社会問題について考えるのカテゴリ記事一覧

人間関係では相手の心理を分析したり視点を変えて事象を考えると心の悩みが解消することも

スポンサーリンク

人生にはさまざまな出来事があります。時にはうまくいかないこともあることでしょう。ただそのようななかでも、ひとつでも多くの感動を探し積み重ねていければよいですね

カテゴリ:社会問題について考える

社会問題について考えるのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました

社会問題について考える
近年、日本では自己評価が低い若者が多いとしばしば耳にします。そこあたりはデータにもしっかりあらわれています。例えば、2014年内閣府が発表した「我が国と諸外国の若…

記事を読む

社会問題について考える
 2014年に内閣府が公表した「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」によると、 先進国7か国における若者(対象:13〜29歳の男女)のなかで「自分に満足してい…

記事を読む

日本の若者が自己評価を高めるためにはどうすればよいか

近年、日本では自己評価が低い若者が多いとしばしば耳にします。
a1180_013385.jpg
そこあたりはデータにもしっかりあらわれています。例えば、2014年内閣府が発表した「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」によると「自分に満足している」と回答した若者(対象:13〜29才男女)の割合はアメリカが86%、イギリス83.1%などに対し、日本は45.8%と先進国においては最低の数値となっています。

また、世界保健機関資料より内閣府作成の、人口10万人あたり自殺者数(自殺率)では、若い世代(15〜34歳男女)における自殺率がイタリアが4.7%、英国が6.8%などに対し、日本は20%と先進7か国で最も高い数値を示しています。

それには、再チャレンジしにくい社会、経済的問題、勤務問題、など複合的な要素が背景にあるわけでしょうが、何か根本的に他国とは違う要因を日本社会は孕んでいると感じます。

日本では、ゆとり教育によって「個性」が重視された時代を経て、その後は再び「学力」が重視され近年はグローバル化教育も並行して進められています。学力を高め、国際的に通用する若者を育成することで、国力を高めるという意味では一定の効果は得られるのかもしれません。ただ、若者の自己評価を高め、真に豊かな社会をつくっていくためには、何かもっと根本的なものから変えていかないといけない気がします。

そもそも、日本の若者はどうして、自己評価が先進国のなかで飛びぬけて低いのでしょうか?その要因は、子供の頃から「失敗をしてはいけない」「ミスをしてはいけない」と教え込まれる上、他人と比較した評価が常になされる社会土壌にあるのではないかと私は考えます。

日本では、何かミスをしたら大変なことになります。会社では上司からネチネチ説教され、学校では周囲から白い目で見られます。また、電車が数分遅れただけで、たくさんの人がクレームを鉄道会社に入れます。

一方、海外はというと、全体として、あまり細かなことに気にしないおおらかな人が多いと感じます。もちろんそれは人によりけりですが、時間もアバウトで誰かがミスをしても、「まあ、なんとかなるさ」と笑い飛ばすくらいの明るさがあるような気がします。

確かに「ミスをしない」「失敗をしない」ということは大切ですし、それが裏返せば日本の良さでもあるのですが、あらゆる場面にその価値基準を適用しすぎると、息をしにくい社会になってしまうと思います。

人だけでなく、店、サービスなどを「数値化して評価する」というのも日本人は大好きです。また、そのその風潮は近年ますます高まっているように感じます。それはそれで一定の意味はあると思いますが、残念ながら、若者の自己評価の低さにつながる十分要素をはらんでいると私は思います。


例えば、「お客様満足度○○%以上の△△」といった広告がまちなかやネット上にあふれています。サービスを受けるお客からすると、そのように数値化されている価値基準はわかりやすいですし、サービスを選択する基準としてその場面では意味があるとは思います。しかし、それならば、お客様満足度○○%以下の△△は、価値がないのか?というとそうではないと思います。数値にはあらわれなかった魅力があるかもしれませんし、それは人の好みによって上下するはずです。それを「ああ、あの△△はお客様満足度○○点未満だから価値がないですね」と単純に評価してしまっていいのか?というのが問題なのです。そのように単純に数値で評価するのは今の日本の縮図のような気がしてならないのです。

また、あるサービス業界では、お客にアンケートを実施し、スタッフに対する満足度を、5段階で評価するといったことのも一般的になっています。確かに、全体を底上げするという観点からすると、ひどいスタッフを排除できるなど一定の意味はあるかもしれません。しかし、人間を初対面に近い人間が数字で評価してしまうというのは、あってよいものなのか、ややひっかかるものがあります。なぜなら、評価される側からすると、無意識のうちに、他人と自分を比較するという思考を余儀なくされてしまうからです。評価する側も、そのスタッフに関するマイナスなことも敢えて思い出さざるをえないので、気分のよい作業ではないと思います。

他者に比べて勝っていなければ社会から評価されないという土壌においては、人間は、自己評価を高めていくことは難しいのではないかと思います。

また、現状で平均以上の数字を出せる人でも、上には上がいるわけですし、いつしか実際の自分では、他人から受け入れてもらえないのではないかと思うようになり、自己を過小評価するようになっていきます。そうなると、他人に少しでも勝る状況をつくるために無理に背伸びをしたり、他人を蹴落としてでも自分がのし上がるという発想が生まれてくるわけです。そうなると、人間関係はギスギスしたものになり社会全体は暗いムードになってしまいます。

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク
心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

日本の若者の自己評価が低い原因は何なのか?

 2014年に内閣府が公表した「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」によると、 先進国7か国における若者(対象:13〜29歳の男女)のなかで「自分に満足している」と回答した割合は以下のような結果になったそうです
a1180_009387.jpg
1位 86.0% アメリカ
2位 83.1% イギリス
3位 82.7% フランス
4位 80.9% ドイツ
5位 74.4% スウェーデン
6位 71.5% 韓国
7位 45.8% 日本

 日本はダントツで最下位という結果になってしまいました・・。何をもって「満足しているか」と考えるかは国によって歴史や文化の違いもあるわけですが、この歴然とした差は非常に深刻だと捉えたほうがよさそうです。いずれにしても、日本では半数以上の若者が自分に満足していないというわけですから・・。

 日本の若者は、なぜ自己評価がここまで低いのでしょうか?

 それは、日本の文化がつくりだした「異質なものは排除する」という特質に起因するのないかと考えます。その傾向が強いがために、常に他人と自分を比較せねばならず、窮屈な生き方をせざるを得なくなってしまうのです。

 日本では学校教育において偏差値や点数が重視されます。数値を算出するのは他国でも同じかもしれませんが、「〜さんと比べて〜」、「みんなの平均と比べて〜」という風に、他人との比較に過度に神経を使うのは日本だけではないでしょうか。

 確かに、偏差値や点数付けによって客観的に自身の学力やポジションが把握でき、それをバネにより努力をする若者がでてくるメリットはあります。しかし、問題はそれが全員ではないことです。途中で投げ出したり諦めてしまう若者も少なくないわけです。また、競争の場に残っている若者も、とりわけ前向きな理由があるというより「皆と歩調を合わせていなければ つまはじきに遭うかもしれないので」と追われるような動機で物事に取り組んでいることが少なくありません。

 いわゆる「落ちこぼれ」になってしまうと、日本では周囲からの風当たりが非常にきつくなります。「君は落ちこぼれの屑だ」とレッテルを貼られ、世間からも白い目で見られてしまいます。周囲から厳しい対応をされる日々がつづくと、「自分は価値がない人間なんだ」「生きる値打ちのない人間なんだ」と子供たちは自然と感じるようになってしまうわけです。いわゆる自信喪失です。

 そのような状況にならないよう、日本の若者たちは「普通以上にならなけばいけない」「落ちこぼれないようにしないといけない」という心理を働かせ 他人と比較した現在のポジションを病的までに確認するようになります。他人と同じだったら「ああ、みんなと同じで良かった〜」と安心し、もし違っていたら「みんなと違ってる。どうしよう・・もう終わりだ・・」と落胆します。そこには「みんなこうだから 自分も〜すべき」という心理が働いているのです。

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク
心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。
スポンサーリンク
心の悩みを抱えていても、少し視点を変えることで解消されたり、むしろエネルギーになったりすることもあります。状況を変えるために一歩踏み出してみることで、物事が展開し視界が大きく開けてくることもあります。

成果を積み上げていくことも大切である一方、心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

楽天市場

心身共に健康的に明るく生きていくことが人間にとって大切です
カテゴリ
はじめに
当ブログでは、「心」をテーマにした記事を日々書いています。例えば、「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「視点を変えて元気になる考え方」、「自分に自信を持つ方法」などなど。何かと理不尽なことも多く生きにくい現代社会。記事を通して、皆さまが明るく幸せな日々を送るための一助になれば幸いです。

■井上晴雄(いのうえはるお/HARUO INOUE) 大阪府堺市生まれ。フリーライター、画家として活動 メール送信

(関連サイト)
井上晴雄 絵画作品〜日本の旅

自分に自信を持つ方法を考えるサイト

最近の記事
タグクラウド
黒豆ラングドシャ

・・黒豆粉をまぶしたビスケット風の生地にミルクチョコレートをサンド。ティータイムにぴったりのやさしく香ばしい味わいです。

>>全国のお土産・手土産大集合!黒豆ラングドシャ(16枚)
Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます