スポンサーリンク

仕事の効率を上げるヒントのカテゴリ記事一覧

  • ホーム
  • »
  • 仕事の効率を上げるヒント

カテゴリ:仕事の効率を上げるヒント

仕事の効率を上げるヒントのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a0960_007803.jpg完..

仕事の効率を上げるヒント
完璧主義の人は時間を守りきっちりとした仕事をしようとします。その結果、優れた成果を出し高い信頼を得られる傾向があります。一見すると堅実で安定しているように思わ…

記事を読む

a1380_000189.jpg職..

仕事の効率を上げるヒント
職種にもよりけりですが、仕事は基本的に同じ作業の繰り返しを余儀なくされます。同じ作業の繰り返しと言えば、やっかいなのは、それが興味のある分野であったとしても、…

記事を読む

a0960_007950.jpg仕..

仕事の効率を上げるヒント
仕事をしていて疲れてしまったとき、「ああ疲れた」という言葉が口癖になっている人はいませんか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;heigh…

記事を読む

a0070_000092.jpg仕..

仕事の効率を上げるヒント
仕事の作業効率を上げ、良い出来事や人を引き寄せるためには、気持ちをポジティブにすることが大切です。スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px…

記事を読む

a0800_000108.jpg仕..

仕事の効率を上げるヒント
仕事において、営業職など、物を売ることに携わっている方は少なくないと思います。ただ、「なかなか業績が上がらなくて・・」「ノルマを達成することができなくて・・」…

記事を読む

a1180_016058.jpg ..

仕事の効率を上げるヒント
 自分が苦手で嫌な作業をするとき、人間はどうしても「嫌だなあ」と思って後回しにしてしまうもの。しかし、仕事では、そういった作業を乗り越えなければ次に進めないと…

記事を読む

a0960_005887.jpg「..

仕事の効率を上げるヒント
「忙しい 忙しい」そんな口癖でいつもイライラしてるのに「大して仕事ができない人」ってあなたの周りにいませんか?あるいはひょっとしたらあなた自身がそうなっていな…

記事を読む

a0960_005376.jpg仕..

仕事の効率を上げるヒント
仕事が重なって忙しいときというのは、人によっては往々にしてあるものです。スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad…

記事を読む

a1150_001198.jpg「..

仕事の効率を上げるヒント
「この仕事もしないといけない」「この仕事が終わっても次がまだまだある・・」そんな風に、仕事でやるべき事があふれてくると、焦るばかりで作業が空回りということはあ…

記事を読む

完璧主義の人が息切れせず仕事のモチベーションを保つ方法

a0960_007803.jpg

完璧主義の人は時間を守りきっちりとした仕事をしようとします。

その結果、優れた成果を出し高い信頼を得られる傾向があります。一見すると堅実で安定しているように思われがちな完璧主義の人。

しかし、息切れしやすいのも実は、完璧主義の人に少なくありません。

まるでロボットのごとく無駄な時間をつくらず完璧に仕事に励んできた完璧主義の人が、ある日突然、息切れをして崩れてしまうといったケースがあるのです。

そういった完璧主義の人はなぜ息切れしてしまうのでしょうか?
スポンサーリンク

それは、完璧すぎる人は、細かい点を気にするあまり、全体が見えない状態で仕事をこなしているからだと思います。

その作業の意味や意義を考えず、与えられた仕事を、端から順番に完璧にこなそうと神経をとがらせてきたのです。

ただ「ミスをしたら叱られる」という恐怖心から休むことなく淡々と・・。

その作業自体が好きでワクワクした気持ちになる時間があるならば、息切れは起きないかもしれません。

しかし「ミスをしたら怒られるかもしれない」という恐怖心から完璧さを絶やさない日々をつづけていると、いつしか自分自身は空洞になり、ある日、疲れがどっと出てくるわけです。

「俺は一体、どうしてこの仕事をしているんだろう・・?」
「もしうまくこなせなかったらどうしよう・・」

そんな漠然とした疑問は湧いてくることでしょう。

その理由は、完璧主義の人は目の前の問題しか見えておらず、全体を俯瞰できていない点にあります。

また、人生の主役である自分自身が空洞化してしまっていると、やってくる課題に意味を見出さなくなるのです。

ただやみくもに完璧さだけ求めてこなしていっても精神的にいつか息詰まるときがやってくるわけです。

では、完璧主義の人がモチベーションを保ったまま、効率よく仕事を進めていくにはどのようにすればよいのでしょうか?

» 続きを読む

作業に飽きず仕事の効率を上げるコツ

a1380_000189.jpg
職種にもよりけりですが、仕事は基本的に同じ作業の繰り返しを余儀なくされます。

同じ作業の繰り返しと言えば、やっかいなのは、それが興味のある分野であったとしても、だんだん飽きがきてしまうということ。

最初はサクサク作業を進めることができても、長時間にわたる作業になると、だんだん嫌気が差してくるものです。それが「飽き」というものです。

作業に飽きた状態が継続すると、「面白くない」という負の感情が誘発されます。

すると、イライラしたマイナスの感情が募り、疲労もどんどん溜まっていくという悪循環が生まれてしまいます。
スポンサーリンク

マイナスの感情をできるだけ除去する

一見すると、仕事は、同じ作業を根気強く長時間にわたって継続していく方がロスが少なくて効率が良いように思われがちです。

作業に夢中になることができればそれはそうだと言えるのかもしれませんが、マイナスの感情を抱いた状態であればそうとはいえません。

ストレスの蓄積につながってしまい返って効率も下がってしまいます。

そういった点を考えたとき、仕事の効率を上げるには、「飽きた」というマイナスの感情をなるべく抱かない状態を意識的につくりだすことがポイントだと思います。

そこでおすすめなのは、間を置いて違う作業をしたり、休憩したりして、気分転換をすること。

そうすることで飽きることによって募ったイライラの状態を解消することができます。

» 

 タグ

「ああ疲れた」が口癖になっている社員が危険な理由

a0960_007950.jpg
仕事をしていて疲れてしまったとき、「ああ疲れた」という言葉が口癖になっている人はいませんか?
スポンサーリンク

確かに「ああ疲れた」はその「疲れた」という状態をあらわす的確な言葉であるわけですが、職場に大きな悪影響を与えかねない危険な言葉であると思います。

朝から会社に行き、職場での職務内容をこなしていく。

すると夕方くらいになり、疲労がたまり「ああ疲れた」という言葉が出てくるのは仕方ないことであるかもしれません、

ただ、問題は「あ〜疲れた」がが人によっては口癖になってしまうこと。中には出社して朝礼が終わったら「ああ疲れた」という言葉を発する人もいるといいます。

そういった「ああ疲れた」が口癖になっている人は、退社するまで何十回と「ああ疲れた」を連発するのだとか。

「ああ疲れた」は平凡でのんびりした言葉のように思われがちです。しかし、それはとても危険な言葉であると私は考えます。

というのは、発する言葉はそれが何度も何度も繰り返されるなかで、潜在意識がそれを記憶してしまうからです。

その状態を保とう心身が動き始めると、実際に疲れていないのに「疲れた」という状態へ導かねばならないという心理がはたらいてしまいます。

すると、自然と気力や体力も落ちていくという状態に陥ってしまうのです。

また、「あ〜疲れた」が口癖になることは自分自身だけではなく、周囲の同僚にも悪い影響を及ぼしてしまうという問題点も考えられます。

最初は「あの人、また悲観的な言葉を発している」というくらいに軽い嫌悪感を感じる程度かもしれませんが、それが毎日となると、次第にその言葉が脳裏に浸透していきます。

» 

仕事場の片づけをすることで作業効率を上げる

a0070_000092.jpg

仕事の作業効率を上げ、良い出来事や人を引き寄せるためには、気持ちをポジティブにすることが大切です。
スポンサーリンク

そこでひとつ見渡してみたいのが、仕事場における整理整頓です。

片付けをするのは手間がかかる作業で面倒くさいものですが、実は作業をする机の周りをすっきりさせることが仕事効率を上げる上でとても大切。

というのは、混とんとしている仕事場では、その空間に身を置くだけで気持ちがネガティブになってしまいます。

するとそのマイナスな気持ちに引きづられて、集中力が高まらず、ストレスが溜まって作業の効率が落ちてしまうのです。

さらに雑然とした空間では、ものひとつ探すにも時間がかかってしまい、さらに仕事の作業効率は落ちてしまいます。
スポンサーリンク

では、そのようにならず仕事の作業効率を高めるには何か考え方のコツはあるのでしょうか?

» 

あるトップ営業マンに、仕事中に考えていることを聞いてみた話

a0800_000108.jpg

仕事において、営業職など、物を売ることに携わっている方は少なくないと思います。

ただ、「なかなか業績が上がらなくて・・」「ノルマを達成することができなくて・・」という悩みの声をしばしば耳にします。

一体、どのようにすれば、営業で成績をあげることができるのでしょうか?
スポンサーリンク

それに関連して、ある分野のトップ営業マンの人から、以前、「どのようにして商品を売ったらそんなに売れるのですか?」と尋ねてみたことがあります。

その営業マンは特別話し上手という感じでもなく、最初トップセールスマンと聞いて正直なところ意外な感じがしました。

その営業マンは私に次のような話をしてくれました。

» 

苦手な作業をせねばならないとき、気持ち穏やかに前向きに取り組める考え方

a1180_016058.jpg

 自分が苦手で嫌な作業をするとき、人間はどうしても「嫌だなあ」と思って後回しにしてしまうもの。

しかし、仕事では、そういった作業を乗り越えなければ次に進めないといったことも結構あるものです。
スポンサーリンク

 そういった嫌な作業は、「仕方ないから!」と歯を食いしばって、イライラしながら進めた経験がある方も少なくないことでしょう。

ただ、イライラしながら時間を長時間過ごすとストレスが溜まってしまい、心身の健康を損ねることにもつながりかねません。

 では「苦手な作業」をするとき、どう考えればストレスが減るかというと、その作業は「感謝すべきことはないのか?」と立ち止まって考えてみることです

 例えば、「苦手な取引先の人に電話をするのが嫌だなあ」と考えているとします。確かに苦手な人と話をするとその作業はストレスが溜まりますし、誰しも避けたいことかもしれません。

 しかし、考えてみれば、それは「素晴らしいこと」という見方をすることもできるのではないでしょうか?
スポンサーリンク

» 

 タグ

仕事場は、自分にとって居心地の良い空間がよし

a0960_005887.jpg

「忙しい 忙しい」

そんな口癖でいつもイライラしてるのに「大して仕事ができない人」ってあなたの周りにいませんか?あるいはひょっとしたらあなた自身がそうなっていないでしょうか?
スポンサーリンク

もしなにか思い当る節があるならば、その原因は、生活環境の乱れにあるかもしれません。

生活を送る環境が、今すべきことを把握できにくい状態になっていてイライラして運気も落ちているのです。

精神的によいリズムを作り出すには、居心地のよい空間をつくることが大切だと思います。仕事ならば、机周りです。

まずは、机の上や引き出しのなかなどを片付けすることが先決です。そこでは、必要なもの以外は思い切って捨てるという勇気がも大切。

その上で、机や本棚を中心に、可能な範囲で、自分ならではの居心地のよい空間をつくっていくのです。
スポンサーリンク

» 

 タグ

仕事が忙しくて冷静さを失ったときのよい考え方

a0960_005376.jpg

仕事が重なって忙しいときというのは、人によっては往々にしてあるものです。
スポンサーリンク

取引先と電話をしないといけない、データをつくらないといけない・・書類をチェックしないといけない・・そんなやるべきことが多岐にわたると、処理できなくなってしまうと人は冷静さを失ってしまうもの。

冷静さを失ってしまえば、ミスを誘発しやすくもなってしまいます。

仕事が忙しすぎて冷静さを失いそうなとき・・そんなときは、自分自身がもし自分の部下ならどう指示をするか考えるとうまく処理できることが結構あります。

イメージとしては、天井から自分自身を見下ろす感じでとらえ、「この部下はいろんな案件を抱えている。どう指示するべきか」と上司として考えるのです

すると、不思議といろんなアイデアが湧いてくるものです。
スポンサーリンク

例えば

「とりあえず電話を優先しようか」

「文書は自宅でもできるから後回し」

「とりあえずやることを紙に書きだそう」

など。

自分自身を主体的に考えると、自分に足りない点が必要以上にクローズアップして見えてしまい、適切な問題把握をなかなかできないものです。

しかし少し離れたところから俯瞰的に捉えようとすることで、問題が客観的に観ることができるようになって、いろいろなことに気づくものなのです。

仕事でやるべき事を整理してみることのススメ

a1150_001198.jpg

「この仕事もしないといけない」
「この仕事が終わっても次がまだまだある・・」

そんな風に、仕事でやるべき事があふれてくると、焦るばかりで作業が空回りということはありませんか?
スポンサーリンク

気丈でがんばっているときはよいのですが、仕事でやるべき事が膨大になってしまうと、次第に、前向きな姿勢が失われ、「もうだめだ・・」とあきらめてしまうようになっていきます。

ただ、そこでは明日や明後日に廻しても差支えのない仕事も含まれているのにもかかわらず、「今日やらなければいけない仕事」と漠然と思い込んでしまっている部分もあるのではないでしょうか。

もしそうなら、やるべき事の優先順位があいまいになってしまっているのかもしれません。

そんなときは、やるべき事を一度、手帳に書き出してみるとよいです。漠然とした考えを整理して考えてみるのです。

仕事の効率をあげるためにやってみることをおすすめしたいのは、やるべき事の優先順位を数字によって明確化するということです。
スポンサーリンク

たとえば私の場合、仕事でやるべき事を5段階で優先順位をつけて手帳に書き込んでいます。

「5」今日やるべき事
「4」明日中にやるべき事
「3」2〜3日以内にやるべき事
「2」1週間程度でやるべき事
「1」1ヶ月程度でやるべき事

さらに、仕事の重要度についても五段階で数値化しています

「5」何より優先してやるべき事
「4」重要なやるべき事
「3」やるべきである事
「2」やらなくてもよいがやろうとすること
「1」とりわけあまり重要ではないこと

数値化することで、仕事で何をまずやらないといけないかが、手帳を見さえすればひと目でわかります。そして、完了するとそれが終わったという印をつけます。

私の場合、各項目の前に「○」をしています。「○」が増えてきたら、仕事でやるべき事が減ってきていることを示すわけですから、ますますやる気が高まってきますよ。
スポンサーリンク
心の悩みを抱えていても、少し視点を変えることで解消されたり、むしろエネルギーになったりすることもあります。状況を変えるために一歩踏み出してみることで、物事が展開し視界が大きく開けてくることもあります。

成果を積み上げていくことも大切である一方、心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

サイト内検索
スポンサーリンク

人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    当ブログでは、「心」をテーマにした記事を書いています。 例えば、「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「視点を変えて元気になる考え方」、「自分に自信を持つ方法」など。 何かと理不尽なことも多く生きにくい現代社会。これらの記事が、皆さまが明るく幸せな日々を送るための一助になれば幸いです。
    (関連サイト) ・・↑同じく心理系統のブログ。最近はこちらのブログにも新しい記事を更新しています。 ・・夕陽、夜景、農村ほか、絵と文で綴る「日本の旅風景」
    タグクラウド
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます