成功するためのヒントのカテゴリ記事一覧

スポンサーリンク

カテゴリ:成功するためのヒント

成功するためのヒントのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a1380_000189.jpg仕..

成功するためのヒント
仕事でも勉強でも、大きな目標を掲げ、目標達成に向けて努力を重ねるのは大切なことであると思います。スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;h…

記事を読む

a0960_005243.jpg人..

成功するためのヒント
人生には、相応の努力をしているのに、なぜかものごとがうまく運ばないことがあります。そんなとき、私たちは「自分には実力がないのか・・」「運が悪い私には無理なのか…

記事を読む

a0960_005490.jpg掲..

成功するためのヒント
掲げた目標が大きければ大きいほど、それを成し遂げるのは困難なことです。そのためには、忍耐や努力も当然必要になってきます。ただ、その根底にある意欲を継続すること…

記事を読む

a0002_002345.jpg人..

成功するためのヒント
人それぞれ、将来に向けて何らかの叶えたい夢や目標を持っていると思います。しかし、人によって、真面目に努力をしているのにいつまで実現できない人と、あまり努力をし…

記事を読む

a1180_016058.jpg努..

成功するためのヒント
努力を重ねたのになかなか思うような結果が出ないときというのは誰しも経験があるかもしれません。結果がでなくても努力を継続していけば、最終的には良い結果にたどりつ…

記事を読む

a0070_000044.jpg何..

成功するためのヒント
何らかの目標を立てて生活を送っていると多いと思います。しかし、その目標を達成出来る人とそうでない人がいます。その違いは一体何なのでしょうか?スポンサーリンク …

記事を読む

a1180_015962.jpg人..

成功するためのヒント
人生においてミスや失敗はつきものです。特に、仕事においてミスや失敗をした経験は誰しもあるかもしれません。スポンサーリンク style="display:inline-block;width…

記事を読む

a0830_000116.jpg仕..

成功するためのヒント
仕事や勉強など、何か物事を成し遂げる上で、「忍耐力の継続」が重要であることは言うまでもありません。しかし、忍耐力を継続するというのは、実際のところ、容易なこと…

記事を読む

a1180_015960.jpg良..

成功するためのヒント
良くない出来事が起きると、思わしくない出来事が次から次へと起きた経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?いわゆる負の連鎖と呼ばれるものです。スポンサーリンク …

記事を読む

a0001_018016.jpg人..

成功するためのヒント
人生には、「なんで自分だけがこんな目に・・」と思える不遇な出来事が、降りかかってくることがあります。例えば会社でいえば、楽しみにしていた転属先で、高圧的な上司…

記事を読む

目標達成をするために、無理のない目標設定の鉄則とは

a1380_000189.jpg
仕事でも勉強でも、大きな目標を掲げ、目標達成に向けて努力を重ねるのは大切なことであると思います。
スポンサーリンク

ただ、目標を掲げて目標達成に向けて努力を重ねていたとしても、人によっては目を輝かせハツラツと取り組める人と、不安と心配を抱え込んでしまう人がいます。

前者の場合、そのまま目標達成につながるケースが多いように思いますが、後者の場合、目標を掲げたことが逆にそれがプレッシャーになり、目標達成前に挫折するケースが少なくないと感じます。

せっかく立派な目標を掲げたとしても、それが挫折の原因になってしまうならば元も子もありません。

<掲げた目標でしんどくなる人は目標設定を再チェック>

目標に向かって邁進しながらもそれがプレッシャーとなってしまう人は、目標設定が高すぎていないかチェックしてみる必要があると思います。

もし自分の能力や実力で達成困難な目標を掲げていたら、ネガティブな感情が生みだされてしまっているはずです。

たとえば、営業で新規顧客を1日1人とれる営業マンが、「よし1日10人とるぞ」という目標を掲げても難しい状況になるわけです。

確かに大きな目標を掲げることは意味はありますが、現時点で達成困難だと分かる目標を立てたとしてもそのプロセスを楽しむことは難しいでしょう。

例え1日3人の新規顧客をとれたとしても、「たったの3人しかとれなかった。目標の10人にはほど遠い。」としか考えられなくなるからです。

そうなると、自分自信を責め「俺はこの仕事に向いていないのかもしれない・・」と自己嫌悪に陥ってしまうわけです。

目標値を達成できなかったら、その都度自分を責めていては、せっかくのやる気も減退してしまいかねません。
スポンサーリンク

» 

何をやってもうまくいかないときにチェックしておきたいこと

a0960_005243.jpg

人生には、相応の努力をしているのに、なぜかものごとがうまく運ばないことがあります。

そんなとき、私たちは「自分には実力がないのか・・」「運が悪い私には無理なのか・・」と卑下してしまいがちです。
スポンサーリンク

うまくいかないことが続くとき、ひとつチェックしてしておきたいことがあります。

それは、自分の心のどこかに、「現状維持をしたい気持ちはないか」ということです。

というのは、人間の防衛本能として「現状維持をしたい」という気持ちが誰にもあり、それが強く働きすぎると、それがものごとの運びを妨げているケースもあるからです。

環境や条件が変われば、必ず失うものもあります。

その失う不安を感じたとき、人間は無意識のうちに「変化をしたくない」という結果を目標にして行動をしてしまうのです。

例えば、会社で上司から昇進の話をもらったとします。

一般的に昇進をすることは喜ばしいことです。それだけ肩書も加わり給料も増えるわけですから。しかし、そこで一抹の不安も感じる人もいるかもしれません。

「俺にたくさんの部下をまとめられるだろうか・・?」「今までの居心地のよい人間関係が崩れてしまわないだろうか・・?」といった不安を。

今より豊かな生活をしたいけれど、環境が変わりそれがストレスになるかもしれないと思ったとき、人によっては「変化をしたくない」と強く念じてしまうのです。

そのように念じてしまうと、ものごとが円滑に運ばないように、無意識の力が働いてしまうのです。そして、意欲が減退したり体調が悪くなったりと、変化を妨げるような症状がではじめるのです。

とりわけ、自分に自信がなくものごとを悲観的に考えがちの人は、変化を怖れる気持ちが強く発展することを妨げる力が内部に大きく働くようです。

確かに、現状維持をしようとする気持ちをもって慎重に行動することは、さまざまなリスクから身を守るために重要なことです。

しかし、あまりにその気持ちが強すぎると、努力をしていても意欲が低下するなど、無意識のうちに成功することを阻むような力が内部に働いてしまうのです。

その自身の心のなかで起きている「向上をしたいけれど変化をしたくない」という葛藤をどのように自身でコントロールするかが問題です。そこでは、「失敗」についてどう考えるかもキーになると思います。

» 

目標を達成しやすくするためには行動を習慣化することが有効

a0960_005490.jpg

掲げた目標が大きければ大きいほど、それを成し遂げるのは困難なことです。そのためには、忍耐や努力も当然必要になってきます。

ただ、その根底にある意欲を継続することはそう容易なことではなく、人によって差が出てきます。

スポンサーリンク

やる気というものは、その日の体調によっても上がったり下がったりするものですし、ある日突然、やる気がなくなってしまったということも往々にしてあるものです。

そんなとき、やる気が高まるのを待てば回復してくる場合もありますが、そうならないこともあり難しいものです。

大きな目標があり、その実現には意欲を継続して努力を重ねる必要性があると思ったとき、そんなときは、「行動を習慣化すること」を意識すると良いと思います。

やる気があるときだけ作業をするという考えよりも、どんなに忙しい日も、その目標を叶えるための作業を少しでもいいからやるということを意識するのです。

例えば、資格試験の勉強ならば、休みの日のやる気があるときに一気に進めようという考えよりも、毎日、1分でもいいから参考書を開くのを習慣化することを意識するほうが効果的だと思います。

» 

夢や目標を実現できない人と、いとも簡単に実現してしまう人の思考の違いとは

a0002_002345.jpg

人それぞれ、将来に向けて何らかの叶えたい夢や目標を持っていると思います。

しかし、人によって、真面目に努力をしているのにいつまで実現できない人と、あまり努力をしている様子がないのにやすやすと実現してしまう人がいます。
スポンサーリンク

なんだかおかしな状況とも思えるかもしれませんが、一体、両者にはどのような違いがあるのでしょうか?
それは、目標や夢を思い描き方が具体的か否かの違いだと思います。

日々、堅実に努力をしていても、なかなか思うような人生になっていない人は、将来に対して抽象的なイメージしか描けていないことが多いような気がします。

目標や夢はあっても、漠然としていて具体的ではないのです。例えば、「良い会社に入りたい」「お金持ちになりたい」といった具合に。

彼らに良い会社とはどのような会社なのかということを質問しても、「なんとなく、大きくて保障制度が充実している感じでしょうか・・」といった漠然とした回答しか返ってきません。

また、お金持ちになって何をやりたいのですか?と質問しても、「ん・・貯金ですかね・・」みたいに判然としない回答が多いような気がします

漠然とした目標でもあるに越したことはありませんが、それだけではなかなか潜在意識が働きませんし、自分には無理じゃないか?などと疑問が湧いてきて気持ちが後ろ向きになってしまいかねません。
スポンサーリンク

一方、いとも簡単に夢や目標を実現している人々は、確かに努力をしている面はありますが、夢や目標を具体的に思い描いている共通点があるような気がします。

» 

困ったり行き詰ったとき、突破口を見だすことができやすい考え方

a1180_016058.jpg

努力を重ねたのになかなか思うような結果が出ないときというのは誰しも経験があるかもしれません。

結果がでなくても努力を継続していけば、最終的には良い結果にたどりつく場合もありますが、それだけでは解決の糸口が見えてこない問題も人生にはあるものだったりするのです。
スポンサーリンク

そんなときは、自分ひとりで解決しようとせず 信用できる他人に現状を伝え相談するというのも一案ではないかと思います。

というのは、世間にはITに長けている人、コミュニケーションをとるのがうまい人、発想力がすごい人など、それぞれ長所や才能を持っている人がいるからです。

それらをうまく活用すれば、自分がどんなに努力してもできなかったことが、いとも簡単に達成できてしまうということが現実的に多々あると思うのです。

ただ、人間は行き詰ったときに限って、うまくいっていないことを他人に話すのは恥ずかしいと考えてしまいがちです。

そして、「失敗を誰にも知られたくない」「こんな自分に誰も協力してくれるわけない」などと否定的なことばかり考え、自分の殻に閉じこもってしまいがちになります。

その結果、立ち直るまでに膨大な時間がかかってしまったり、同じ方法を繰り返して失敗を重ねてしまったりするということになることが少なくありません。
スポンサーリンク

» 

目標を達成できる人とそうでない人の違いとは

a0070_000044.jpg

何らかの目標を立てて生活を送っていると多いと思います。しかし、その目標を達成出来る人とそうでない人がいます。

その違いは一体何なのでしょうか?
スポンサーリンク

それは、目標へ向かうときの気持ちがポジティブかネガティブかの違いだと思います。

大きな目標に限って、達成までの道のりは長いものです。その過程では、挫折や失敗をしたり、なかなか結果が出ないこともあるかもしれません。

そんなとき、目標を達成できない人は、「今の努力って無駄なんじゃないだろうか?」ですとか、「自分には無理なんじゃないだろうか?」といったように、マイナス思考で物事を考えがちです。

そして、その言葉通り、失敗する方向に向かってしまうことが多いような気がします。

その理由は、ネガティブ思考で考えることで、人間の潜在意識にその感情が刷り込まれ、心身がその実現化に向けて稼働してしまうからだと思います。

努力をしているのにいつも何故か結果が出ない人は、そういった「思考の方向性」に何らかの問題があるように思います。
スポンサーリンク

一方、高い目標を次々と達成できる人は、実現までの過程で終始明るい顔をしていることが多いように思います。

そこには、必ず目標を達成できるという絶対的な自信がうかがえるとともに、挫折や失敗を含めたその過程を楽しんでいるようにも映ります。

» 

ミスや失敗したとき、成果をあげやすい考え方とは

a1180_015962.jpg

人生においてミスや失敗はつきものです。特に、仕事においてミスや失敗をした経験は誰しもあるかもしれません。
スポンサーリンク

そんなとき、上司からこっぴどく叱られたり人格を否定されるような言葉を投げつけられたことのある方は少なくないと思います。

ミスや失敗をしたとき、殊に真面目な人は、そのミスや失敗の原因を分析し、次には絶対同じようなミスをしないよう、不足部分を埋める努力をしようとします。

今後の成長を考えたとき、そのように原因分析をして弱点を克服する対策を立てるのは正しい方向性であることは言うまでもありません。

しかし、不足しているところを埋めようとするだけでは、人によっては心がふさぎ込みがちになり、良い方向に向かわないこともあります。
スポンサーリンク

それは一体どうしてなのでしょうか?

» 

仕事や勉強で忍耐力を継続するために重要なこととは

a0830_000116.jpg

仕事や勉強など、何か物事を成し遂げる上で、「忍耐力の継続」が重要であることは言うまでもありません。

しかし、忍耐力を継続するというのは、実際のところ、容易なことではありません。

スポンサーリンク

なぜなら、ある目標を掲げていたとしても、忍耐の継続が成功に確実に繋がるとは限らないと人はつい考えてしまうからです。

そこでは失敗することのリスクを考えては、そういった状況に陥ることが怖いと考えてしまいがちなこともそれに影響していると思います。

さらに、忍耐力を持って何かに取り組んでいる人がそれをやめてしまうのに追い打ちをかけるのが、周囲の人間たちの声です。

「そんなのできるわけないよ」

「君には到底無理だよ」

といった具合に、確実性のないものに対してはいろんな人が否定的な意見を述べてきます。

それは、良かれと思ってのアドバイスである場合もありますが、大抵は大した根拠のない無責任な発言だったりします。

そういった言葉を聞き続けていると、人間は「やっぱり自分には無理なのかな」と思って努力を重ねることをやめてしまうことも少なくありません。
スポンサーリンク

では、人間が忍耐力を保っていくためには、どのようなことが重要なのでしょうか?

» 

負の連鎖を止め、良い出来事を起こすために必要なこと

a1180_015960.jpg
良くない出来事が起きると、思わしくない出来事が次から次へと起きた経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

いわゆる負の連鎖と呼ばれるものです。
スポンサーリンク

負の連鎖と潜在意識の関わり

そのように良くない出来事が連続して起きる「負の連鎖」は偶然にすぎないという見方もできるかもしれません。

一方で、必然的に起きるという考え方もあります。

良いときが起きるときは、次から次へとラッキーなことが起きます。

その原因は、良い出来事が起きることで自信と前向きな感情が生まれ、未来に向けてもプラスイメージの思考が働くからだと思います。

一方、良くない出来事が起きたときは、人間は自分自身や周囲の環境を否定し、将来についても悲観的な感情で物事を考えがちになります。

そのマイナスな感情が潜在意識に組み込まれれば人間の心身はその感情を維持するシーンを現実的につくりだすためにフル稼働しはじめます。

そして、本人が意識しないうちに、そのマイナスな未来を実現する方向に最短距離で物事が動き出します。

潜在意識の力が、未来に大きな影響を与えることを考えたとき、現状や過去の出来事に対してマイナスな感情をもってあれこれ思考を巡らすのは得策ではないということになります。

なぜなら、過去や現状に対するマイナスな感情は、将来に対する悲観的な感情も同時に生んでしまうからです。
スポンサーリンク

» 

挫折や失敗、不遇に思える状況を人生好転のチャンスに変えられる人とそうでない人の違い

a0001_018016.jpg

人生には、「なんで自分だけがこんな目に・・」と思える不遇な出来事が、降りかかってくることがあります。

例えば会社でいえば、楽しみにしていた転属先で、高圧的な上司の部下として働くことになったときなど。
スポンサーリンク

高圧的な上司から、何十分も説教される、理不尽に怒鳴られる、人格を否定される暴言を吐かれる・・そんなことがもし会社で毎日のように続けば、心身はボロボロになってしまうことでしょう。

そして、「なんて自分は不運なんだ・・なんで自分だけ・・」と嘆いてしまうのは仕方のないことだと思います。

ただ、そういった不遇とも思える出来事は、後々になってみて振り返ってみると、人生の転機になっていたり、新しいことを発見する契機になりうるという考え方もできるかもしれません。

ちなみに私の場合は、何をやってもうまくいかず、人生が落ち込んだ時があったのですが、それを克服する方法を探すために、たくさん本を読みました。

それは少なからず今につながっていると後々になって振り返ってみるとそう思います。

思い通りにことが運ぶ、挫折も失敗もない順風満帆な人生は、一見すると理想的かもしれません。

穏やかで波風の立たない毎日、平和でほのぼのした日々、それは幸せなように映りがちです。

ただ、悪役のいないドラマが詰まらないように、不遇に思える出来事や事件が何も起きなければ、それはストーリーとしてはあまり面白みのないと言ってよいかもしれません。

挫折や失敗をしたり不遇と思える出来事が人生に降りかかってくるからこそ、そのストーリはドラマチックに輝いてくるのです。

そして、実際に、挫折や失敗、不遇な状況をきっかけに人生を好転させた人の事例も存在します。

ただ、残念ながら現実社会においては、その状況にめげてしまい人生をより悪化させていく人も多い感じもします。
スポンサーリンク

一体、挫折や失敗、不遇に思える環境から人生を好転させる人と、より転落していく人とでは考え方にどのような違いがあるのでしょうか?

私なりに友人や知り合いや自身の人生を分析してみて、思い当ったことがあります。

それは、不遇に思える状況に対して、単純に嘆くだけなのか、それともわずかでも感謝の気持ちを持つかの違いです。

挫折や失敗をしたとき、不遇な環境下にあるとき、その状況が不快であることは誰しも同じだと思います。問題はその後の捉え方です。

「俺は運がなさすぎる」と単にふて腐れてしまうか、それとも「あのようなことがあったから、○○を学べた。△△に気づけた。」と感謝の気持ちを持つかの違いです。

前者の場合、負のスパイラルが起きて、そこから抜け出せない状況がつづく可能性が高いと思います。

一方で後者の場合、ひょんなことから人生は好転していった事例が多く見受けられます。

» 

ひとり旅のすすめ
心が疲れたとき、ひとり旅にでかけるというのも疲れを解消する手段のひとつだと思います。見知らぬ土地に行って郷土の味覚を探したり温泉でのんびりしたり。あるいは小さい頃に住んでいた懐かしいまちや修学旅行に訪れた観光地に訪れるというのもよいかもしれません。

普段の環境から少し抜け出てみることで、視野が広がり、今まで見えなかったことが見えてきたり、新しいアイデアが思い浮かんできて、前向きなエネルギーが湧いてくることも多くあるものですよ。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    失敗つづきだったり緊張を強いられる場面に遭遇したら、人は不安を感じやすくなります。ただ、心の不安は、少し視点を変えてみるだけで解消できることもあるものです。 「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「自分に自信を持つ方法」など「心」をテーマにした記事を書いています。皆様が明るく幸せな日々を送るための参考資料のひとつになれば幸いです

    お問い合わせ

    タグクラウド
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます