自分の能力と向き合うヒントのカテゴリ記事一覧

スポンサーリンク

  • ホーム
  • »
  • 自分の能力と向き合うヒント

カテゴリ:自分の能力と向き合うヒント

自分の能力と向き合うヒントのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a0960_006036.jpg人..

自分の能力と向き合うヒント
人間はうまくいかないことがつづくと、自分に自信を失います。それが長期化すると、自分はダメ人間だと思い込んでどんどん自虐的に考えるようになり、他人と会うのをため…

記事を読む

a1180_015960.jpg人..

自分の能力と向き合うヒント
人生には失敗というものがつきものです。どんなに優れた人間でも、成功しつづけることはできないので、失敗は人間にとって万人のテーマといえるかもしれません。スポンサ…

記事を読む

a0001_018015.jpg何..

自分の能力と向き合うヒント
何か新しいことを始めるとき、人間は「自分で果たして乗り切れるだろうか?」という不安を持ちがちです。そして、「失敗したらどうしよう・・」「怖いし逃げたい・・」と…

記事を読む

a1180_009387.jpg ..

自分の能力と向き合うヒント
 社会に出ると、自分の短所を他人から指摘される場面が増えると思います。仕事においては、先輩や上司、あるいはお客などから「君は全然なってない。ここを直すべきだ」…

記事を読む

a0002_002345.jpg ..

自分の能力と向き合うヒント
誰しも今までの人生のなかで失敗をしたことがあると思います。失敗をすることを好きな人はあまりいないと思いますが、人生に失敗がつきもの。一体、どのように失敗につ…

記事を読む

a1180_016058.jpg ..

自分の能力と向き合うヒント
 私たちは会社や学校などでさまざまな人とコミュニケーションをはかりながら生活をしています。ただ、正しくコミュニケーションをはかるというのは本当に難しいもの。誤…

記事を読む

a0002_002345.jpg ..

自分の能力と向き合うヒント
 他人のとった行動や言動で、ひどく腹が立ったことはありませんか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client=…

記事を読む

a1380_000221.jpg「..

自分の能力と向き合うヒント
「自分はだめな人間だ・・」そんなことを話す若者が近年増えている感じがします。ただ、彼らを外面的に観察しても、とりわけ不足しているところが見当たらないというのが…

記事を読む

a0960_007940.jpg仕..

自分の能力と向き合うヒント
仕事や学校などでは、さまざまな新しい知識を記憶することが求められることでしょう。しかし、家に帰っていざ記憶しようと思ったとき、ときには、やる気が起きなかったり…

記事を読む

a1180_010615.jpg ..

自分の能力と向き合うヒント
 学校を出て社会人になると、会社ではいくつもの難関が待ち構えています。まずの難関は、会社の仕事を一から覚えるということだろうと思います。スポンサーリンク s…

記事を読む

人間は生きているだけで十分な価値がある

a0960_006036.jpg

人間はうまくいかないことがつづくと、自分に自信を失います。

それが長期化すると、自分はダメ人間だと思い込んでどんどん自虐的に考えるようになり、他人と会うのをためらうようになってしまいます。

「リストラされた俺は最低だ。人と会う資格なんてない」「私なんて皆さんの迷惑がかかるだけだから遠慮させていただくわ」という風に、自分の殻に閉じこもり、周囲との交流を絶ってしまいます

しかし、本当にうまくいかない人間には価値がないのでしょうか?
スポンサーリンク

それは違っていて、人間はその存在だけでも十分な価値があると私は思います。

つい先日、知り合いから、こんな話を聞きました。

その方のおばあさんは84歳でこの世を去ったのですが 生前は、ガンをはじめさまざまな病気を抱えて寝たきりだったそうです。

さらに晩年はボケまで生じて泣け叫んだりして、本人もそうですが、介護をする側も苦心の日々を送ったのだとか。

当初は「なんでうちのおばあちゃんだけこんなになるのか・・」「私たちはおばあちゃんがいるから、自分の好きなことができない」などとそれぞれ愚痴を言い合いいがみあっていたそうです。

そしておばあさん本人も「こんな状態なら迷惑かけるだけだから早く死にたい。」と常々話していたそうです。

しかし、そんな日々のなかで、誰ともなしに、どのようにしたらおばあさんが幸せな日々を送れるか考えようと言いだしたそうです。

そして、車いすを押す役割、トイレに連れていく役割、食事介助をする役割ほか、率先してそれぞれが役割を担っていったのだとか。

そして、そういった協力体制の日々を送るなかで、以前により増して、家庭が和やかな雰囲気になっていったそうです。

その方は、そのおばあさんがこの世を去ったとき、このように思ったそうです。

» 

失敗を契機に飛躍していける人の特徴

a1180_015960.jpg

人生には失敗というものがつきものです。

どんなに優れた人間でも、成功しつづけることはできないので、失敗は人間にとって万人のテーマといえるかもしれません。
スポンサーリンク

一般的に、失敗といえば、「思わしくないもの」だと否定的に捉えがちです。

失敗をすることによって、財産を失ったり、プライドや自信を失ったり、友人を失ったり・・そこには、失うものを必ず伴うからです。

その失う辛さを考えたとき、「失敗なんてまっぴらだ」と思うのは当然のことでしょう。

ですから、失敗をした後、多くの人は「自分は運がない人間だ・・」「なんで俺だけ辛い目に遭うのか・・」
などと嘆いたり恨んだりするわけです。

そして、なかには、負のスパイラルが起きて、失敗の泥沼から抜け出せなくなってしまう人もいます。

しかし、一方で、失敗をすることでむしろ飛躍的に伸びていく人もいます。

そういった人々は、どのように失敗を捉えているか以前ヒアリングしたことがあったのですが、一つの共通点が浮かび上がってきました。

それは、失敗というものを一方的に良くないものとしてというより、改善のチャンスだと捉えているということです。

というのは、失敗をするからこそ、そこから発見できることや学びえることがあるというのです。

そして、同じ失敗を繰り返さないように注意しながら今後の人生を送ることによって、人生のリスクを回避していける可能性が高まるのだとか。

また、同じ失敗を繰り返さないよう注意する人のなかでも、差が出てくるのだといいます。失敗から学んだことをふまえた行動を生活習慣にとりいれるか否かです。

失敗をしたらその場では「次は気をつけよう」と考えても、なかなかその気持ちを継続していくのは容易ではありません。

失敗を契機に飛躍していく人は、その気持ちを継続できる人々であると私は思いました。

彼らは失敗の原因をしっかり分析し、次回にはどのようにすれば失敗をしないのか対策をしっかり考え行動スタイルまでを変えているのです。
スポンサーリンク

» 

新しいことに挑戦するのが怖いときの考え方

a0001_018015.jpg

何か新しいことを始めるとき、人間は「自分で果たして乗り切れるだろうか?」という不安を持ちがちです。

そして、「失敗したらどうしよう・・」「怖いし逃げたい・・」といった後ろ向きの気持ちが湧き上がってきます。

一体どうしてそのような不安が湧き上がってくるのでしょうか?

スポンサーリンク

不安の原因とは

そのような不安が誘発するのは、自己を防衛する本能が働くためです。

何か新しいことを始めるとき未来は未知数であり誰にも100%の確率で安全であると予測することはできません。

ですから、生命を守るために、不安を感じることを通して、そのリスクを回避しようとするのです。

ただ、「怖い」という気持ちがあれば、マイナスのエネルギーに引っ張られていろいろ不都合も起きることでしょう。

そもそも、人間は、どうして恐怖を感じるとマイナスな感情を持つのでしょうか?

それは、うまくいく理想とする自分と現実の自分の間にあるギャップに意識が集中するからです。

といっても、そのギャップの正体は、幽霊のようなものです。

どんなものかはっきりしたものではありません。

ですからなんだか分からないけれど漠然とした不安を感じる。といった状況になるのです。

ただ、それがやっかいで、それが原因で、人間の行動は大きく阻まれてしまいます。

ですから、その漠然とした不安が何なのKを知り、それを払しょくする必要があるわけです。
スポンサーリンク

ではどうすればよいのでしょうか?

» 

他人から指摘されたことを受け入れないケースもあると思う2つの理由

a1180_009387.jpg

 社会に出ると、自分の短所を他人から指摘される場面が増えると思います。

仕事においては、先輩や上司、あるいはお客などから「君は全然なってない。ここを直すべきだ」「あなたのこの部分が不愉快だ」みたいにズバズバ指摘される場面があるかもしれません。
スポンサーリンク

 欠点を指摘され、至らない点を改善していこうという姿勢はもちろん大切です。

しかし、他人が言ってくることを全て正しいと判断し無条件で受け入れるべきかというと、そうすべきではないと私は思います。

それには2つの理由があります。

理由の1つ目は、他人はそこまで責任をもって発言をしているとは限らないということ。

あなたの成長を真剣に考えて言っているケースもありますが、自分のストレス解消のため、身勝手な価値観の押しつけといった場合もあるのですが。

2つ目は、短所をつぶしていくと長所が失われてしまうといったデメリットもあるという点です。

たとえば「君は何かと斜めから見る癖がある」と上司から指摘されたとします。

上司からすると、素直に自分の言うことをきかない後輩のその姿勢はマイナスだと感じるのかもしれません。しかし、それは裏返せば さまざまな 角度から慎重に物事を判断できる長所ともいえるわけです。

» 

失敗についてどう考えるか

a0002_002345.jpg

誰しも今までの人生のなかで失敗をしたことがあると思います。

失敗をすることを好きな人はあまりいないと思いますが、人生に失敗がつきもの。一体、どのように失敗について捉えればよいのでしょうか?

スポンサーリンク

私たちは学校教育などのなかで、失敗をすることは良くないことだと教えらる機会が多くあります。

そして、良い学校を出て大手企業に入って、高収入の人と結婚してといった具合に、できるだけ失敗をしないような社会のレールを歩もうとします。

それだけ、「失敗をする」ということに対するアレルギーが強いのです。

しかし、どんなに順風満帆に見える人生を送っていても、不測の事態により失敗や挫折がいつ何時起きるかわかりません。

例えば会社社長が事業に失敗して、一夜にしてホームレスになってしまったみたいなことはよくある話です。

人生には人それぞれ度合いは違えど、失敗がつきものですから、「失敗」についてあれこれ考えておいたほうがよいと思います。
スポンサーリンク

そもそも失敗とは何でしょうか?

» 

上司から「お前、使えない奴だな」と叱られたときの考え方

a1180_016058.jpg

 私たちは会社や学校などでさまざまな人とコミュニケーションをはかりながら生活をしています。ただ、正しくコミュニケーションをはかるというのは本当に難しいもの。

誤解も往々にして生まれています。会社においてでいえば、よくありがちなのが、上司から叱られた部下がその上司の言葉を深読みをしすぎて傷ついてしまうケース。
スポンサーリンク

例えば、

「お前、使えない奴だな」と上司から言われ叱られたとします。すると、そう言われた部下のなかには悩みこんで鬱病(うつ病)になったり、立ち直れず会社を辞めてしまう人も出てきます

 なぜそのようなことが起きるかというと、双方のコミュニケーションが正しくできていなかったからです。

 上司からすると、さりげなく注意したつもりなのに、部下からすると、「能力を否定された」と感じ、「俺は使えない無能な奴だ」「会社にとって不必要な人間なんだ・・」と思い詰め、自信を喪失していってしまうのです。

「お前、使えない奴だな」といった言葉を上司からいわれたとき、「どういう意味なのか」をちょっと立ち止まって分析して考えてみることが大切だと思います。

 実際に能力そのものを否定されている場合もありますが、そうではない場合も往々にしてあるからです。
スポンサーリンク

» 

他人の行動や言動から、本当の自分の姿が見えてくる!?

a0002_002345.jpg

 他人のとった行動や言動で、ひどく腹が立ったことはありませんか?
スポンサーリンク

例えば、自分本位な同僚に、仕事のやり方についてネチネチ注意されたとします。そしてあなたは「大きなお世話だ!ほんと、ムカつく野郎だな!」みたいな怒りの感情が高まったとします。

それはどのようなことを意味するのでしょうが?

それは意外なことかもしれませんが 心理学的にはあなたにもその同僚と同様の要素があるという可能性が高いです。

実はあなたにも、その同僚と同じく自分本位なところがあり、誰かを注意して素を持っているのです。ただ、今までの人生経験のなかで得た知恵や観念から、その要素を抑圧しているにすぎないのです。

例えば、「他人に干渉しすぎたら嫌われる」「他人を注意したら逆切れされる可能性が高い」みたいな知識が身についているため、普段はそれを理性で抑えているのです

でも、実は、あなたも誰か他人を注意したい要素を持っている。

ですから、それを刺激するものが目の前にあらわれたとき、その葛藤が、腹立たしさや怒りとして表出するというわけなのです。

他人は自分を映す鏡です。他人の言動や行動で自分がどのような感情を持つかどうか知ることで、自分が本当はどんな欲求を持っているのか、どんな人間なのかを知ることができるのです。
スポンサーリンク

上記はネガティブな事例でしたが、一方でポジティブな要素から、考えることもできます。

» 

 タグ

仕事などで「自分はだめな人間だ」と思ってしまう時の考え方

a1380_000221.jpg

自分はだめな人間だ・・」そんなことを話す若者が近年増えている感じがします。

ただ、彼らを外面的に観察しても、とりわけ不足しているところが見当たらないというのが実情だったりします。

たとえば、英語は堪能で容姿も端麗、家族や友人にも恵まれているし、仕事も順調にこなしている。そんな若者が「自分はだめな人間だ」と話しても、「そんなわけないでしょ」としか思えないわけです。

 そこで、彼らから話をじっくりと聞いてみて「自分はだめな人間だ」という言葉がどこから出てくるのか分析したところ、大抵は、過去にその原因があることが分かりました。
スポンサーリンク

たとえば、兄弟がとびきり優秀で幼少の頃から比較されて「お前はだめな人間だ」と言われて育ってきていたり、友人と比較して劣等感を抱えているなどです。

それが社会人となり仕事をするようになってからもひきづっているというケースが多いようなのです。

客観的に観ると「自分はだめな人間だ」と自己評価するほど、本人たちに何か決定的に足りないものがあるとは思えないわけです。

ただ、本人が「自分はだめな人間だ」と思い込んでいる以上、第三者としてはどうしようもありません。

「あなたはだめな人間ではない」といくら話して説得したところで、長年かけて固定化されたコンプレックスや捻れた価値観をもとに戻すことは容易ではないからです

ではどうすればよいのでしょうか・・?
スポンサーリンク

劣等感を持つ人が自信を回復するためのコツ

「自分はだめな人間だ」そう感じる人が、もしおられるならば、「自分はだめな人間だ。もう駄目だ・・」と投げやりになってしまわずに、「自分はだめな人間だ」」と思う理由を徹底的に分析してみる方がよいと思います

 例えば、「仕事で人前で話すのが苦手」ということが原因で、「自分はだめな人間だ」と思い込んでいる人がいたとします。

そのようなときは、自分は人前で話すのが苦手なのか?なぜそのように感じたのか?などを徹底的に分析してみるとよいのです。

そして、できないことは「できない」と認めてしまうことです。

「できないこと」を「できるようにならねば」と思うからしんどいのです。

上記の例ならば、「私はあがり症なので、仕事でも人前で話すことはできない」と認めてしまえばよいのです。

そしてその次にすべきことは、「できること」を考えて文に加えることです。

もし達筆で手紙を書くことができるならば、「自分は達筆で手紙で文章を書いてメッセージを伝えることはできるが、私はあがり症なので、仕事でも人前で話すことはできない」というふうに。

「できること」「できないこと」の両方を考えてみるとよいと思います。

そう考えたとき、不思議と気持ちが楽になってきませんか?

できないことは「できない」と認め、できることは「できる」としっかり考えることで、「できないことをできるようにならねばならない」というプレッシャーが消え自信も湧いてくるのはないでしょうか。

記憶しやすくなるコツA「椅子に座らず立って覚える」

a0960_007940.jpg

仕事や学校などでは、さまざまな新しい知識を記憶することが求められることでしょう。しかし、家に帰っていざ記憶しようと思ったとき、ときには、やる気が起きなかったりはかどらなかったりすることはないでしょうか?

そんなときは、記憶の効率を上げるコツのひとつとしては立ったままで作業をすることが挙げられます。立つことによって集中力が高まり記憶もしやすくなるのです。
スポンサーリンク

本屋で立ち読みをしたとき、短時間しか読んでいないのに記憶がなぜか定着しているという経験がありませんか?

それは立って読み緊張を強いられることで、脳に循環する血液の量が増加してフル回転するからです。

足は少々疲れるかもしれませんが、結果的に、短時間で記憶でき、記憶の定着率もよいのです。

椅子に座ってしまうと、確かに楽でリラックスをすることはできるというメリットがあります。しかし、疲れているときなどは、眠たくなってしまい、集中力が落ちてしまいます。

そんなときは、思い切って椅子を片付けて、立ったまま作業をしたり記憶をしたりするほうが能率的だと思います。
スポンサーリンク

ちなみに、立って作業をするといえば、会社のなかには、全員が立ったまま会議をする会社もあるそうです。

その理由は、全員が立って話し合うほうが能率が上がりコミュニケーションも活発になるからなのだとか。

立って会議をすることで、個々の社員は足腰が疲れるわけですから一見するとマイナスのように思われがちですが敢えてそうすることで斬新なアイデアが生まれやすく、意思決定が速くなるというのです。

さらに会議も短時間で終わってしまうようでいろいろな意味で効率的ですよね。

記憶をしたり、意思決定をしたりするとき「立って行う」ことで能率を上げる。仕事や勉強の場でもぜひ活用したいところです。

記憶する能力を高めるコツ@「ペグ法とは」

a1180_010615.jpg 

学校を出て社会人になると、会社ではいくつもの難関が待ち構えています。まずの難関は、会社の仕事を一から覚えるということだろうと思います。
スポンサーリンク

一定の期間は研修として設けている企業が多いものの、学生気分を捨て、膨大なマニュアルを記憶するのは大変な作業です。記憶力が良い人ならいいのでしょうが、そうでなければ、覚えるのにひと苦労。

その会社独自の書類の書き方、仕事の段取り、会社のルールなどが存在していて、慣れないうちは、四苦八苦するものだからです。

社会人は給料をもらう以上、仕事が覚えられなければ、学生時代のように笑って済むということはほぼありません。先輩社員にこっぴどく叱られる上、最悪はクビを宣告されてしまいます。

では、どのようにすれば新しいことを効率よく記憶できるのでしょうか?そこで今回は、記憶をしやすいテクニックをひとつである記憶術「ペグ法」を紹介したいと思います。
スポンサーリンク
ペグ法とは、いかにも変わった名称の記憶術ですが、「ペグ法」の「ペグ」とは掛け釘のことを指します。帽子などを掛けるフックのこと。

そのイメージどおり、既に記憶に定着しているもの(掛け釘)に(新しい知識)を関連付けて記憶する方法、それが「ペグ法」なのです。

ペグ法では、まずは記憶の基盤となる、「掛け釘」を決めることから始めます。そこでは既に記憶に定着しているものを思い浮かべてみてください。

例えば、通学や通勤で使っている鉄道の駅、いつも乗っているバスのバス停など。頭、手、足など体の部位でもOK。

あるいは、SMAPの5人のメンバーなど複数メンバーで構成されているアイドルグループや好きな漫画やドラマの登場人物などを思い浮かべても良いと思います。

要は、記憶の基盤となる、「掛け釘」は親しみがあったり身近であったりして、鮮明に思い出せるものがよいのです。

記憶の基盤となる、「掛け釘」を決めたら、あとは新しく記憶する対象と関連付けて覚えていきます。覚えにくければ 短い物語をつくって覚えればよいです

なお、記憶を定着するペグ法のなかでも、「場所法」と呼ばれる記憶術は、記憶術の達人たちがしばしば活用する方法です。

ペグ法の「場所法」とは、通学や通勤で使う道などで見える風景を記憶の基盤となる、「掛け釘」として決めて記憶する方法です。

例えば、家を出て階段を降りて、道をまっすぐ、歩道橋を渡って、階段を上って、図書館へ向かう・・・みたいなルートを、記憶の基盤となる、「掛け釘」をするといった具合です。

そして、新しく覚える対象と、そのルートで見えるものを関連付けて覚えるというわけです。関連付ける際、イメージでそのまま配置するのもよいですし、覚えにくいものならば、短い物語をつくって覚えてもよいですよ。

なお、 記憶の基盤となる、「掛け釘」は、ペグ法(場所法)においてとても重要なポイントなので、もしはっきりと思い出せなければ、カメラを持って再度歩いてみて、見たものを写真で撮影してみるのもよいかもしれません。

写真をもとに記憶をしていくとより確認作業が正確にできて効果的ですよ。 
ひとり旅のすすめ
心が疲れたとき、ひとり旅にでかけるというのも疲れを解消する手段のひとつだと思います。見知らぬ土地に行って郷土の味覚を探したり温泉でのんびりしたり。あるいは小さい頃に住んでいた懐かしいまちや修学旅行に訪れた観光地に訪れるというのもよいかもしれません。

普段の環境から少し抜け出てみることで、視野が広がり、今まで見えなかったことが見えてきたり、新しいアイデアが思い浮かんできて、前向きなエネルギーが湧いてくることも多くあるものですよ。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    失敗つづきだったり緊張を強いられる場面に遭遇したら、人は不安を感じやすくなります。ただ、心の不安は、少し視点を変えてみるだけで解消できることもあるものです。 「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「自分に自信を持つ方法」など「心」をテーマにした記事を書いています。皆様が明るく幸せな日々を送るための参考資料のひとつになれば幸いです

    お問い合わせ

    タグクラウド
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます