩飛び出してみることで、自分自身とゆっくりと対峙することによって現在の状況を見つめなおすことができることがあるからです。

見知らぬ土地に行って素朴な温泉でゆったりするのもよし、都会のきらめく夜景を一望しにいくのもよし、郷土の味覚を探し地元の人と会話を楽しむのもよし。あるいは小さい頃に住んでいた懐かしいまちや修学旅行に訪れた観光地に訪れるというのもよいかもしれません。

自宅と会社の往復という環境から少し抜け出てみることで、視野が広がり、今まで見えなかったことが見えてきたり、新しいアイデアが思い浮かんできて、前向きなエネルギーが湧いてくることも多くあるものですよ。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって大切だと思います。

カテゴリ
はじめに
当ブログでは、「心」をテーマにした記事を日々書いています。例えば、「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「視点を変えて元気になる考え方」、「自分に自信を持つ方法」などなど。何かと理不尽なことも多く生きにくい現代社会。記事を通して、皆さまが明るく幸せな日々を送るための一助になれば幸いです。 KIMG05184 - コピー.JPG

■井上晴雄(いのうえはるお/HARUO INOUE) 大阪府堺市生まれ。フリーライター、画家として活動 メール送信

(関連サイト)
井上晴雄 絵画作品〜日本の旅

自分に自信を持つ方法を考えるサイト

最近の記事
サイト内検索
Custom Search
心の悩みは、視点を変えることで一瞬にして解消しまうこともあります
黒豆ラングドシャ

・・黒豆粉をまぶしたビスケット風の生地にミルクチョコレートをサンド。ティータイムにぴったりのやさしく香ばしい味わいです。

>>全国のお土産・手土産大集合!黒豆ラングドシャ(16枚)
Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます