気持ちを楽にするヒントのカテゴリ記事一覧

スポンサーリンク

カテゴリ:気持ちを楽にするヒント

気持ちを楽にするヒントのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a0960_008193.jpg人..

気持ちを楽にするヒント
人生には何をやってもうまくいかない時期が誰しもあるかもしれません。入学試験で志望校に落ちたり、入社試験で不採用になったり、失恋したり、事業に失敗したり・・そし…

記事を読む

a0960_008250.jpg漠..

気持ちを楽にするヒント
漠然とした不安や恐怖を感じ、落ち込んでいる状態にあるときはありませんか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad…

記事を読む

a1380_000187.jpg日..

気持ちを楽にするヒント
日々の生活のなかで常に他人の目が気になって仕方のない方はおられませんか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad…

記事を読む

a0960_007950.jpg未..

気持ちを楽にするヒント
未来に対する不安や恐怖を感じる人は多くいると思います。なぜなら、未来は不確定要素が多く、何が起きるか誰にもわからないからです。未来に対して不安や恐怖を感じるこ…

記事を読む

IMG_3853.JPG何..

気持ちを楽にするヒント
何かに失敗して落ち込む時は、人間誰しもあると思います。そんなとき、それをバネにがんばれる人はよいのですが、自分の殻に閉じこもってくよくよ悩んでしまう人は負の連…

記事を読む

a0800_000108.jpg交..

気持ちを楽にするヒント
交流会のような人が集まる場に参加するとき、いつも不安で躊躇する人はおられませんか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" …

記事を読む

a0960_005882.jpg仕..

気持ちを楽にするヒント
仕事や遊びなどで、人と待ち合わせをする場面は多々あると思います。しかし、なかには、待ち合わせ時間になっても相手がその場に現れないというケースもあるかもしれませ…

記事を読む

a0960_005274.jpg職..

気持ちを楽にするヒント
職場や家庭などにおいて、なぜか後回しにしたくなる作業ってありませんか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-c…

記事を読む

a1180_009387.jpg「..

気持ちを楽にするヒント
「さっき、上司が目を合わせてくれなかった。自分は嫌われているのではないか?」「あの人は今日は機嫌がめっぽう悪い。自分の至らなさが原因ではないか?」そのように、…

記事を読む

a1180_015962.jpg ..

気持ちを楽にするヒント
 日々生活をするなかで何かの試練がやってきたとき「自分になんて無理だ・・」と絶望感に似た感情が湧いてきたことはありませんか?スポンサーリンク style="displa…

記事を読む

何をしてもダメなとき、その状況をポジティブにとらえるための考え方

a0960_008193.jpg

人生には何をやってもうまくいかない時期が誰しもあるかもしれません。

入学試験で志望校に落ちたり、入社試験で不採用になったり、失恋したり、事業に失敗したり・・

そして、大抵、良くない出来事は連鎖して起きるものです。
スポンサーリンク

うまくいかなくて落ち込んでいるときにカギって、追い打ちをかけるように不測の事態が起き、更に状況が悪化していくことが少なくありません。

神様というものは本当にひどいことをするものだなあと思いつつも、その負の連鎖が起きている状況から脱するのはたやすいことではありません。

何をやってもダメだと思う時、そんなときは、視野が狭まっていることがほとんどです。

目の前にある「うまくいかない状況」にばかり目がいっていて、その状況が自分の人生そのものだと拡大解釈して捉えてしまっているのです。

しかし、人生という長いスパンで考えたとき、大抵の失敗や挫折は、小さな起伏にすぎません。

たとえば、志望していた会社に不採用になったとしましょう。そのときはショックで、人生が灰色に見えるかもしれません。

しかし、就職活動を続けていれば違う会社と縁があるでしょう。

そしてその会社に馴染んでしまうと、志望していた会社が不採用になったことなど、どうでもいいことになってしまうわけです。

努力して思い通りにいかなかったとき「人生は何をやってもうまくいかないものだ」と悲観的にとらえがちですが、それは人生という長いレールの一場面にすぎないのです。

時間が経過していくごとに、ものごとは変化していくわけです。

ですから、うまくいかないことがあったとしても、その状況を必要以上に悲観的に捉えないことが肝心だと思います。

長いスパンで考え、自分の可能性を信じて、平常心で粘り強く努力を重ねていけばいいのです。

しかし、そうはいっても、うまくいかない状況下で、気持ちを高めるなどなかなかできないもの。

落ち込んでしまったとき、どのように考えればよいのでしょうか?

» 続きを読む

漠然とした不安や恐怖を解消するヒント

a0960_008250.jpg
漠然とした不安や恐怖を感じ、落ち込んでいる状態にあるときはありませんか?
スポンサーリンク

明確なことは分からないけれど、ただただ不安や恐怖の感情に包まれ呆然としてしまっている状態。

そんなときは、気持ちは落ち込んでいることがほとんどです。

「自分はもうダメだ・・」「運がない才能がない。どうしよう・・」など、自分自身への失望と将来への不安で悲観的なことばかりが頭のなかを巡る状態。

そんなときは、自分自身を客観視することができず思考回路がうまく働いていない状態でもあります。

確かに人間は、成長をしていくためには人生のなかで悩む時間を持つということは大切です。

ただ、そのように漠然とした不安や恐怖を感じその感情に支配されている状態は望ましい状態であるとは思えません。

なぜなら、考えるべき対象が絞れていない状況ではものごとを考えても思考が堂々巡りになるばかりですし、ネガティブ思考が負のスパイラルを誘発しやすくなる状態にあるからです。

「不安だ不安だ・・」「将来どうなるか分からないし怖い」という風にただ負の感情でできごとやものごとを考えることに終始していても、良い方向にはなかなか進まないものなのです。

そんなとき漠然とした不安や恐怖を解消するためには、「第三者の視点」で「どうすれば良いか?」ということに絞って考えることが重要だと思います。
スポンサーリンク

漠然とした不安や恐怖に駆られ思い悩みながら何かが良い方向に変わってくるならば良いのですが、悩んでも解決ができないと感じたときは視点を変えるのがよいと思うのです。

» 

他人からの評価が過度に気になる人の心理

a1380_000187.jpg
日々の生活のなかで常に他人の目が気になって仕方のない方はおられませんか?
スポンサーリンク

他人からの評価によって一喜一憂をしていると生きていてとてもしんどいと思います。

なぜなら、他人の評価というものは変化しやすいものですし、人間の性格や価値観はさまざまであるからです。

自分を高く評価してくる多数だったとしても、中には低く評価してくる人もいるかもしれません。

それは努力を重ねることによって低く評価してくる人を0人にできるかというと、なかなかかなわないものです。

100%の確率で他人から良い評価を得ようとすると、どうしても人間は窮屈に卑屈になります。

なぜなら、100%の確率で評価を得るということを考えた瞬間、積み重ねていくという発想から欠点をつぶしていくという意識が優先してくるからです。

自分の欠点を探しては、その欠点を埋める努力を無制限にするというのはとてもしんどいものです。

そこには喜びが少なく恐怖や不安に満ちているからです。

どんなに努力をしても先が全く見えず、後ろから不安や恐怖が追いかけてくるようなそんな心理状態に陥ってしまうのです。

» 

未来に対して過度に感じる不安や恐怖を解消するヒント

a0960_007950.jpg
未来に対する不安や恐怖を感じる人は多くいると思います。なぜなら、未来は不確定要素が多く、何が起きるか誰にもわからないからです。

未来に対して不安や恐怖を感じることは重要だと思います。
スポンサーリンク

a0960_006038.jpg
なぜなら、将来起きうる失敗リスクに備えることは、自身の身を守ることにつながるからです。

しかし、その自己防衛の気持ちが強すぎてしまうと、悲観的なことばかり考えるようになり、新しいことに挑戦することも怖くなってしまいます。

どうして人間は失敗するのが怖いのでしょうか?

それは失敗そのものよりも、失敗によって自身が傷つくことを無意識のうちに怖れているからだと思います。

「もし失敗をして叱られたらどうしよう・・?自己嫌悪で苦しむんだろうなあ・・」
「うまく成果を挙げられなかったらどうしよう・・?上司ががっかりするのを見て自分もショックを受けるんだろうなあ・・」

などと、失敗をした自分が周囲からどう思われるかを考え不安や恐怖を感じてしまうのです。
スポンサーリンク

未来に対して失敗リスクに怯える度合いが大きすぎると、自分自身のなかで目の前にある不安と恐怖の対象が拡大解釈されて脅威に感じる状態になります。

すると、ネガティブな考えが次々と湧き上がってきて、不安と恐怖で身体も硬直してしまうことでしょう。

そして、その状態が習慣化したとき、マイナスなエネルギーによって負の連鎖が生み出されてしまうことにもなりかねません。

では、そんなとき、未来に対する不安や恐怖を打ち消し冷静さを取り戻すには、どうすればよいのでしょうか?

» 

悩みを忘れるには、スピードを意識した作業をすると効果的

IMG_3853.JPG

何かに失敗して落ち込む時は、人間誰しもあると思います。

そんなとき、それをバネにがんばれる人はよいのですが、自分の殻に閉じこもってくよくよ悩んでしまう人は負の連鎖を起こしてしまいがちです。
スポンサーリンク

「あのときこうしていれば良かった・・」
「これでもう俺はダメ人間だ・・」


など、過去の出来事に対する後悔や未来に対する悲観的な予測をしては、どんどん気持ちがネガティブな方向に進んでいってしまいます。

そのようにネガティブな方向に気持ちが進めば、その悲観的な感情は潜在意識に記憶され次々と良からぬ出来事を呼び寄せてしまいます。

では、どのようにすればネガティブ思考を止め、悩んでいる出来事を考えないようにできるのでしょうか?

その答えのひとつは、「スピード感」を意識して敢えて忙しくすることです。

なぜなら、人間の脳は一度に複数のことを処理するのは苦手だからです。

とりわけ、スピードを要する作業をすれば、処理する難易度も高まるため、脳は目の前にある問題を処理することに集中せざるをえません。
スポンサーリンク

» 

交流会などで、相手に気に入られるか不安に思う人の心理

a0800_000108.jpg

交流会のような人が集まる場に参加するとき、いつも不安で躊躇する人はおられませんか?
スポンサーリンク

人の集まる場に出向くことを恐れる理由は人によってさまざまだと思います。そのなかで多いのは「相手に気に入られるかどうかが不安」という理由ではないでしょうか?

どうしてそういった方が他人に気に入られるかどうか不安かというと、自分に対する評価は他人が決めるものだと勝手に思い込んでいるからだと思います。

そのような心理に至る原因は、おそらく小さい頃に自分の意見を押し殺して大人の指示に従ったり機嫌をとってきたりした過去があるのだと思います。

波風が立つことなく、大人を喜ばせながら順風満帆に成長してきたように思えても、いつしか自分を主体にして生きることができなくなってしまっていた。だから他人からの評価が怖いのです。

そして、もし人に気に入られなければ、自分には価値がないと思うようになってしまうのです。

ですから、もし他人から低い評価しかされなかったり叱られたりしたら、過度に思い悩んだりショックを受けたりしてしまうわけです。
スポンサーリンク

他人の目を気にしていつも何かに怯えるように暮らしていると、ストレスが溜まりますし、怖くて大きな挑戦をできなくなってしまいます。

では、人が集まる場に出向くのが怖い人が、相手に気に入られるかどうか気にせず、他人と気楽に会うためには、どうすればよいのでしょうか?

» 

相手が待ち合わせ時間に遅れたときのイライラを解消する方法

a0960_005882.jpg

仕事や遊びなどで、人と待ち合わせをする場面は多々あると思います。しかし、なかには、待ち合わせ時間になっても相手がその場に現れないというケースもあるかもしれません。

その場合、皆さんはどのように考えるでしょうか?

人によってはあまり気にしない人もいるかもしれませんが、時間に厳しい人は、イライラして遅れてきた相手に説教をしたり1日中ネチネチ嫌味を言ったりするケースもあるかもしれませんね。
スポンサーリンク

その説教やネチネチした嫌味が、待ち合わせ時間に遅れた本人に成長して欲しいという親心からならばよいでしょう。

しかし、それが自分がイライラした気持ちを単に発散するためであるならば、あまり良いことではないと思います。

なぜなら、マイナスな感情が際限なく広がっていってしまうからです。

相手が待ち合わせ時間に遅れる理由というのは、いろいろな可能性があるだけに、それを詮索しだすと悪い部分を拡大解釈してしまいがちになるのです。

例えば、単に寝坊をして相手が遅れたとしても、「いやいや、実は俺のことをバカにしているんじゃないのか!?」「自分のことを低く見ているのではないのか?」などと考えて想像を悪い方向に無限に膨らませてしまうのです。

» 

苦手意識があり後回しにしたくなる作業についての考え方

a0960_005274.jpg

職場や家庭などにおいて、なぜか後回しにしたくなる作業ってありませんか?
スポンサーリンク

「書類作成、苦手だしやるの嫌だなあ」「掃除をするの面倒臭いし嫌だなあ」

やらねばならないとは頭では分かっていても、どうしても後回しにしたくなるような作業があるかもしれません。

苦手意識を持っている作業をやらなければいけないとき、「難しい」という感情が真っ先に来てしまい、頭のなかで想像するだけで、なかなか実行に移すことができません。

しかし、近いうちにやらなければならない・・。

そんなときは、一度にやろうという気持ちを捨てて、ほんの少しだけやってみようと考えたらよいと思います。お試しのような感覚で。
スポンサーリンク

» 

相手の機嫌が必要以上に気になる人の心理

a1180_009387.jpg

「さっき、上司が目を合わせてくれなかった。自分は嫌われているのではないか?」

「あの人は今日は機嫌がめっぽう悪い。自分の至らなさが原因ではないか?」

そのように、相手のとった行動や機嫌を過度に気にして、「その原因は自分にある」といつも考えてしまっている方はいませんか?
スポンサーリンク

人のとる行動は本人しか分からない

相手の機嫌が悪い原因として明らかに何か思いあたることがあるならばまだしも、ぱっと思い当たることがないならば、本来は堂々としていればいいわけです。

なぜなら、相手のとった行動の要因は、どんなに相手のことを知っていても相手にしか分からないからです。

例えば相手にそっけない態度をとられたとしても、何か個人的な悩みを抱えて機嫌が悪いのかもしれませんし、ぼーっとしていて、こちらに気づかなかったのかもしれません。

» 

自分には無理だと絶望感を感じたとき、少しでも前向きになる考え方

a1180_015962.jpg

 日々生活をするなかで何かの試練がやってきたとき「自分になんて無理だ・・」と絶望感に似た感情が湧いてきたことはありませんか?

スポンサーリンク

 例えば、仕事で「外国からのお客が増える予定だから、英語でもしっかり対応できるように」と上司から言われたとします。

 もし英語が流暢に話せる人なら良いでしょうが、そうでない場合、「英語でお客対応するなんて自分には無理だ・・」と絶望感に浸ってしまう人もいるかと思います。

 なぜ絶望感に浸ってしまうかというと、完璧に英語を話せている理想の自分と現実の自分のギャップを実感するのが怖いと反射的に感じるからです。

そのリスクを拡大解釈して気持ちが大きく後退してしまうのです。

スポンサーリンク

 では、試練を前にして「自分になんて無理だ・・」と絶望感を感じたとき、どのように考えれば、少しでも前向きに考えることができるのでしょうか?

» 

ひとり旅のすすめ
心が疲れたとき、ひとり旅にでかけるというのも疲れを解消する手段のひとつだと思います。見知らぬ土地に行って郷土の味覚を探したり温泉でのんびりしたり。あるいは小さい頃に住んでいた懐かしいまちや修学旅行に訪れた観光地に訪れるというのもよいかもしれません。

普段の環境から少し抜け出てみることで、視野が広がり、今まで見えなかったことが見えてきたり、新しいアイデアが思い浮かんできて、前向きなエネルギーが湧いてくることも多くあるものですよ。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    失敗つづきだったり緊張を強いられる場面に遭遇したら、人は不安を感じやすくなります。ただ、心の不安は、少し視点を変えてみるだけで解消できることもあるものです。 「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「自分に自信を持つ方法」など「心」をテーマにした記事を書いています。皆様が明るく幸せな日々を送るための参考資料のひとつになれば幸いです

    お問い合わせ

    タグクラウド
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます