苦手なタイプの人との接し方のカテゴリ記事一覧

スポンサーリンク

  • ホーム
  • »
  • 苦手なタイプの人との接し方

カテゴリ:苦手なタイプの人との接し方

苦手なタイプの人との接し方のカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a0960_008051.jpgあ..

苦手なタイプの人との接し方
あなたの職場にはヒステリックな人はいませんか?ヒステリックな人が職場にひとりでもいたら、同僚は毎日が大変だと思います。なぜなら、些細なことで機嫌が悪くなり、こ…

記事を読む

a0070_000092.jpg「..

苦手なタイプの人との接し方
「私はあの人に嫌われているのかもしれない・・」会社の同僚や友達と接していてそのように感じたことはありませんか?例えば、同僚と廊下ですれ違いこちらは挨拶をしたの…

記事を読む

a0960_005882.jpg人..

苦手なタイプの人との接し方
人間が心身共に健康的に生きるためには、ストレスが少ない環境に身を置くことが重要だと思います。スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;heigh…

記事を読む

a0070_000076.jpgい..

苦手なタイプの人との接し方
いわゆる「寝てない自慢」をする人はあなたの職場や学校にはいませんか?「昨日5分しか寝てなくてさ〜、マジやばくね?」「俺、最近忙すぎてさ〜。もう48時間連続で寝て…

記事を読む

a0960_008325.jpgあ..

苦手なタイプの人との接し方
あなたの職場には、高いレベルを要求してくる厳しい上司はいませんか?高いレベルを部下に要求してくる厳しい上司は、細かいミスでも許すことがありません。そして、心を…

記事を読む

a0070_000141.jpg他..

苦手なタイプの人との接し方
他人と会話をしていて、うんざりするもののひとつが「自慢話」だといわれています。自慢話をする本人からすると気分が良いかもしれませんが、何度も聴かされる方はたまっ…

記事を読む

a1180_015962.jpg「..

苦手なタイプの人との接し方
「あなたは本当に、非常識きわまりない人ですね。」「あなたの行動を見ていると本当にイライラします」あなたの会社には、他人の行動を見てはズバズバ感情的に指摘してく…

記事を読む

苦手なタイプの人との接し方
 会社や学校など、人が集まる場所に行けば、「嫌いな人」というのは少なからずいるものです。 あなたにとって「嫌いな人」とはどんな人でしょうか?一度顔を思い浮かべ…

記事を読む

a0960_002008.jpg「..

苦手なタイプの人との接し方
「あの上司は性格が合わないし会うのが嫌なあ」「あいつはなんか虫が好かないし飲み会は避けたいよ」人間誰しも、苦手なタイプの人が知り合いのなかに1人や2人はいるか…

記事を読む

職場にいるヒステリックな人にうまく対応するコツ

a0960_008051.jpg

あなたの職場にはヒステリックな人はいませんか?

ヒステリックな人が職場にひとりでもいたら、同僚は毎日が大変だと思います。

なぜなら、些細なことで機嫌が悪くなり、こちらに非がなくても一方的に怒鳴ってくるわけですから。
スポンサーリンク

ヒステリックな人に対処するのが難しいのは、感情の起伏が大きく、自分のことばかり考える傾向があるという点にあります。

そこでは理屈や論理など通用しません。ヒステリックな人は、その場の気分の良し悪しでしか物事を考えることができないので、正論を言われたとしても「うるさい!」と逆切れをするだけだからです。

では、ヒステリックな人には、どのように対処するのがよいのでしょうか?

それは、自分があたかも相談員であるように、相手をカウンセリングするスタンスで落ち着いて対応することです。

ヒステリックな人は体は大人であっても、心は子供のままということがほとんどです。嫌なことがあったら泣き、おやつを食べたら笑い、眠くなったら寝る。そんな子供と同じなのです。

少しでも気に障ることがあると、我慢することができず感情をセーブできない心理状態にあるのです。ある意味、心の病気だといえると思います。

ですから、相手がヒステリックになっていたとき、間違えても対決してねじ伏せようと考えないことです。

火に油を注ぐの同じく、激しい怒りをぶつけられるだけで何の解決にもつながらないからです。

またそこでは、どんなに筋道を立てて説明しようが、相手には全く通用しません。ヒステリックな人はそもそも論理的に考えることが苦手だからです。

つまり、あくまでも相手を主体にして話をしなければ、相手は不快な感情を露わにするだけで話は何も進行していかないということです。

ですから、ヒステリックな人にうまく対応しようと思えば、とりあえずこちらは我慢をするというスタンスが必要だと思います。

その上で、「話を聴きますよ」「何か困っていることがあるなら相談に乗りますよ」といったように、むしろ心配するように話しかける方がよいと思います

そして、自分から一方的に話すのではなく、相手の話を引き出すということに徹するのがコツです。

例えばヒステリックな課長が課のノルマが達成できずヒステリックに怒鳴っていたとします。

「ノルマを達成できなかったことで俺は部長から怒られたんだ!お前らのせいだぞ!」

ノルマを達成できなかった理由は、全体の責任であり、指揮する課長にも監督責任があるというのが正論だと思います。

ただ、それを「お言葉ですが、課長には監督責任がありますよね!」などと反論したら、「何だと!お前もう一度言ってみろ!」と激しい怒りが降ってきて収拾つかなくなるでしょう。

» 続きを読む

自分は嫌われているのでは?とすぐ解釈してしまう人の心理とその理由

a0070_000092.jpg

「私はあの人に嫌われているのかもしれない・・」会社の同僚や友達と接していてそのように感じたことはありませんか?

例えば、同僚と廊下ですれ違いこちらは挨拶をしたのに無表情で素通りをされてしまったケースなどはそんなことを考えがちです。

スポンサーリンク

挨拶をした相手から挨拶が返ってこないようなことがあれば、避けられているように感じるのは仕方がないと思います。

しかし、そんなことを考え始めると、その相手を無意識のうちに観察するようになり、その度ごとに悲観的に解釈するようになってしまいます。

そっけない態度を取られたりしたら、「ああ、ああ私のことをやっぱり嫌っているんだ」と確信するようになっていきます。

すると、その相手と接しなければならない場面で、いつも緊張してビクビクと行動をしなければならないことになってしまいます。

確かにその想定どおり、嫌われているかもしれません。しかし、もし誤解であるとすればこれほどもったいないことはありません

では、人が相手の行動を誤解して悪く解釈していまうときは、どのような心理が働いているのでしょうか?

それは、過去の出来事の蓄積から、似たように事例をひっぱり出してきて自分なりの解釈を行う思考回路が働いているのだと思います。つまり、人の行動を主観的にとらえているのです。

しかし、同じ対象物を見ても、人によって捉え方はさまざま。それなのに、自分の判断基準のみでそれを解釈してしまうのです。

例えば、無表情の人を見ると、人によってそれはさまざまな解釈がありえます。

「怒っているのではないか?」「疲れているのではないか?」「笑顔をつくるのが苦手なのではないか?」など。真実は本人に聞いてみないと分からないことです。

同じように、挨拶をしたのにその返事がなかったからといって「私はあの人に嫌われている」と解釈してしまうのは早計というわけなのです。

確かに怒っていた可能性はありますが、それ以外の理由で挨拶をしなかった可能性もあるわけです。

例えば、忙しくて考え事をしえいたのかもしれないし、人見知りなのかもしれないし、気付かなかったのかもしれない。

いろんな可能性があるのです。それを、自分の一方的な解釈で「あの人は私を嫌っている」と考えてしまうのは、全くをもって惜しいことです。

自身も不必要なエネルギーを使ってしまうわけですし、相手との人間関係もぎくしゃくすることは必至だからです。

スポンサーリンク

では、挨拶をし返してくれないという断片的な出来事で、どうして「嫌っているのではないか」という解釈へ思考が飛躍してしまうのでしょうか。

» 

苦手な相手に嫌悪感を感じてしまうときの考え方

a0960_005882.jpg

人間が心身共に健康的に生きるためには、ストレスが少ない環境に身を置くことが重要だと思います。
スポンサーリンク

しかし会社や学校に行けば、「この人、苦手だな」「あの人嫌い」という人が必ずといっていいほどいて、ストレスの要因となってしまうのが現実的なところです。

他者に嫌悪を感じるのは決して悪いことではなく、過去の体験から照らし合わせた生命を守るための防衛本能ということもできます。

しかし、だからといって、会社や学校では、嫌な上司や先輩たちと顔を合わさないわけにはいかず、逃避することがなかなかできないものです。

そんなとき、自身の防衛本能のままに、相手に激しい嫌悪感を持ちづつけてしまっては、緊張とストレスが蓄積し心身がぼろぼろになってしまうことでしょう。

しかも、人の脳は、部分のみを見て拡大解釈して考えてしまうから問題は何倍にも膨らんで感じてしまいます。

その結果、苦手な人と会うとき、そのたびに大きなストレスになってしまいネガティブな思考に陥ってしまいます。

すると、ネガティブな感情が潜在意識に記憶されて、自ら良くない出来事を次々と引き寄せてしまうようになってしまうようにもなってしまいます。
スポンサーリンク

では、そのような悪循環に陥ってしまわないようにするには私たちは一体どうすればよいのでしょうか?

» 

「寝てない自慢」をする人の心理と周囲の人間がとるべき対応とは

a0070_000076.jpg

いわゆる「寝てない自慢」をする人はあなたの職場や学校にはいませんか?

「昨日5分しか寝てなくてさ〜、マジやばくね?」「俺、最近忙すぎてさ〜。もう48時間連続で寝てないんだよね〜」。

そんな「寝てない自慢」を友人や知り合いからされたとき、大抵はうっとうしいものですし、どう反応していいか分からないものです。

今回は「寝てない自慢」をする人の心理と周囲の対応策について考えてみました。
スポンサーリンク

「寝てない自慢をする人」は、短い時間しか寝ていない(または全く寝ていない)ということを強調します。

しかし、寝不足といわれても、(もし寝てないのが本当だとしても)その辛さは当の本人にしか分からないものですし、周囲の人間からすると、どう対応していいか分からないのも当然であるわけです。

そもそもなぜ、「寝てない自慢をする人」は、そこまで自分が睡眠不足であることを強調したがるのでしょうか?

» 

高いレベルを要求してくる厳しい上司の心理と接し方

a0960_008325.jpg
あなたの職場には、高いレベルを要求してくる厳しい上司はいませんか?

高いレベルを部下に要求してくる厳しい上司は、細かいミスでも許すことがありません

そして、心を許した部下以外は、部下を褒めることはまずありません

ですから高いレベルを要求してくる厳しい上司と一緒に働くとなるととてもしんどいのではないでしょうか。
スポンサーリンク

高いレベルを要求する上司が部下に厳しくあたる理由とは

会社はほぼ毎日行く場所ですし、そのような他人に厳しい上司と一緒に仕事をするとなると、部下は大変です。

書類ひとつ提出するだけでも極度の緊張を強いられ、逃げたくても逃げられないストレスで身体を壊してしまうケースも出てくるかもしれません。

そもそも、どうして高いレベルを要求してくる厳しい上司は、そこまで部下に厳しくあたるのでしょうか?

» 

自慢話ばかりする人の心理と周囲の人間の対応法

a0070_000141.jpg

他人と会話をしていて、うんざりするもののひとつが「自慢話」だといわれています。

自慢話をする本人からすると気分が良いかもしれませんが、何度も聴かされる方はたまったものではありません。
スポンサーリンク

そもそも 自慢話をする人は、なぜそこまで自慢をしたがるのでしょうか?

その要因は、「他人によく思われたい」という心理が働くからではないかと思います。

なぜ「他人によく思われたい」と考えるかというと、それは、自信のなさや不安を解消するためだと思われます。

自慢話をしたら、それを聴いた相手はお世辞にしても「すごいですね!」「素晴らしいですね!」と褒めるという行動をとらざるをえません。

自慢をしたがる人は、その言葉を待っているわけです。

なぜなら、そのように他人からの自分に対する高評価を直に聞くことで、自分の価値を再確認できるからだと思います。
 
自慢話をする人たちは 過去に何らかの苦い体験を持っていることが多いように思います。

たとえば 過度に厳しい家庭で育ったり、出来の良い兄弟と比較されて罵倒されたり、大きな挫折を味わったり。

大人になっても過去の心の傷が癒えず、他人と比べて自分が下になることを極度に怖れている。だから自慢をすること自身の身を守ろうとしているのです。
スポンサーリンク

» 

自分本位の社員からの理不尽な指摘をされたときの考え方

a1180_015962.jpg

「あなたは本当に、非常識きわまりない人ですね。」

「あなたの行動を見ていると本当にイライラします」

あなたの会社には、他人の行動を見てはズバズバ感情的に指摘してくるような、自分本位の社員はいませんか?
スポンサーリンク

そういった自分本位の社員は、自分のやり方や考え方を他人に押しつけ、それと違っていると、激しく怒り狂い、自分の意見をぶつけてくる傾向があります。

しかもそういった自分本位の社員に限って、自分の欠点は棚に上げて他人の指摘ばかりしてくるだけに、周囲の人間としては不愉快な気持ちになりやすいといえます。

しかし、そんな大した根拠もない感情的な指摘に対して、その都度反論してもキリがありません。

相手が折れるということはまずありませんから、多大なエネルギーを使うだけです。

かといって、不愉快な思いをしているのに、「すみませんでした」と一方的に謝る必要もないと思います。
スポンサーリンク

» 

「嫌いな人」とはどういう人なのか?

 会社や学校など、人が集まる場所に行けば、「嫌いな人」というのは少なからずいるものです。

 あなたにとって「嫌いな人」とはどんな人でしょうか?一度顔を思い浮かべてみてください
a0070_000044.jpg
 非常に意外なことかもしれませんが、今思い浮かべた「嫌いな人」はあなたと同じ要素を持っているケースが多いのです

 その人に強い嫌悪感を持つということは、自分の奥底に感情を強く刺激するポイントが存在するということなのです。それは、今の自分自身(もしくは捨てた「過去の自分」)と大きなかかわりがあることが多いのです。

 例えば、高圧的な雰囲気の先輩と接して「あの高圧的な態度、ムカつくなあ。あの先輩嫌いだ」と強い嫌悪感を持ったとします。

 そのように、自分の嫌悪感を呼び起こしたその先輩はあなたと同じ要素がある可能性が高いのです。つまり、あなたの心のなかにもその先輩と同じように「高圧的な態度」をとる要素が存在する(または存在していた)ということなのです。

 嫌いな先輩と同じ性質を持っていながら、それと無縁のように感じるのは、今までの人生経験のなかで、理性によってセーブされている状態だからです。

» 

苦手なタイプの人と前向きに接するための考え方

a0960_002008.jpg

「あの上司は性格が合わないし会うのが嫌なあ」
「あいつはなんか虫が好かないし飲み会は避けたいよ」

人間誰しも、苦手なタイプの人が知り合いのなかに1人や2人はいるかもしれません。
スポンサーリンク

ただ、苦手なタイプだからといって避けては通れない場面もあることでしょう。そんなとき、できれば、苦手なタイプ人とも前向きな気持ちで接することができるのが理想ですよね。

苦手なタイプの人と前向きな気持ちで接するためには、どのように考えればいいのかというと、「苦手なタイプの人も存在する意味がある」と考えると良いと思います。

誰しも接しやすいタイプと接しにくいタイプがある

人間は人それぞれ、接しやすいタイプの人と接しにくいタイプの人が存在します。それは、性格や価値観の違いなど起因します。

接しやすいタイプの人と一緒にいるとき、私たちは快適に楽しい時間を過ごすことができます。一方、苦手なタイプ人と一緒にいると、共有する空間が居ずらくて、ストレスがたまってしまいます。

なぜそうなるかというと、接しやすいタイプの人というのは、自分を誉めてくれたり、応援してくれたりと、自分の良い面や長所を見て評価してくれるからです。

一方、苦手なタイプの人の場合、欠点をズバズバ指摘してきたり、考えが間違っていると注意してきたりします。だから嫌悪感やストレスを感じます。

幸せな人生を送るためには、接しやすいタイプの人とばかり接していればいいように思われがちです。

しかし、それだけでは人間はなかなか成長しません。成長するためには苦手なタイプとも接することが必要だと思います
スポンサーリンク

» 

ひとり旅のすすめ
心が疲れたとき、ひとり旅にでかけるというのも疲れを解消する手段のひとつだと思います。見知らぬ土地に行って郷土の味覚を探したり温泉でのんびりしたり。あるいは小さい頃に住んでいた懐かしいまちや修学旅行に訪れた観光地に訪れるというのもよいかもしれません。

普段の環境から少し抜け出てみることで、視野が広がり、今まで見えなかったことが見えてきたり、新しいアイデアが思い浮かんできて、前向きなエネルギーが湧いてくることも多くあるものですよ。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    失敗つづきだったり緊張を強いられる場面に遭遇したら、人は不安を感じやすくなります。ただ、心の不安は、少し視点を変えてみるだけで解消できることもあるものです。 「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「自分に自信を持つ方法」など「心」をテーマにした記事を書いています。皆様が明るく幸せな日々を送るための参考資料のひとつになれば幸いです

    お問い合わせ

    タグクラウド
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます