幸せについて考えるのカテゴリ記事一覧

スポンサーリンク

カテゴリ:幸せについて考える

幸せについて考えるのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a0960_005277.jpg所..

幸せについて考える
所属している会社や家庭、学校などを取り巻く環境に何らかの不平不満を持っている人は少なくないと思います。例えば、せっかく入社した会社が、厳しい勤務を余儀なくされ…

記事を読む

a1380_000189.jpg人..

幸せについて考える
人間は誰しも幸福で豊かな人生を望んでいると思います。そして、良い出来事が100%起きることを理想に掲げて生きている人も少なくないと思います。しかし、人生に完璧な…

記事を読む

a1530_000080.jpg富..

幸せについて考える
富と同じく人間関係によって得られる豊かさも、「循環するもの」であると思います。自分一人だけのクローズされた世界観のなかでは、人間はあふれるような喜びはなかなか…

記事を読む

a1380_001342.jpg「..

幸せについて考える
「毎日がつまらなくて仕方ありません。」「私は平凡で面白くない人生を送っています。」スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" …

記事を読む

a1180_009387.jpg人..

幸せについて考える
人それぞれ、人生には苦しいと感じる時期があるかもしれません。スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-…

記事を読む

a0790_001009.jpg「..

幸せについて考える
「病は気から」といいますが、人間が心身共に健康で幸せな生活を送るためには「気力」が重要だと思いますスポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px…

記事を読む

a0960_007940.jpg「..

幸せについて考える
「毎日が面白くなくて・・生きていてもつまらないことばかりです」「平凡な人生すぎます。日々が憂鬱です」そんな声をときどき耳にします。スポンサーリンク style="…

記事を読む

a0960_006067.jpg人..

幸せについて考える
人間の意識は、2重の構造に分かれているといわれています。顕在意識を潜在意識です。スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" …

記事を読む

a0960_006085.jpg「..

幸せについて考える
「言霊」という言葉がありますが、人生に「言葉」がとても大切だと思います。私たちは仕事や家庭などで日々さまざまな出来事と遭遇します。時には嬉しい出来事もあるでし…

記事を読む

a0731_000764.jpg人..

幸せについて考える
人生における大きな喜びとはどこから得られるのでしょうか?それは、人によって違っているでしょうが、私は「他人のために役に立って喜ばれたとき」ではないかと考えてい…

記事を読む

人生に苦難がある意味とは

a0960_005277.jpg

所属している会社や家庭、学校などを取り巻く環境に何らかの不平不満を持っている人は少なくないと思います。

例えば、せっかく入社した会社が、厳しい勤務を余儀なくされる会社だったり、ややこしい人間関係があったり分かれば「こんなはずじゃなかった・・」と否定的に考えてしまうのは仕方のないことだと思います。

「物足りない」という程度なら良いのでしょうが、上司からパワハラに遭ったり劣悪な仕事環境を余儀なくされれば、どうしても絶望的な思いに陥りどんどん幸福感は落ちていくと思います。

そういった人生における苦難がある意味とは一体何なのでしょうか?

スポンサーリンク

人生に苦難がある意味は、それが人間を成長させるチャンスになりうることにあると私は考えています。

苦難があるからこそ、人間はそこから何かに気づいたり行動を始めたりできるものなのです。

例えば、私の知り合いに事業で成功を収めた人もいますが、会社勤めしていたときに何度か相談を受けたことがあります。

「今勤めている会社ではパワハラを受けていますし仕事にも合っておらずストレスで胃に穴が開きそうです。どうしたらいいんでしょうか・・?」と。

そのとき私は将来の展望や趣味を訊ねた上で、「本当に自分のやりたいことは何かを考えて、歩み始める契機かもしれないですね。」というアドバイスを送りました。

その後、その知り合いは一体、自分には何が向いているのかを真剣に考え、会社を辞め農業関係の道を探求しながら今や講演をするほどになっています。

その渦中にあるときは辛くて「なぜ自分だけがこんなひどい目に遭うのか?」「自分はトコトン運が悪いダメ人間だ・・」という風にネガティブにものごとを考えてしまうのは仕方がないことだと思います。

しかし、その知り合いもそうですが、苦境に置かれたからこそ、真剣に自分自身と向き合いものごとを考えることができたのではないかと思うのです。

人間は追いつめられるからこそ、普段では考えられないような力が発揮でき、思い切った行動もとることができるものなのです。
スポンサーリンク

新しいことを始めて、うまくいくかどうかの保証はどこにもないわけですが、そのように苦難や逆境がきっかけに、人生が大きく好転したというケースは実際のところ多いと感じます。

» 

幸福な人生を送るためには完璧さを追求したほうが良いか否か

a1380_000189.jpg
人間は誰しも幸福で豊かな人生を望んでいると思います。

そして、良い出来事が100%起きることを理想に掲げて生きている人も少なくないと思います。

しかし、人生に完璧な幸福を追求しようとすれば、なかなか幸福度が高まってこないような気もします。

なぜなら、人生には努力をしたとしても思い描くようになかなかうまくいかないこともあるものですし、社会には理不尽なことも少なくないからです。
スポンサーリンク

良いことが起きているときは良くても、人生には波があるものです。

ですから、完璧な幸福を理想とした場合、それとは違う出来事が起きたとき幸福感は失われてしまいます。

ではどのように考えると、気持ちが楽になるかというと、良いことと、良くないことは半々くらいに起きるものだと割り切って考えてみてはどうでしょうか。

要は「こうあるべきだ」という風にあまり完璧な理想を掲げず敢えてアバウトに考えておくのです。

対人関係についても同じくです。

相手に完璧さを求めるとどうしてもしんどくなってしまいます。なぜなら、人間は不完全な生き物ですし誰しも短所があるからです。

相手に完璧さを期待していると、交流が深くなるほどどうしても短所が目に付くようになるもの。

すると、知らないうちに相手の短所を発見しては相手に不満を抱くという思考回路が形成されてしまいます。

確かに完璧さを追求することは、自他を向上をするためには必要なことです。

しかし、人間は機械やコンピューターではありません。

100%の精度を求めてしまうと、どうしても短所が目に付き、せっかくの長所が見えなくなってしまうということになりかねません。

では、どのように考えると、自身の人生や対人関係に不平不満が少なくなるのでしょうか?
a0960_008250.jpg
それは、完璧さを求めようとするのではなく、良かった出来事やうれしかった出来事を数えることに思考の重点を置くことです。

» 

豊かさを他者に与えることの重要性

a1530_000080.jpg

富と同じく人間関係によって得られる豊かさも、「循環するもの」であると思います。

自分一人だけのクローズされた世界観のなかでは、人間はあふれるような喜びはなかなか得られません。
スポンサーリンク

例えば、ひとりで美味しいものを食べても、広い温泉宿でのんびりしても、ひとりではすぐに飽きてしまい、どこか味気なさが残ることでしょう。

なぜなら、そこには人間関係に関する豊かさが循環していないからです。

人間の脳はひとりでは感動的な楽しみを得られないようにできているのかもしれません。

豊かさを家族や恋人などと共有することで、ひとりで味わう何倍もの充実感を得ることができるのです。

そこでは、人のために役に立つということを通して、自分自身の存在意義を再発見できるということもかかわっているのかもしれません。

スポンサーリンク

そういったことを考えたとき、それは職場も同じではないかと思います。

与えられた仕事内容を淡々とこなせばいいという考え方よりも、働いている仲間や顧客に「豊かさ」を提供させていただこうという気持ちでのぞめば、より多くの喜びを得られるのかもしれません。

» 

平凡でつまらないと感じる日々が彩り豊かに思えてくる考え方

a1380_001342.jpg

「毎日がつまらなくて仕方ありません。」
「私は平凡で面白くない人生を送っています。」
スポンサーリンク

などと、毎日を面白くないという気持ちで送っている人はおられませんか?

確かに、会社と家の往復であったり、毎日同じ面々と顔を合わせる毎日では、日々に変化を見出すことは容易ではないかもしれません。

特に人は大人になるに従って目が肥えていきますから、少々な変化では「当たり前のことだ」という風に認識してしまいます。

ただ、そのように日々を「面白くない」「つまらない」と否定的に考えて過ごしているのがもったいないことであることは言うまでもありません。

スポンサーリンク

では、どのように考えれば、平凡で変化の乏しい毎日を彩り豊かに感じることができるのでしょうか?

» 

苦しい時期は、問題をプラスに捉えられないか自問してみることが大切

a1180_009387.jpg

人それぞれ、人生には苦しいと感じる時期があるかもしれません。
スポンサーリンク

会社をリストラされたとき、試験に落ちたとき、大切な人を失ったときほか、落ち込んでしまうのはごく自然なことであると思います。

ただ、そんな苦しい時期をどのように捉えるかで、その後の人生が大きく変わってくるように思います。

一番避けたいのは、苦しい時期において起きる出来事をすべて否定的に考えてしまうことではないかと思います。

「私は運がなかった」「社会が悪い」などと否定的に物事を考えて終わってしまえば、そこから導かれるのは、恨みや不満でしかありません。

そんなすべてを否定する日々が常態化してしまえば、泥沼にはまり込んでしまい負の連鎖から抜け出ることができなくなってしまいます。
スポンサーリンク

そのようにならないためにはどうすればよいのでしょうか?

» 

心身ともにいつまでも若々しい気力を保つには

a0790_001009.jpg

「病は気から」といいますが、人間が心身共に健康で幸せな生活を送るためには「気力」が重要だと思います
スポンサーリンク

「気力」といえば、生きる喜びや夢がなくなった人は一気に老いていくといいます。一方、何歳になっても若々しくハツラツとしている人もいます。

そういった人々は自分の趣味や夢に燃えていたり、今を楽しむのがうまいことが多いです。

人間は、生きているなかで挫折や失敗を繰り返しますが、その度にどうしてもイライラしたり悲観的なことを考えたりしがちになります。

そうなると、その出来事に対する辛さに加え、そのネガティブな感情が潜在意識に記憶されて、ますます悪い出来事を引き寄せやすくなってしまいます。

その点を考えたとき、挫折や失敗をしたときに「辛い」「苦労した」「運がない」といったようなマイナスの言葉を簡単に口に出すのは考えものです。

それをプラスの言葉に置き換えてポジティブに考えることはできないか?とひと呼吸置いて考えるほうがよいのではないかと私は思います。
スポンサーリンク

例えば、入社試験で、第一志望の会社に不採用になったとします。

そんなとき、どうしても「不採用になってショックだ」といったネガティブな感情が先行しがちで気持ちは暗い方向に引っ張られていきます。

そんなとき、ひと呼吸置いてみるのです。

そして「本当に不採用になったという悪い結果でしかなかったのか?」と考えてみると良いと思います。

すると、その周辺では、プラスな出来事や感動的な出来事が意外なことにいろいろ起きていることに気づくものです。

» 

平凡に思える毎日を幸せな気持ちで送るために意識しておきたいこと

a0960_007940.jpg

「毎日が面白くなくて・・生きていてもつまらないことばかりです」

「平凡な人生すぎます。日々が憂鬱です」

そんな声をときどき耳にします。
スポンサーリンク

確かに、会社に通勤する日々や、家事を淡々とこなす毎日は、一見すると平凡でつまらないと映るかもしれません。

ただ、「毎日がつまらない」と思いんがら淡々と毎日を過ごすのは、非常にもったないことではないかなと思ったりもします。

なぜなら、その平凡であると思われがちな日々のなかにも、たくさんの素晴らしい出来事が起きているはずだからです。

また、「平凡だ」「つまらない」といったマイナス思考で物事を考えその感情のままに言葉を発していると、潜在意識がその感情を記憶して、ますます良くない出来事を引き寄せてしまうようになってしまうでしょう。

平凡な日常生活を送っているように見えても、少し意識して探してみると、さまざまな感動があちこちに転がっているように思えてならないのです。
スポンサーリンク

» 

発する言葉と幸せな人生の関係性

a0960_006067.jpg

人間の意識は、2重の構造に分かれているといわれています。顕在意識を潜在意識です。
スポンサーリンク

普段物事を考えたり判断したりする顕在意識に対して、潜在意識の存在は感じにくいですが、日常生活においてさまざまな出来事を起こす重要なキーになっていると考えられています。

潜在意識は、嬉しい、悲しい、腹が立つといった感情や言葉に反応して さまざまな出来事をもたらします。

もし潜在意識にポジティブな内容の記憶をさせれば、良い出来事を置きやすくなります。一方で、ネガティブな情報を記憶させてしまうと、良くない出来事が起きやすくなります。

その点を考えたとき、良い出来事や人を引き寄せようと思えば、潜在意識にポジティブな内容の情報を伝えてあげることが有効であるということになります。

辛いことがあったときは「しんどい」「最悪だ」といったマイナスの言葉を発するのではなく、ポジティブな言葉に置き換えて発するほうが良いということになります。
スポンサーリンク

例えば、仕事がきつくてしんどいなあと思ったとします。

» 

幸せな人生を送るための、日々の出来事に対する考え方

a0960_006085.jpg

「言霊」という言葉がありますが、人生に「言葉」がとても大切だと思います。

私たちは仕事や家庭などで日々さまざまな出来事と遭遇します。時には嬉しい出来事もあるでしょうが、それだけとは限らないのが人生というもの。

時には悲しいことや腹が立つこと、むしゃくしゃすることもあるかもしれません。
スポンサーリンク

そういったとき、皆さまはどのような言葉を発しているでしょうか?

ちなみに私が日々心がけているのは、極力、「プラスな言葉を発する」こと。そして、もし否定的な言葉を発しそうになったら、ぐっと感情を抑えて、プラス思考の言葉に置きかえることを日々行っています。

なぜなら、プラスな言葉を発していると、良い出来事が起きやすいと今までの人生経験から感じるからです。

「素敵ですね」「ありがとう」「感謝しています」 そういったプラスの言葉をできるだけ多く発していると、本当に良い出来事や人が次々とやってくると体感的に感じるのです。

一方で、「つまらない」「足りない」「しんどい」といった否定的な言葉を発していると、不思議なことに良くない出来事がつづき、努力しても思い通りにことが運ばないことが多かったです。

それは、言葉によって、その感情を潜在意識が記憶し、その実現に向けて心身がフル稼働するからだと思います。
スポンサーリンク

» 

人生における喜びを得ていくために意識しておきたいこと

a0731_000764.jpg

人生における大きな喜びとはどこから得られるのでしょうか?

それは、人によって違っているでしょうが、私は「他人のために役に立って喜ばれたとき」ではないかと考えています。
スポンサーリンク

現代の社会では、インターネットの発達などから、人間関係が希薄化しています。

その結果、自分さえ良ければよいと考えたり、数字上の成果を出せばそれでいいといった、自分よがりな考え方がひと昔前より広がったように感じます。

機械のようでどこか人間味のない場面がひと昔前より増えたといいますか。

その風潮は、経済活動から考えると決して悪いことであるとまではいえませんが、個々は何かを成し遂げてもどこか空しさが残り、人生における大きな喜びを得られるとはいえない状況であると思います。

そこあたり、若者たちが生きがいをなくしていたり、将来やりたいことがないという状況につながっているのかもしれません。
スポンサーリンク

» 

ひとり旅のすすめ
心が疲れたとき、ひとり旅にでかけるというのも疲れを解消する手段のひとつだと思います。見知らぬ土地に行って郷土の味覚を探したり温泉でのんびりしたり。あるいは小さい頃に住んでいた懐かしいまちや修学旅行に訪れた観光地に訪れるというのもよいかもしれません。

普段の環境から少し抜け出てみることで、視野が広がり、今まで見えなかったことが見えてきたり、新しいアイデアが思い浮かんできて、前向きなエネルギーが湧いてくることも多くあるものですよ。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    失敗つづきだったり緊張を強いられる場面に遭遇したら、人は不安を感じやすくなります。ただ、心の不安は、少し視点を変えてみるだけで解消できることもあるものです。 「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「自分に自信を持つ方法」など「心」をテーマにした記事を書いています。皆様が明るく幸せな日々を送るための参考資料のひとつになれば幸いです

    お問い合わせ

    タグクラウド
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます