スポンサーリンク

仕事の選び方のカテゴリ記事一覧

カテゴリ:仕事の選び方

仕事の選び方のカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a0960_006064.jpg「..

仕事の選び方
「会社での仕事が面白くないのですが・・」といった悩みをしばしば耳にします。スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-…

記事を読む

a0070_000076.jpg小..

仕事の選び方
小さい頃は目を輝かせて物事に取り組んでいたのに、大人になるに従って、なぜか感動を失っていく人が多い気がします。それは、何か行動をする際の動機が、身に着いた知識…

記事を読む

a0960_006036.jpg ..

仕事の選び方
 学生時代は勉強をしてテストで良い点数を取ることを求められる機会が多かったかもしれません。スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:…

記事を読む

a0790_001009.jpg就..

仕事の選び方
就職活動を控えている人や、転職を考えている人から「自分はどんな会社に入社すればいいですかね?」と聞かれることがあります。スポンサーリンク style="display:in…

記事を読む

a0960_008327.jpg就..

仕事の選び方
就職や転職、進学などの機会に「仕事」についていろいろ考えている人は多いと思います。「どんな会社に就こうかな?」「この仕事は将来性があるかな?」など・・スポンサ…

記事を読む

職場環境や仕事内容に不平不満を抱いたときの考え方

a0960_006064.jpg

「会社での仕事が面白くないのですが・・」といった悩みをしばしば耳にします。
スポンサーリンク

確かに、仕事というものは面白くないことも少なくないと思います。

なぜなら、仕事は人のニーズがあってこそ発生するものであり、自分のしたいことが、他人の求めているものと一致すると限らないからです。

むしろ、一致することが稀であり、ほとんどの人は自分の願望とは関係がないところで我慢しながら仕事をこなしています。

興味の湧かない仕事内容を、修行僧のように歯を食いしばりこなしていくのは非常に辛いことだと思います。それではストレスが溜まってしまい心身のバランスも崩してしまうでしょう。

しかし、だからといって、仕事内容が面白くないという理由で職場を簡単に辞めてもなかなかうまくいかないのが現実的なところだと思います。

というのは、そういった動機で会社を辞めた人は、次の職場でも、やはり不平不満を抱き「こんなはずではなかった・・」と嘆いているケースが多いからです。

そういった事例をふまえたとき、人が会社での仕事を楽しくやっていくには、単に仕事環境を変えるだけではなく、本人の心の持ちようも変えなければならない気がしてなりません。

つまり、職場環境や仕事内容に対する捉えかたを変える必要があるのです。

おそらく、職場や仕事内容に不満を抱いて職を転々とする人は、何か嫌悪する部分がひとつでもあれば その感情を引きずってしまいうのだと思います。

そしてその不満をクローズアップして捉えてしまい、心がネガティブな方向に展開してしまうのでしょう。そこでは、不幸なことに、その職場の良い面が全く見えない状況になってしまっているのだと思われます。
スポンサーリンク

では、どのようにすれば、職場の良い面も捉えることができるのでしょうか?

» 

どのようなことを考えて進路や職を選択すべきか

a0070_000076.jpg

小さい頃は目を輝かせて物事に取り組んでいたのに、大人になるに従って、なぜか感動を失っていく人が多い気がします。

それは、何か行動をする際の動機が、身に着いた知識に影響され変化していくためだと思います。

スポンサーリンク

子供の頃は、自分の気持ちを最優先して物事に取り組んでいたのが、知識の蓄積ともに、次第に世間の価値観に依存して行動を選択するようになってしまうといった具合に・・。

進学、就職と節目があるごとに、いろいろな大人が自分の価値観を押し付けてくるというのも「世間の価値観」の事例のひとつです。

身近な大人は、子供に良い人生を送って欲しいという気持ちからさまざまなアドバイスをするわけですが、それは子供にとっては、逆に毒になってしまうことも少なくありません。

例えば、子供に公務員になって欲しいと願う親はその給料の安定度を子供が得たら幸せになってくれるものだと信じ込んでいることが少なくありません。

本当は公務員という仕事の内容が子供の適性に合うかどうかが何より重要なのに、それには目を向けていないケースが多々あるわけです。

あるいは、子供に医者になって欲しいと願う親が多いのもよく聞く話です。

親の期待に応えていざ医学部に入ったものの、血を見るのが苦手で、人と接するのも苦手という医学生がいるという話もしばしば話題になったりします。

仮に社会的ステイタスは得られたとしても本人の希望と乖離した進路を選んでしまったら、本人は楽しくない日々を送らざるを得ませんし、成果を挙げられず自己嫌悪に陥ってしまいかねません。

そのような日々が重なればストレスが溜まり心身ともに疲弊していくことでしょう。
スポンサーリンク

» 

 カテゴリ

学生の「勉強」と社会人の「仕事」の求められるものの違いとは

a0960_006036.jpg

 学生時代は勉強をしてテストで良い点数を取ることを求められる機会が多かったかもしれません。
スポンサーリンク

ですから、受験勉強に時間を割いた人に限って、「テストで良い点数をとろう」、「他に負けないようにしよう」などと社会人になってからも考えがちです。しかし、その結果、行き詰ってしまうケースも少なくないようです。

 良い仕事をする上で、競争に打ち勝つということは重要な要素だとは思います。

ただ、仕事を学生時代の勉強の延長だと考えてしまうと、周囲に溶け込めず孤立してしまったり、長続きしなかったりすることが出てくるのではないかと思います。

 なぜなら、学生時代の勉強は自分一人のワンマンプレーであるのに対し、仕事は基本的に他者とのチームプレーであるからです。
スポンサーリンク

 学生時代では、「本人の努力」が第一に求められていましたが、仕事ではそれに加えて 人間関係の構築など数字であらわせないことも求められます。

 言い換えれば、学生時代の勉強は自分自身のことだけ考えればよいのに対し、仕事の場合、自分自身のことだけでなく部署や会社全体のことも並行して考えなければなかなかうまくいかないような気がします。

 「自分のために何ができるか」「会社のために何ができるか」そして、できれば「社会のために何ができるか」を日頃から意識的に考えることが、仕事にやりがいと喜びを見出していくために重要ではないかと思います。

どのように会社選びをするのが本人にとって良いか?

a0790_001009.jpg

就職活動を控えている人や、転職を考えている人から「自分はどんな会社に入社すればいいですかね?」と聞かれることがあります。
スポンサーリンク

そんなとき私が質問するのは「将来したいことは何ですか?」というものです。

学生のなかには、就職雑誌の会社データを熱心に読んでいて、「○○社は人気就職先ランキングで上位らしい」「〇〇社は株価が上昇中で将来性がありそう」など調べて就職先を決める人もいます

それは悪いことではありませんが、実際のところ、それらのデータをうのみにして就職先を選ぶとあまり良い結果はでないことが多いようです。

たとえば「〇〇社は業界最大手だから」という理由だけで何となく入社した人は、なかなか長続きすることがないそうです。

なぜなら、入社してみて、自分に合わない仕事だとわかったらそれだけで働く意欲は激減するからです。基本的に会社というのは時間的に拘束時間が長く厳しいものですし、働くよほどの理由がなければ、なかなかモチベーションを維持できないもの

もちろん大手の人気企業で安定している会社ならそれに越したことはありませんが、それより重要なのは「本人の適性」と「将来やりたいこととリンクしているか」だと思います。

それがその職場で働くモチベーションになりうるからです。

例えば、「将来は紀行文を書ける作家になりたい」という目標を持っている人がいるとします。

そういった人が、大手保険会社に入社しても、あまり良い結果にはならないような気がします。将来の目標とあまりリンクしていないからです。
スポンサーリンク

» 

 カテゴリ
 タグ

仕事選びには自分の適性を考えるのが重要だと思う理由

a0960_008327.jpg

就職や転職、進学などの機会に「仕事」についていろいろ考えている人は多いと思います。「どんな会社に就こうかな?」「この仕事は将来性があるかな?」など・・
スポンサーリンク

もし就きたいと思っている仕事がある場合、改めて確認しておきたいのは、周囲の人間の声にどの程度自分が影響を受けているかです。

というのは、周囲の人間の声というものは、仕事選びにおいて、ときには弊害になるからです。

確かに、親や学校の先生など周囲の人々はあなたに良い人生を歩んで欲しいと考えアドバイスしているわけですので、耳を傾ける価値はあります。

ただ、実際のところ「仕事」というのは、人によって向き不向きがあり 本人の「適性」によって左右される面が多いです。

例えば、インドアの人が営業をしても力を発揮できないでしょうし、整理整頓が苦手で大雑把な人が会計の仕事をしても良い結果はでないでしょう。

「努力をすれば得るものがある」「仕事とは過酷なもんだ」があるという意見もあると思います

ただ、周囲のアドバイスのままに向いていない仕事を間違って選んでしまうと、人生の浪費になってしまいかねないというのが現実のところだと思います。
スポンサーリンク

よくありがちですが「医者か弁護士になりなさい」と子供さんに期待する親御さんは今も昔も多いです。確かにいずれも給料が高く、社会的に重要な役割を果たしている素晴らしい仕事だとは思います。

ただ、親御さんがなぜ子供にそれらの仕事を勧めるのか理由を聞いてみると ほぼ全員が「給料が高くて社会的ステイタスが高いから」と述べます。

残念ながら、医者や弁護士という仕事が子供に向いているかどうかまで考えているケースは少ないです。

ですので、そういった親御さんの意見をうのみにしてしまった子供のなかには、本人の向き不向きが大学入学後にあらわれるというケースが多々あります。

たとえば、血を見るのが嫌いで実験のたびに吐き気をもよおす医学部学生や、六法全書を開くたびに蕁麻疹ができる法科大学院の生徒がいたりなど・・。

そういった子供は、そのまま親の期待に応えて医者や弁護士になれたとしても、幸せな人生を歩めるような気はしません。

あるいは、世間一般で話題になっていることにふりまわされるケースもあるかもしれません。

たとえば雑誌や新聞を読んでいると「今後の日本はロボット分野が成長産業だ」といった記事をよく見かけます。

確かにその通りなのですが、だからといって「これからはロボット産業が成長するから理工系の仕事に就こう」という発想は安易だと思います。

その分野での仕事を本当にしたいのか、ロボットに興味があるのか自身に問うことがまず必要だと思います。

要は、就きたい仕事や将来目指している仕事にワクワクする気持ちが多少なりともあるかどうかが重要だと思うのです。

» 

スポンサーリンク
心の悩みを抱えていても、少し視点を変えることで解消されたり、むしろエネルギーになったりすることもあります。状況を変えるために一歩踏み出してみることで、物事が展開し視界が大きく開けてくることもあります。

成果を積み上げていくことも大切である一方、心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

サイト内検索
スポンサーリンク

人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    当ブログでは、「心」をテーマにした記事を書いています。 例えば、「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「視点を変えて元気になる考え方」、「自分に自信を持つ方法」など。 何かと理不尽なことも多く生きにくい現代社会。これらの記事が、皆さまが明るく幸せな日々を送るための一助になれば幸いです。
    (関連サイト) ・・↑同じく心理系統のブログ。最近はこちらのブログにも新しい記事を更新しています。 ・・夕陽、夜景、農村ほか、絵と文で綴る「日本の旅風景」
    タグクラウド
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます