誰かを励ますヒントのカテゴリ記事一覧

スポンサーリンク

カテゴリ:誰かを励ますヒント

誰かを励ますヒントのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a0790_001009.jpg燃..

誰かを励ますヒント
燃えつき症候群の人は、自分が望まないことを長年かけて真面目に続けてきた人だと思います。スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280p…

記事を読む

a0960_007940.jpgあ..

誰かを励ますヒント
あなたの周囲には、自分の失敗を他人のせいにばかりして感情的に話す人はいませんか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" …

記事を読む

a0960_005882.jpg落..

誰かを励ますヒント
落ち込んでいる人は、過去の悲しみや未来への不安に打ちひしがれ、八方ふさがりになっている状態です。いわば精神的にコントロールできていない状況であるため、励ますと…

記事を読む

a0960_005277.jpg同..

誰かを励ますヒント
同僚が仕事でミスをして落ち込んでいるとき、どんな言葉をなぐさめる言葉として選べばよいでしょうか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;h…

記事を読む

燃えつき症候群の人の心理と周囲の人間ができることとは

a0790_001009.jpg
燃えつき症候群の人は、自分が望まないことを長年かけて真面目に続けてきた人だと思います。
スポンサーリンク

おそらく、行動する原動力が、自分の本心からではなく、周囲の人間からの評価であった。

他人の価値観に合わせて無理に行動していたから、気持ちがとぎれたときエネルギーが起きない状態になってしまったのだと思います。

燃えつき症候群になる人の心理の根底には、周囲の人間が求める行動をとらなければ疎外されてしまうのではないか?という不安と恐怖があると考えられます。

たとえば、私の知り合いのには、公務員になって燃え尽き症候群になった人がいます。

それは、安定した収入を得られるという理由で親が敷いたレールに乗っかったのが発端だったといいます。

本人からすると公務員の仕事内容に興味がないし他にやりたい仕事があった。

しかし、親にがっかりされるかもしれないことに恐怖を感じてその通りにしたところ、ある日エネルギーが湧かなくなってしまったといいます。

「認めて欲しい」という心理と、「期待に添うことができなければ見離されるかもしれない」という不安と恐怖・・。

そういった追われるような心理状況で自分が望まない行動をとることが日常となってしまえば、心に歪みが生まれてきます。

そして仮に周囲の人間が望む結果を出そうが社会的に素晴らしいと言われようが、本人は嬉しく感じることができません。なぜなら、それは本人が本当に望んだことではないからです。

周囲が求める結果を自身の本心を蔑ろにして無理に達成したとしても、達成感が湧いてきませんし、どこか心にモヤモヤしたものと虚しさが残ってしまうのです。

そうなるとある日、「一体 自分は今までなぜこんな意味のないことをやってきたんだろう?」という疑問が湧きあがり心のなかに葛藤が生まれます。

すると、一気に今まで心身を突き動かしてきたエネルギーがストップしてしまうのです。

それは、他人から評価を得たいという動機そのものに疑問を感じたとき、自分自身の中身が空洞であることに気づくからです。
スポンサーリンク

虚しさとイライラした気持ちとやるせなさと、そういったさまざまな感情が同時に発生し、本人は自分がどこに向かうべきなのか何を心の励みに生きていけばいいのかわからなくなってしまいます。

いわゆる燃え尽き症候群になってしまうのです。

では、燃え尽き症候群に陥ってしまった人を前にして周囲の人間ができることは、どのようなことがあるのでしょうか。

» 

自分の失敗を他人のせいにして感情的に話す人の心理と対処法

a0960_007940.jpg
あなたの周囲には、自分の失敗を他人のせいにばかりして感情的に話す人はいませんか?
スポンサーリンク

そういった人は過去における自分の失敗について話し出すと止まりません。

「あいつのせいで俺は駄目になってしまったんだ!」
「あの会社に入ったせいで私のの人生はめちゃくちゃになりました!」

というように、自分のことは棚に上げて、他人や環境を自身の失敗の原因として強く主張してきます。

困るのは、そういった話を一方的に聞かされる周囲の同僚や友達かもしれません。

本人にとっては重大な問題でも、聞かされる側からすると自分と関係が薄いことですし、感情的に話されても、どのように対応していいか難しいと思うからです。

そもそも、過去の失敗を他人や環境のせいにして主張する人は、なぜそのような激しい論調で自身の考えを他者に主張しようとするのでしょうか?

それは自分の思いを他人に伝えて共感して欲しいからだと思います。
スポンサーリンク

彼らの多くは、考え方が合理的で、根が真面目な人たちです。

他人のアドバイスをきちんと守り、正当な努力をしてきた。それにもかかわらず報われなかったから、心の中に激しい葛藤を抱え込んでしまったのです。

正当な努力をしたらそれなりの良い結果がもたらされるはずだと信じてがんばってきた。

それだけに、結果が伴わなかったときのショックと落胆は相当なもので、心が疲れて行き場のない状態に陥ってしまっているのだと思います。

自分は他人を信じ努力を重ねてきたのに関わらず、その努力は報われることがなかった。

しかし一方で、周囲には、大した努力をしていないのに大成功をおさめている人間もいる。そういった状況も納得いかないわけです。

ただ、人間社会は不合理な部分が少なくなく、殊に物質的な豊かさや地位・名誉などは努力の度合いと比例するとは限りません。

人一倍努力をしているのに、それが報われないということも、往々にしてあるわけです。

たとえば、会社のために尽くしてきたのに万年平社員の人もいれば、出来が悪くても社長の子息というだけでどんどん昇進していく人もいるわけです。

そういった不合理と思えることが、社会にはいろいろあるわけです。

人間はそのような社会のなかにおいても、ポジティブな思考を持って喜びや感動を探していくことが、豊かな人生を送るために必要だと思います。

しかし、合理的な考えに固執する人はそうはなかなかそうはいきません。

社会の不合理な部分に目を向け、「これはおかしい!」「俺は納得いかない!」といった具合に徹底的に批判しようとします。

では、自分の失敗を他人や環境のせいにする人は、どうしてその話をし出すと止まらなくなるのでしょうか?

» 

落ち込んでいる人を効果的に励ますには「共感」+「褒める」で

a0960_005882.jpg

落ち込んでいる人は、過去の悲しみや未来への不安に打ちひしがれ、八方ふさがりになっている状態です。

いわば精神的にコントロールできていない状況であるため、励ますときには、慎重にならねばなりません。
スポンサーリンク

もし自分の考えや価値観を落ち込んでいる人に伝えるならば、自分の意見をすぐに言わないほうが無難でしょう。

なぜなら、落ち込んでいる人は、ものごとを悪いように解釈する心理状況にあるからです。

他者がどんなに良いことを言ったとしても、本人は言葉が入りにくい状態にあるのです。

例えば、落ち込んでいる人を前にして「男が泣くなんて情けないぞ」ですとか、「俺は○○という意見だが、やってみたらどうか?」のように言っても、よほど親しい人でない限り「お前に何がわかるんだ?」と逆に反発心を持たれてしまうわけです。

» 

仕事でミスした同僚をなぐさめる言葉はどんなものが適切か?について

a0960_005277.jpg

同僚が仕事でミスをして落ち込んでいるとき、どんな言葉をなぐさめる言葉として選べばよいでしょうか?
スポンサーリンク

なぐさめる言葉によって、その同僚は元気になれる可能性があると思います。

しかし、良かれと思って選んだなぐさめる言葉を投げかけたところ、場合によっては、余計に相手を落ち込ませてしまうケースもあるので注意が必要です。

なぐさめる言葉として、否定的な言葉を相手に投げかけるのはやめておいたほうがよいと思います。

例えば、仕事でミスをした同僚をなぐさめる言葉としてしばしば見受けられるのが、「これくらいのことで落ち込んではいけないよ」という言葉です。

声をかけたほうは、同僚が落ち込んでいるのを見ていられいないと激励の気持ちを込めて、この言葉をなぐさめる言葉として選ぶわけです。

しかし、大抵は逆効果となってしまいます。
スポンサーリンク

なぜなら、仕事でミスをした同僚が落ち込む理由は、全力で仕事をしたにもかかわらずミスをした自分に自信を失っていると考えられるからです。

未来に対して不安になっている状態なのです。ですからそんなとき、「これくらいのことで落ち込んではいけないよ」と、現状を否定されても「よしがんばるぞ」とはならないわけです。

今はそれ以上がんばれないから落ち込んでいるわけですから・・。

では、同僚が仕事でミスをして落ち込んでいるとき、どんな言葉がなぐさめる言葉としてふさわしいかといえば、現状で落ち込んでいるのを認めたうえで、将来は明るいことをほのめかした肯定的な言葉が良いように思います。

たとえば「(今は、○○の場面でミスをしてしまい落ち込んでいるかもしれないけれど)今度は△△してみたら大丈夫だよ」みたいに感じに。

現状を認めた上で未来は大丈夫だというニュアンスの肯定的な言葉を、なぐさめる言葉として選択することで、落ち込んでいる同僚は元気になれる可能性が高まると思うのです。
ひとり旅のすすめ
心が疲れたとき、ひとり旅にでかけるというのも疲れを解消する手段のひとつだと思います。見知らぬ土地に行って郷土の味覚を探したり温泉でのんびりしたり。あるいは小さい頃に住んでいた懐かしいまちや修学旅行に訪れた観光地に訪れるというのもよいかもしれません。

普段の環境から少し抜け出てみることで、視野が広がり、今まで見えなかったことが見えてきたり、新しいアイデアが思い浮かんできて、前向きなエネルギーが湧いてくることも多くあるものですよ。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    失敗つづきだったり緊張を強いられる場面に遭遇したら、人は不安を感じやすくなります。ただ、心の不安は、少し視点を変えてみるだけで解消できることもあるものです。 「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「自分に自信を持つ方法」など「心」をテーマにした記事を書いています。皆様が明るく幸せな日々を送るための参考資料のひとつになれば幸いです

    お問い合わせ

    タグクラウド
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます