人間関係を良くするヒントのカテゴリ記事一覧

スポンサーリンク

  • ホーム
  • »
  • 人間関係を良くするヒント

カテゴリ:人間関係を良くするヒント

人間関係を良くするヒントのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a1710_000005.jpg個..

人間関係を良くするヒント
個人差はあるでしょうが、新入社員としてこれから会社に勤める方は、入社する会社にうまく溶け込むかどうか不安に思っている人が少なくないと思います。なぜなら、慣れな…

記事を読む

a0960_005655.jpg会..

人間関係を良くするヒント
会社に行けば、さまざまな性格の人間がいます。もちろん自分と合う人もたくさんいるでしょうが、神経質な社員、高圧的な上司、悪口ばかり言う後輩など、嫌悪感を感じるよ…

記事を読む

a0960_006058.jpg「..

人間関係を良くするヒント
「自分は何の才能も取り柄のない人間です・・」「私は学歴もお金もない取るに足らない男でして・・」そのように自分を卑下して自己紹介する人を時々見かけます。スポンサ…

記事を読む

a1180_015962.jpg幸..

人間関係を良くするヒント
幸せな日々を送っていくのに円滑な人間関係が有効であることは言うまでもないことです。スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" …

記事を読む

a0960_005882.jpg ..

人間関係を良くするヒント
 人間誰しも、嫌いな人が何人かはいるかと思います。いつも叱ってくる上司であったり、嫌味っぽい同僚だったり、あるいは肉親だったりするかもしれません。または、特に…

記事を読む

a0960_008325.jpgあ..

人間関係を良くするヒント
あなたの会社には、どんな人がいるでしょうか?一緒にいて居心地よい人、なぜか苦手な人・・いろいろなタイプの人がいるかもしれません。スポンサーリンク style="di…

記事を読む

a0001_018016.jpg ..

人間関係を良くするヒント
 「他人から好かれたいなあ」そう思う人は多いと思います。 他人から好かれるために必須であること、それは、「自分を好きになること」だと私は思います。スポンサーリ…

記事を読む

新入社員が会社で人間関係をうまく構築するために重要な2つのこと

a1710_000005.jpg
個人差はあるでしょうが、新入社員としてこれから会社に勤める方は、入社する会社にうまく溶け込むかどうか不安に思っている人が少なくないと思います。

なぜなら、慣れない環境は不確定な要素が多いですし、その環境にうまく溶け込めるか否かで、その後の人生が大きく変わってくると考えても過言ではないからです。
スポンサーリンク

せっかく厳しい入社試験を勝ち抜いて入社した会社であっても、新入社員の中には数週間、早くて数日で会社を去ってしまう人も少なくないようです。

他にしたい仕事が見つかったなど前向きな理由ならばよいですが、単に「会社になじめなかった」といった理由ならば勿体ないとも感じます。

新入社員が会社でうまく溶け込めるか否かで最も重要なのは、入社後の数か月をどのような気持ちで過ごしよりよい人間関係を築くかだと思います。スタートダッシュが何より肝心なのです。

環境が変われば人間はネガティブ思考に陥りがち

学生時代が終わり、いざ社会人になると環境ががらりと変わります。

すると、いくつかの越えなければいけないハードルが立ちはだかります。まずは研修を通して仕事内容を1から覚えなければならないというハードルがあります。

新しい知識を学んでそれを慣れない状態で実践するというのは緊張を強いられるものですし、ミスや失敗を経験しやすい期間だったりします。

そして、最大のハードルといえるのは「人間関係の構築」です。

初対面の人々に囲まれて一から人間関係をつくるというのは多大なエネルギーを要すものです。

また、穏やかな先輩・上司ばかりだったらいいのですが、なかなかそうはいかないのが会社というもの。中には厳しい先輩、高圧的な上司も混じっていると考えてよいでしょう。

そうなると、そういった上司や先輩の顔色をうかがいながら、慣れない作業をこなしていくというのは、極度の緊張を強いられることはまぬがれないでしょう。

そうなると、

「ミスをしたらどうしよう・・」
「嫌われたらどうしよう・・」
「あの先輩怖そうだから避けよう・・」

などどうしても気持ちが後退してしまいがちになります。

そういったネガティブな気持ちで心が覆われてしまうと「この会社 自分と合わないな」「この仕事に自分は向いていないのではないか」という風に悩みこんでしまう新入社員の人も出てくるわけです。

» 

 タグ

円滑な人間関係を構築するには自他の長所を探すことが重要

a0960_005655.jpg

会社に行けば、さまざまな性格の人間がいます。

もちろん自分と合う人もたくさんいるでしょうが、神経質な社員、高圧的な上司、悪口ばかり言う後輩など、嫌悪感を感じるような社員もなかにはいるかもしれません。
スポンサーリンク

といっても、会社で行う仕事は、基本的にチームプレーです。嫌でも顔を合わせなければなりませんし、上司からの指示には基本的に嫌でも従うということになります。

会社はその場から逃げることができないため、苦手な人に対して、人間は無意識のうちに精神的なバリアを張って対策を立てようとします。

といっても、「高圧的な人にはこういったことを注意する」「神経質な人にはこの点に気をつける」など、それぞれ個別に対策を立てていてはキリがありませんし、それでは苦手な人と会うたびに神経をすり減らしてしまいます。
スポンサーリンク

では、あまりあれこれ考えずに円滑な人間関係を構築するにはどうすればよいのでしょうか?

それはとてもシンプルなことですが、他人の「良い面」に目を向けることを意識することです。

というのは、人間は自分にとって嫌な面を持っている人について、その嫌な部分を拡大解釈して捉えてしまいます。

それは脳の機能でもあり防衛本能でもわけですが、異質なものの脅威から身を守るために、その対象をズームレンズのようにクローズアップして問題認識をするのです。

例えば、毎日のように細かいことで恫喝してくる高圧的な上司が社内にいるとします。

すると、その上司については「高圧的な上司」という要素がクローズアップされ、その脅威から身を守るための手段について脳がフル稼働して導き出そうとします。

しかし、それは受け身であり、マイナスな部分を減らそうとする非積極的な行動にすぎません。

» 

欠点にある程度目をつぶり、自分を自分で褒めることが重要な理由

a0960_006058.jpg

「自分は何の才能も取り柄のない人間です・・」
「私は学歴もお金もない取るに足らない男でして・・」

そのように自分を卑下して自己紹介する人を時々見かけます。
スポンサーリンク

一見すると、謙虚な姿勢にも見えますが、実際のところそうではないような気がします。大抵は心に不満や怒りを秘めており、実際の生活でも幸福感を感じていない人であるように思うのです。

なぜ彼らが、自己紹介をするときに自分を必要以上に卑下するかというと、自分の不足している点に真っ先に目が行くのが習慣化しているからだと思います。

確かに、自分の欠点を探して分析し、それを克服することは自身を向上させるためにも重要なことだと思います。

しかし、社会に出ると克服しようと努力してもうまく成果が出ないことや理不尽なこともたくさんあるものです。

そういった社会においてあまり悪い部分に目を向けてしまうと、その原因を自分自身の能力の無さや運の悪さにあると思い込み、「自分はダメな人間だ」とますます思い悩んでしまいます。

おそらく自分の欠点に真っ先に目にいく人は、真面目で責任感が強い人なのだと思います。

そして「苦手な科目は克服しなさい」と学校で教えられた通りのことを社会に出てからも忠実に実行しているのでしょう。

しかし、どんなに能力が高く万能だと思われる人間でも、得意なこと、不得意なことが社会に出るといろいろ出てきます。

例えば、営業成績トップのサラリーマンが、育児が得意かというとそうとは限りません。

顧客に巧みな話術で契約までもっていく能力に長けていたとしても、言葉の分からない赤ん坊に対しては、そういったスキルは一切通用しないわけです。

また、同僚や部下から信望を得ようと思えば、単に仕事を完璧にこなしたら叶えられるかといえばそうとも限りません。

他者をいたわる人間的な魅力であったり、周囲をまとめるリーダーシップであったりと、数字であらわせない要素も関わってくるものです。

学校の勉強ならば、テストに出題される範囲が決まっているだけに、努力をして知識を詰め込めば欠点を克服できるかもしれません。

しかし、社会に出ると、それぞれの人生に対応した教科書がなく、解答があらかじめ決まっているものでないので、同じように取り組もうにも限界があるわけです。

つまり、自分の欠点を探して発見次第、努力して克服するというスタイルではキリがないのです。次から次へと克服すべき課題がでてきていくら時間があっても足らなくなるからです。

その点を考えたとき、自分の欠点に真っ先に焦点を当て過度に思い悩むことは、時間の浪費になる可能性が極めて高いといっても過言ではないと思います。
スポンサーリンク

» 

円滑な人間関係を築くために重要なこと

a1180_015962.jpg

幸せな日々を送っていくのに円滑な人間関係が有効であることは言うまでもないことです。
スポンサーリンク

ただ、会社で、人間関係がうまくいかず、ストレスを抱えていたり、それが原因で会社を辞めてしまったり・・と世間では後を絶ちません。

円滑な人間関係を築くうえで、とても重要なのは、相手の長所を見つけて褒めることだと思います。

そこでは単にお世辞で褒めるのではなく、相手の素晴らしいポイントを探して、本心から褒めるのがポイントです。

「いつも一生懸命頑張っておられますね」

「いつも服装のセンスが良いですね」

「あなたがいるお蔭で場が明るく和みます」

ほか、相手の魅力や長所を探して本心から感心して褒めるのです。
スポンサーリンク

では本心から他人を褒めるために必要なことは何でしょうか?

» 

嫌いな相手と打ち解ける方法

a0960_005882.jpg

 人間誰しも、嫌いな人が何人かはいるかと思います。

いつも叱ってくる上司であったり、嫌味っぽい同僚だったり、あるいは肉親だったりするかもしれません。または、特に理由はないけれど何となく嫌いという相手もいるかもしれません。
スポンサーリンク

 嫌いな相手と会社オフィッスや廊下でばったりと会ったとき、私たちは、その相手に対する「嫌い」という感情が無意識のうちに湧き上がってきます。

 その「嫌い」という感情をうまくセーブできるならまだよいですが、人によっては睨んだり無視するなど明らかに行動にあらわしてしまう人もいることでしょう。

 誰かを嫌悪する負の感情は、不思議なことに相手にダリレクトに伝わるものです。

つまり、こちらがその相手のことを嫌えば嫌うほど、相手もさらに嫌ってくるという悪循環が生まれてしまうのです。

 その悪循環を食い止め、嫌いな相手と打ち解ける方法がもしあるとすれば、それは、「嫌い」という感情を自分自身の潜在意識のなかから取り去ってあげることからはじめなければなりません。

 潜在意識のなかにその負の感情が組み込まれてしまっている以上、その相手を目にする瞬間、「あの人を嫌い」と脳が判断してしまうからです。
スポンサーリンク

 ならば、どうすれば「嫌い」という負の感情を潜在意識のなかから取り去ることができるかというと、それは「相手の幸せを願う」習慣をつけることです。

嫌いな相手の幸せを願うなど、抵抗がある方も多いと思いますが、これは意外と効果があります。

最初のうちは抵抗があってなかなか実践できなくても、それを日頃から行うことで習慣化し、何らかの変化が起きてくるものです。

ちなみに、私の知り合いは、それを実践することで ある日、苦手な相手が向こうから気さくに話しかけてきたといいます。

そしてそれからは、一緒に飲みにいくまでに仲良くなったのだとか。

 それは、潜在意識からその相手に対する「嫌い」という感情が消え去ったことで、それが自ずと相手にも伝わったからだと思います。

数年後、嫌いだった相手が予想外にも信頼できる親友になっているかもしれません。一度お試しあれ

会社という組織には、好きな人、苦手な人がいて当然

a0960_008325.jpg

あなたの会社には、どんな人がいるでしょうか?一緒にいて居心地よい人、なぜか苦手な人・・いろいろなタイプの人がいるかもしれません。
スポンサーリンク

人間の好き嫌いは、それに明らかな理由がある場合もありますが、何となく好き/嫌いというケースも多いのではないでしょうか。

例えば「あの上司はぶっきらぼうでなんとなく苦手だな」とか「あの先輩は朗らかな感じだから好感が持てるな」など。

なぜそうなるかというと、人の好き嫌いは、理屈というより、過去の人生経験に基づいた感情による部分が大きいからです。

笑顔が多い人から過去にかわいがられた経験がある人は、にこやかなの社員を見ると無条件に親しみを感じます。

一方で、笑顔が多い人から過去にだまされた経験のある人は、信用できない奴だとみなし苦手意識を持ちます。
スポンサーリンク

会社において難しいのは人間関係です。

それをより良くしていくことは良い仕事をしていくうえで重要なことです。

ただ、「全員から好かれなければならない」という思いすぎると、会社という組織に幻滅して、毎日が辛いということになってしまいかねません。

» 

他人に好かれ人間関係をより良くする方法

a0001_018016.jpg

 「他人から好かれたいなあ」そう思う人は多いと思います。

 他人から好かれるために必須であること、それは、「自分を好きになること」だと私は思います。
スポンサーリンク

 自分自身のことを好きでない人々は、大抵、自己に対して否定的な表現をしがちで、他人に対しても否定的な言葉で表現することが多いです。

 なぜ自分を嫌いな人がそのような否定的な言葉を発してしまいがちなのかというと、自分自身の長所や魅力を発見し認識することができていない状態にあるからだと思います。

普段から自分の欠点ばかり意識してはそれを卑下しているからこそ、他人と接しても、他人の長所や魅力を発見することができず、欠点ばかり探してしまうのです。

 そして「あなたは○○が足りていないよね」「君は最低だよ」みたいに他人に対して厳しい言葉が自然と出てしまうのです。

そのように他人に対して厳しく接する人が好かれるわけありません。

 他人に好かれるためには、まず「自分を好きになること」。そこでは、他人と比べて優れているかどうかでなく、自分自身を無償の愛で包むことが必要だと思います。

 自分を好きになるためには、2つのポイントがあります。
スポンサーリンク

» 

ひとり旅のすすめ
心が疲れたとき、ひとり旅にでかけるというのも疲れを解消する手段のひとつだと思います。見知らぬ土地に行って郷土の味覚を探したり温泉でのんびりしたり。あるいは小さい頃に住んでいた懐かしいまちや修学旅行に訪れた観光地に訪れるというのもよいかもしれません。

普段の環境から少し抜け出てみることで、視野が広がり、今まで見えなかったことが見えてきたり、新しいアイデアが思い浮かんできて、前向きなエネルギーが湧いてくることも多くあるものですよ。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    失敗つづきだったり緊張を強いられる場面に遭遇したら、人は不安を感じやすくなります。ただ、心の不安は、少し視点を変えてみるだけで解消できることもあるものです。 「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「自分に自信を持つ方法」など「心」をテーマにした記事を書いています。皆様が明るく幸せな日々を送るための参考資料のひとつになれば幸いです

    お問い合わせ

    タグクラウド
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます