将来の夢・目標のカテゴリ記事一覧

スポンサーリンク

カテゴリ:将来の夢・目標

将来の夢・目標のカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a0960_008191.jpg知..

将来の夢・目標
知り合いと話をしたとき「学生時代は良かったなあ。それに比べて今は・・」のような話をしばしば耳にします。中にはかつてハツラツとしていたのに、めっきり老け込んでそ…

記事を読む

a0960_008191.jpg「..

将来の夢・目標
「毎日面白いことなんて何もない」「こんなくだらない社会でいいことなんてない」「生きていても何一つ面白くない」そのように毎日に空虚感を感じながら日々を送っておら…

記事を読む

a0960_005274.jpg社..

将来の夢・目標
社会人になると、学生時代に比べて、何かと自由に使える時間が限られてきます。会社には、毎日決められた時間に行かなければなりませんし、仕事が終わってからも同僚との…

記事を読む

a0960_008327.jpg ..

将来の夢・目標
 「将来、どんな仕事にやろうかな?」「転職先はどうしよう?」と悩んでいる方もおられるかもしれません。いざ仕事選びをするとき、「自分の才能を生かせるか」がキーに…

記事を読む

a0070_000092.jpg ..

将来の夢・目標
 人生を彩り豊かにするためには、目標を立てることは大切なことです。 「〇〇に合格する」、「〇○の資格をとる」、「〇〇を買う」などなど、目標を立て、将来実現した…

記事を読む

a0960_005889.jpg将..

将来の夢・目標
将来の目標について皆さんは意識していますか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-486028293600…

記事を読む

a1530_000079.jpg ..

将来の夢・目標
 誰しも日々に幸せを感じながら、充実感にあふれる日々を過ごしたいもの。しかし、現実的には、毎日が楽しいなんて話はあまり聞きません。社会人の人ならそれは今の仕事…

記事を読む

a0070_000076.jpg ..

将来の夢・目標
 「将来の夢・目標は何ですか?」そんな質問をある就職活動中の学生さんの何人かに投げかけたとき、そのひとりがどこか浮かない顔をしながら、「とりあえずどこでもいい…

記事を読む

毎日が面白くないと感じたとき、日々を充実させるために必要な2つの要素とは

a0960_008191.jpg
知り合いと話をしたとき「学生時代は良かったなあ。それに比べて今は・・」のような話をしばしば耳にします。

中にはかつてハツラツとしていたのに、めっきり老け込んでそういったマイナスな言葉を口にしてばかりいる人もいます。
スポンサーリンク

確かに人は年齢を重ねるに従ってそれぞれ社会的に置かれる立場が定まってくるので、未来への可能性という面では狭まってくるかもしれません。

ただ、考え方を少し変えてみれば、社会人であっても毎日を輝くものと捉えることはできるのではないかと思うこともあります。

「毎日が面白くない」そう思ったとき、その要因として考えられるのは、人生における「目標」と「時間」への意識が漠然となってしまっていることにあるのではないかと思います。

「毎日が面白くない」という状態は、旅行に例えるなら、旅の目的があいまいなまま出かけて現地に長期滞在しているようなものかもしれません。

自然の流れに身を任せるものときにはよいかもしれませんが、目的なくして長期滞在しても大抵は現地で一体何をすべきか分からなくなってしまうことでしょう。

では「毎日が面白くない」という状態を解消するためには、一体どのように考えればよいのでしょうか?

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

毎日を充実した気持ちで生き目標達成につなげていくヒント

a0960_008191.jpg
「毎日面白いことなんて何もない」
「こんなくだらない社会でいいことなんてない」
「生きていても何一つ面白くない」

そのように毎日に空虚感を感じながら日々を送っておられる方はおられませんか?
スポンサーリンク

そういった場合、生きる原動力が明確になっていないケースが多いと思います。

生きる原動力が不安定で漠然としている。だからマイナスなことに目がついつい向いてしまっているのです。

生きる原動力は、人それぞれ違うわけですが、何か前向きに生きる根拠が明確にあれば、辛いことがあってもそれを思い出すたびにプラスのエネルギーが湧いてきます。

例えば 

・子供が幸せな人生を歩めるようにしたい(だから私は生きる)
・社会のために尽くし貢献したい(だから私は生きる)
・好きな海外旅行に思う存分行きたい(だから私は生きる)
・おいしいものをたらふく食べたい(だから私は生きる)

等々、何でもいいのですが、自身が生きる理由は何かということを誰かに聞かれたとき、即答できる状態をつくるとよいと思うのです。

漠然とした目標や夢を持っていても、心のどこかでは「そんなの叶うわけない」「無駄な努力をしても仕方がない」という風に諦めてしまうことが私たちにはままあるかもしれません。

なぜそのように諦めモードで思考が働いてしまうかというと、目標達成への思いを行動に移すためのスイッチが入っていない状況にあるのだと思います。

要は、何となく目標や夢を実現はしたいという気持ちはあるけれど、「なんとしてでも実現したい」と思うほどの覚悟はできていない状態なのです。

ですから、自分のやりたいことや実現したいことは頭では漠然と分かっていても、「急いで取り組んでも結果は同じだし」「どうせ自分には無理だし」という風に投げやりに考えてしまっているわけです。

ではなぜそのように目標達成のための覚悟が定まらないのでしょうか?

» 

 カテゴリ

多忙な毎日を送りながら夢を実現した人のある工夫とは

a0960_005274.jpg

社会人になると、学生時代に比べて、何かと自由に使える時間が限られてきます。

会社には、毎日決められた時間に行かなければなりませんし、仕事が終わってからも同僚との飲み会に休日はゴルフの接待と・・次から次へと自由に使える時間は削られていくかもしれません。
スポンサーリンク

そんな多忙な日々を送っていると、実現したい夢を持っていても、その生活に飲まれてしまってなかなか実現することは難しいと思われがちです。

いざ夢を持って「会社と夢の実現を両立するぞ!」と最初は意気込んでいても、会社での仕事や人間関係だけで心身がすり減ってしまい、ふと気づくと息切れしてしまうという状況になってしまいかねないのです。

そして、毎日のようにクタクタになって自宅に帰ってきては「俺の夢ってなんだっけな・・?」「やっぱり夢は学生の特権なんだな・・」と次第に夢そのものを諦めてしまうのです。

多忙な人が夢を諦めてしまう原因は、確かに、夢実現のために使う時間が物理的に少ないというのも理由として大きいとは思います。

しかし、寝る間がないほど多忙な日々を送っている人のなかに、夢を実現している人は少なからずいるのも事実。

そんな人はどのように夢実現にたどり着いたのか知りたいと思い、多忙な会社勤めの日々から夢を実現した数人から以前、話を聞いてみたことがあります。

すると、あるひとつの共通点を発見しました。

スポンサーリンク

» 

将来どんな仕事を選べばいいかわからないときの考え方

a0960_008327.jpg

 「将来、どんな仕事にやろうかな?」「転職先はどうしよう?」と悩んでいる方もおられるかもしれません。

いざ仕事選びをするとき、「自分の才能を生かせるか」がキーになると私は思います
スポンサーリンク

 「といっても私には才能が何もないし」という声が聞こえてきそうですが、「才能がない」と判断してしまうのは早計です。

 というのは、気づいていないだけで実は、私たちにはそれぞれ才能がいろいろ備わっているからです。

当たり前だと思って気づいていないだけなのです。

 自分にどんな才能があるか知るためには、今までの人生のなかで、なぜか分からないけれど他人から感謝された場面を思い出してみると効果的です。

 特にエネルギーを使ったわけでもなく、自然と行動していただけなのに、他人からなぜか「ありがとう」「助かったよ」などと感謝されたような場面です。

そういった場面で、あなたは仕事にも生かせる才能を発揮した可能性が高いです。

 日本人は歯を食いしばって、努力を重ねできないことをできるようになることを美学にしている面がありです。

それはそれで尊いことですが、本当の才能というものは、大した努力をしていないのに自然とできるというものだと思います。

 あまりに簡単に自然にできていると、それは当たり前のことだと考え、見逃してしまいがち。

しかし、あなたが自然に簡単にできると感じていることは、実は他人にとってはとても難しい作業であるということも結構あるのです。
スポンサーリンク

以前、「私には何の才能もないですし、将来どうすればいいのか・・」と悩んでいる若者と話をする機会がありました。

» 

試験に落ちたときなど目標を達成できなかったとき、どう考えるか?

a0070_000092.jpg

 人生を彩り豊かにするためには、目標を立てることは大切なことです。

 「〇〇に合格する」、「〇○の資格をとる」、「〇〇を買う」などなど、目標を立て、将来実現したいことを考えるだけで実現する可能性が一気に高まります
スポンサーリンク

 なぜなら、目標を立てることで、無意識のうちにその実現したイメージが潜在意識に働きかけ、それに向かって心身が行動をしはじめるからです。

 目標は機会が合えば、思いもよらず簡単に実現してしまうこともあるかもしれません。

一方で、がんばってもその目標を達成できないときもあるでしょう。

 たとえば、一生懸命勉強に励んだのに、志望校に不合格だったときなど。それは努力不足の場合もありますが、当日の体調や精神面、出題される問題の合う合わないなどからその結果に至るケースも多々あります。

努力不足ならそれは反省すべきでしょうが、実力を高めたうえで一生懸命取り組んだ結果なら、目標を実現できなかったからといって悲観的になる必要はないと思います。

 なぜなら、目標とはその人が快活な人生を送るためのエネルギーであって、成功・失敗を分ける境界線ではないと思うからです。

 その証拠に、その目標を達成したのが必ずしも良い人生になるとは限りません。

あと一歩で目標に届かなかったととしても、だからこそ新しい環境でかけがえのない出逢いがあったり良い経験を積むことができたりもするわけです。

 例えば、大手企業に入社することを目標に掲げた場合、採用試験に合格して大手企業に入社したら目標達成ではあるわけです。

ただ、その大手企業で上司からパワハラを受けたりしたい仕事を任されなければ、人生成功だとは到底いえません。それよりも、大手企業の入社試験に落ちて中小企業で良い仲間に囲まれて幸せな人生を送れたという可能性もあるわけです。
スポンサーリンク

» 

将来の目標を日々意識することの重要性

a0960_005889.jpg

将来の目標について皆さんは意識していますか?
スポンサーリンク

将来の目標といえば、学生のときは意識していたけれど社会人になってからはどうも・・という人が少なくないかもしれません。

将来の目標を立て、日頃の生活のなかで意識すること。それはとても大切だと私は考えます

なぜなら、将来の目標を意識することにより、潜在意識が働き、その目標に向かって自分や周囲の環境が勝手に動き始めるからです

例えば、将来、起業をしたいという目標がある人ならば、それをできるだけ具体的に思い描き、日々の生活のなかで意識する時間を持つと良いと思います。

起業して社長となったあなたは、どのような椅子に座っているでしょうか?どんな秘書がスケジュールを管理してくれているでしょうか?どんなヒット商品を開発しているでしょうか?

そのときの心理状態も含め、細かく思い描いてその空気感を味わうのです
スポンサーリンク

» 

幸せを感じるためには、適性に合う仕事を選ぶことも重要

a1530_000079.jpg

 誰しも日々に幸せを感じながら、充実感にあふれる日々を過ごしたいもの。しかし、現実的には、毎日が楽しいなんて話はあまり聞きません。

社会人の人ならそれは今の仕事が自分の適性に合っていないのかもしれません。
スポンサーリンク

 どんな仕事に自分の適性があるのか、それを知るためには、今までの人生のなかで充実感をもったシーンを思い出してみるとよいと思います。

 たとえば、体育祭でがんばって走ったとき、友達を集めておしゃべりしたとき、一日中陶芸をしたとき、勉強をして良い点数をとったとき・・小さいときに充実感をもった場面も思い出してみてください。 

 すると、自分らしさを最大限に発揮でして充実感を感じる環境というものが明確になってきます。

子供のころの純粋な心をもって、心から楽しいと思えたことに、本当に向いている仕事のヒントが隠されているのです。
スポンサーリンク

とはいえ、もしそれが分かったとしても、現実社会において、理想の仕事に就くことはなかなか難しいものです。

例えば本が好きで、出版社で仕事をしたいと思っても、うまく就職できるとは限りませんし、地方在住なら出版社自体がほとんどないのが現実です。

しかし、自分の適性に合った仕事をしたいと日々考え少しづつ行動に移すことで、チャンスも広がり、人生に幸せを感じる度合いは高まってくるように思います。

 もちろん、仕事はお金と割り切る考え方も悪くはないと思います。ただ、仕事からも充実感を得ようと思うならば、存分に力を発揮できかつ周囲も幸せにできる仕事環境を一歩一歩でも現実化していくのがよいと思います。

浮かない表情で「大企業に就職する」を将来の夢・目標に語る若者の話

a0070_000076.jpg 

「将来の夢・目標は何ですか?」そんな質問をある就職活動中の学生さんの何人かに投げかけたとき、そのひとりがどこか浮かない顔をしながら、「とりあえずどこでもいいので、安定した大企業に入ることが目標です・・」と答えてくれました。

決して悪い回答というわけではありませんが、少々気にはなりました。気になったのは、「どこか浮かない顔をして」という部分です。
スポンサーリンク

大企業は確かに、職場環境が整備されている会社が多く、雇用条件がよい場合も多いゆえ、人生にプラスに働く可能性は高いとは思います。

しかし、その学生さんが本当に大企業に入社することで幸せになれるか?といわれればいささか疑問だと感じました。

 なぜなら、将来の夢・目標というものは、自分自身の心から湧き上がるほうが望ましいと思うからです。自然に笑顔になれて、心の底から楽しいと思える将来の夢・目標こそが人生を豊かにするのです。

 その理由を尋ねてみると、「大企業に入れば一生安泰だと世間ではそう言われているからです」という回答が返ってきました。

おそらく、その学生さんは「他人からどのように評価されるか?」を基準に就職というものを考えてしまっているのだと思います。

「就職人気ランキング」、「東証1部上場している大手の会社」など、外面的な指標から就職したい会社を決めるというわけです。

 それは決して悪いことではありませんが、大企業といっても、職種や業種も千差万別です。

働く上での条件はよくても、人生におけるかなりの時間をその就職する会社に捧げることを考えたら、第三者からの評価によって就職先を考えるのは惜しいといわざるをえません。

 また、現在は業績がよくても、景気の波によって企業には浮き沈みがありますし、少なくとも大企業に入れば将来安泰という時代ではありません
スポンサーリンク

 特にやりたいことがどうしても見つからなければそのスタンスでもよいとは思いますが、将来の夢・目標も大切にした方がよいかもしれないとふと感じました。

将来の夢や目標を持つうえで大切なことは、じっくりと自分自身と向き合って、心から楽しいと思う夢・目標を選ぶことだと思います。

今までいきがいを感じた出来事、適性を活かし誰かに喜ばれた場面などを思い浮かべながら、できれば、人や社会の役にどれだけ立つことができるかも念頭に、将来の夢・目標を設定するのがベストだと思います。

そのような「将来の夢・目標」を見つけることで、自然と目が輝き表情も明るくなると思います

 なお、楽しい目標であっても、それが実現が不可能に近いことならば、それは実現できなかったとき精神的負担になることもあるでしょう。

ですから、夢を実現するために具体的な道筋がある程度思いつくことも併せて重要だと思います。

 将来の夢・目標を立てたら、いつまでにそれを実現するのかをおおまかに決め、そこから逆算してやるべきことを決めていく。そうすることで叶う確率がも高くなります。
 カテゴリ
 タグ
ひとり旅のすすめ
心が疲れたとき、ひとり旅にでかけるというのも疲れを解消する手段のひとつだと思います。見知らぬ土地に行って郷土の味覚を探したり温泉でのんびりしたり。あるいは小さい頃に住んでいた懐かしいまちや修学旅行に訪れた観光地に訪れるというのもよいかもしれません。

普段の環境から少し抜け出てみることで、視野が広がり、今まで見えなかったことが見えてきたり、新しいアイデアが思い浮かんできて、前向きなエネルギーが湧いてくることも多くあるものですよ。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    失敗つづきだったり緊張を強いられる場面に遭遇したら、人は不安を感じやすくなります。ただ、心の不安は、少し視点を変えてみるだけで解消できることもあるものです。 「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「自分に自信を持つ方法」など「心」をテーマにした記事を書いています。皆様が明るく幸せな日々を送るための参考資料のひとつになれば幸いです

    お問い合わせ

    タグクラウド
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます