近年、パワハラが深刻な社会問題になっています。パワハラは少し前の時代では、上司の部下に対する指導の一環にすぎないと軽くとらえられてきました。しかし、近年は被害を受けた部下が自殺をするケースも増え、深刻な問題であるとしばしばニュースでもクローズアップされています。

パワハラは簡単にいうと、上司が職権を利用して部下に心身の苦痛を与えることです ただ、どこまでが指導でどこまでがパワハラかはなかなか判断するのが難しいのが現状です。ちなみに、厚生労働省は、2012年、パワハラを以下のように定義しています
a0960_005421.jpg
        
厚生労働省による「パワハラ」の定義

「職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。 上司から部下に行われるものだけでなく、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して様々な優位性を背景に行われるものも含まれる」 

厚生労働省の定義によると、パワハラは上司から部下に対して行うというだけではなく、部下から上司に
対してのケースもあるようですね。ただ、それはレアなケースだと思いますので、当ブログでは、パワハラは上司が部下に対して行うものだというスタンスで書いています。

厚生労働書は、パワハラの定義を示した同年、パワハラの典型例や類型についても下記に示しています。

パワハラの典型例/類型(厚生労働省)

・暴行・傷害(身体的な攻撃)
・脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言(精神的な攻撃)
・隔離・仲間外し・無視(人間関係からの切り離し)
・業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害(過大な要求)
・業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと
(過小な要求)
・私的なことに過度に立ち入ること(個の侵害)
・公開叱責(多数の面前での叱責)、人格否定」
・感情を丸出しにするモンスター上司、給料泥棒呼ばわりする」
・退職勧奨や脅し」
・無視の命令」
・困難な仕事を与えて低評価にする、過剰なノルマ」
・パワハラの訴えを聞き流す」                          以上 
             
パワハラが社会的な問題となり厚生労働省が重い腰をあげてパワハラを問題視するまで、パワハラはなかなか表面化しませんでした。なぜなら、パワハラの多くは、会社という密室で行われるもので証拠が残らないからです。また、パワハラを受けた部下は 会社員の一員である以上、もしその事実を外部に暴露すれば、会社内での立場を失ってしまい生活が崩壊してしまうというリスクがあったのです。

ですから、パワハラが起きても、日本企業の多くは「パワハラを受けたほうが悪い」ということで部下が会社を自主退職し、問題解決という状態になってしまっていたのです。もし表面化したとしても、パワハラをした上司は「愛のムチのつもりだった」「冗談のつもりだった」といった具合で言い訳をして罪に問われず、一方 パワハラを受けた部下は「出来の悪い部下だった」「根性のないダメ人間だった」と非難され退職を余儀なくされていたのです。

しかし、会社におけるパワハラの現場は壮絶です。パワハラをする上司は、「指導」という名目をふりかざし、部下を平気で怒鳴りつけます。人格を否定する暴言や罵声を浴びせ、心身に苦痛を与えつづけているのです。ときには、皆の前で大声で怒鳴りつけるパワハラ上司もいます。部下が本当に仕事で甚大なミスをしたならば仕方のない面はあるかもしれませんし、本当に指導の一環として怒鳴っている上司もいるわけですが、パワハラ社員が粗探しをして、憂さ晴らしをしている上司もすくなくありません。そこでは、弱い立場の人間をいじめることで精神的な優越感を得るというねじ曲がった精神構造が根底にあるのです。

ですから、部下の性格が真面目であれば真面目であるほど、部下はパワハラ上司の暴言を聞き流すことができず、どんどん窮地に追い詰められていきます それがエスカレートしたら自殺という結末に至ってしまうのです。

 パワハラを受けた部下は、まさに踏んだり蹴ったりというわけです。毎日のように行き来する職場が地獄と化してしまえば、苦労して入社した会社であっても、仕事への意欲がなくなってしまうわけですし。それだけではなく、パワハラ上司は、横のつながりを利用して、どんどん部下を追い詰めていきます。そうすることで、自身のつまらぬプライドを保っているからです。結果的に、パワハラを受けた部下は心身ともにボロボロになり、イジメや仲間はずれに遭い、退職を余儀なくされるというわけです。

そして退職後も大変です。パワハラが原因でうつ病やPTSDなど精神疾患を患うケースが少なくないからです。対人関係が怖くなって何年も引きこもり社会復帰が難しくなるケースも多くあると聞きます。ですから、私たちは、嫌な上司からパワハラを受けてもうまく対処できるよう、精神バランスを保てるよう、平素から、パワハラから自身の身を守る術や対処法を身につけておかねばならないのです。 (PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク
心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。