考え方や価値観の違いのカテゴリ記事一覧

心の悩みを解決することは健康的な生活を送るうえで大切なことです。
スポンサーリンク

人生にはさまざまな出来事があります。時にはうまくいかないこともあることでしょう。ただそのようななかでも、ひとつでも多くの感動を探し積み重ねていければよいですね

カテゴリ:考え方や価値観の違い

考え方や価値観の違いのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました

考え方や価値観の違い
人間は年を重ねるに従って、時間が過ぎるのを早く感じるようになると言われます。20代、30代、40代・・「仕事が落ち着いたら何か考えよう・・」、「定年を迎えたら…

記事を読む

考え方や価値観の違い
職場の人間関係において、そりの合わない上司に一方的に怒鳴られたり厳しい態度をとられたりして苦しんでいる若手社員の人もおられるかもしれません。上司とそりが合わな…

記事を読む

考え方や価値観の違い
「ネガティブ思考はよくない。」「ポジティブ思考で常に前向きに」と世間では語られることがほとんどです。そんな当ブログでも、ポジティブ思考の重要性とネガティブ思考…

記事を読む

考え方や価値観の違い
会社にはさまざまな性格の人がいます。ですから、他人の行動を観察すると、自分とやり方が違っていたり、違う価値観からものごとを進めたりするシーンをしばしば目の当た…

記事を読む

考え方や価値観の違い
高圧的な上司や先輩との人間関係を苦にして会社を辞めていく若者が近年特に多いとしばしば耳にします。せっかく書類審査や面接を勝ち抜いて念願の会社に入っても、数か月…

記事を読む

考え方や価値観の違い
 現代は、ITの発達により、不特定多数の人と交流をすることが容易になりました。世界中どこにいても、SNSやEメールなどを通して、他者と、瞬時で情報を共有し合う…

記事を読む

考え方や価値観の違い
 平成生まれの新入社員を中心に、短期間で会社を辞めてしまう若手社員が少なくないと聞きます。「自分の思っている仕事と違った・・」「こんなヒドい会社とは思わなかっ…

記事を読む

人生を台無しにしかねない社会人が抱きやすい錯覚とは

人間は年を重ねるに従って、時間が過ぎるのを早く感じるようになると言われます。20代、30代、40代・・「仕事が落ち着いたら何か考えよう・・」、「定年を迎えたら何か始めよう・・」、そんなことを考えながら気がついたら目標や夢に挑戦することもなく、淡々とした日々を過ごしてしまった・・という話も少なくありません。

社会人になると、なかなか目標や夢を持って何かに取り組むということが難しくなるといわれます。それは会社勤めなどにより時間的にも物理的にも拘束されてしまうという理由がまずあります。しかし一方で、心の持ちようにもあると思います。それは「時間は無限にある」と錯覚してしまう点です。
a0960_00665.jpg
「学生時代は、勉強にクラブ活動にと忙しかったけれど充実していた。」と語る人は多くいます。それは、肉体的に若いということもあるでしょうが「青春時代は有限であること」を意識し、その枠の中で精一杯生きることができていたからだと思います。

それが社会人になると、そのハツラツとした気持ちが突如失われてしまうことが少なくありません。そして「自分はこれ程度の小さい人間ですし」と自身を過小評価して生きるようになってしまう人も。

それが日々積み重なってきたとき、いつしか夢や目標を持つことも忘れてしまい淡々とした日々を惰性で送ることになってしまうのです。

なぜ学生時代に目を輝かせて夢や目標に向けて歩んでいた人が、社会人になるとその目の輝きが失われてしまうのでしょうか?

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク

心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

世代間ギャップによる価値観の違いとストレスを軽減させるための考え方

職場の人間関係において、そりの合わない上司に一方的に怒鳴られたり厳しい態度をとられたりして苦しんでいる若手社員の人もおられるかもしれません。
a0960_00635.jpg
上司とそりが合わない原因はいろいろ考えられますが、そこでは世代間のギャップがその背景にあることが少なくないと感じます。

というのは、現在管理職についているようなベテラン社員と若手社員では、生きた時代の価値観が違っているからです。

管理職に就いているひと昔前に就職したサラリーマンは、就職氷河期を経験し厳しい競争社会で歯を食いしばって生きることを余儀なくされました。学校教育では個々の価値観よりも世間の価値観が重んじられ、指導者に従順に従って組織のためにいかに尽くすかが重視されてきました。

一方、現代の若手社員たちが学生時代を過ごした時代は個人の個性や人権が重視された時代です。生まれたときからインターネット網が整備されており、無限にあふれる情報から自分に合うものを個々が選択する時代を生きてきました。また、体罰などが社会的問題となり指導者は行き過ぎた指導をしなくなり、叱られるという経験があまりない若者も多くなったと思います。

ですから、叱られた経験があまりない若手社員は、ひと昔前を生きた上司から怒鳴られたり理不尽な態度をとられたりすると委縮してしまいます。そして
悩みこんでしまい、ネガティブ思考の連鎖から抜け出せなくなってしまうのです。場合によってはストレスをため込んでしまって鬱病など精神的な病を発症してしまうことも少なくありません。

数字にはなかなか反映されませんが、若者の離職率が高い背景にはそういった世代間ギャップによる人間関係の歪みも多分にあるのではないかと思います。

では、若手社員は過度に厳しい上司についてどのように考え接すればよいのでしょうか。それは上司というものの理想像を主観的に描かず、仕事のひとつだと割り切って考えることが大切だと思います。「人生の先輩だから人間性も優れているべきだ」「上司とは仲良くすべきだ」といった概念もあまり抱かないことが重要だと思います。

なぜなら、そもそも価値観が違っているゆえにその点を論議したとしても相容れることは難しいからです。また、上司に対して理想像を描いた上で接すると、その上司の悪い面ばかりに目がいってしまいさらに絶望感が増してしまうということにもなってしまいます。

殊に真面目な完璧主義の若手社員は、自分の想像通りにものごとが進まなければストレスをため込んでしまう傾向が強いです。うまくいかない原因が生きた時代背景の価値観の相違であったとしても、想定通り物事が進まないのは全面的に自分の責任であると考えてしまうからです。

では、どのような視点で思考すればよいのでしょうか。

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク

心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

ネガティブ思考もときには重要!?

「ネガティブ思考はよくない。」「ポジティブ思考で常に前向きに」と世間では語られることがほとんどです。そんな当ブログでも、ポジティブ思考の重要性とネガティブ思考のデメリットについて多く述べてきました。
a0960_006393.jpg
しかし、ネガティブ思考が必ずしも悪いものかというと、そうでもないと思います。というより、ネガティブ思考は人間が生きていく上で必要不可欠な思考回路ではないかと思います。

確かに、とるべき思考回路について、ポジティブかあるいはネガティブか二者択一で選べと問われれば、物事をポジティブに捉えた方が、人生は豊かになりやすいと答えるのが妥当だとは思います。

しかし、ポジティブな考え方ばかりしていては、さまざまな出来事が絡み合う複雑な社会のなかで豊かに生きていくことは難しいのではないかとも思います。

たとえば、仕事でミスをしたときポジティブ思考一辺倒で考えたら、「それくらい大丈夫だ」「何の問題もない」と捉えるわけです。するとその仕事のミスからな何か学ぶべきことがあっても、そこに思考の焦点を合わせることができず、一切反省をしないということになります。そのミスを分析しようという気持ちも湧いてこないわけですから、その機会を生かして発展をのぞむこともできないわけです。

また周囲の人間からは、仕事でミスをしても何の反省もせず、ポジティブな言葉ばかり発している人間は、「信用できない軽い奴だ」と評価されてしまいかねません。

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク

心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

自分の価値観が受け入れられなかったら腹が立ててしまう人の心理

会社にはさまざまな性格の人がいます。ですから、他人の行動を観察すると、自分とやり方が違っていたり、違う価値観からものごとを進めたりするシーンをしばしば目の当たりにするかもしれません。
a0960_00665.jpg
他人の行動を見てすぐ腹が立つ人は、どうして他人が自分と違うことをするのか理解できず許せません。そして「こいつはどうしてこんな動きをしているのか?!」「なぜそんな考え方しかできないのか!?」などと腹を立ててしまいます。

とりわけ、さまざま修羅場をくぐってきた人や自他に厳しく生きてきた人はその傾向が顕著です。

確かに自分の意見をはっきりと言って、他者に自身のやり方を提示することは意味があることです。

ただ、頭ごなしに相手をそれを示したところで、相手は改善するどころか、逆恨みされ人間関係に亀裂が入ってしまうことも少なくありません。

衝突が起きやすいのは、自分の考えを主張する人が、意見が合わなかったときです。そのような状況下においては、それぞれが会社や相手をよくしようと思っていても、考え方が衝突すればそれは互いに不愉快な思いをするだけということになります。

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク

心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

高圧的な上司や先輩たちに叱られて会社を辞めていく現代の若者たちの心理

高圧的な上司や先輩との人間関係を苦にして会社を辞めていく若者が近年特に多いとしばしば耳にします。せっかく書類審査や面接を勝ち抜いて念願の会社に入っても、数か月以内、早ければ数日で会社を辞めてしまう・・
a0070_000092.jpg

そういった状況は「若者には根性がない」、「ゆとり教育の弊害だ」などの言葉では片付けらがちですが、もっと問題は複合的な要素から成っており、それだけでは語れないのではないかと思います

例えば、仕事でミスをしたとき、高圧的な上司から「お前なんかに会社こなくていい!」と叱咤されたとします。普通ならば、「すみません、次から気を付けます」と肝に銘じるにとどまりますが、現代の若者は本当に会社を辞めてしまうといいます。

叱られた言葉をその言葉の通りに受けてしまうのです。そこでは、「自分は会社に来る資格がないほど無能なんだ」と思い込み「会社を自ら去るのだ妥当だ」という結論を出してしまうのでしょう。

一体、どうしてそのような思考回路になってしまうのでしょうか?

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク

心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

IT化した現代社会と人間関係の深さについて

 現代は、ITの発達により、不特定多数の人と交流をすることが容易になりました。世界中どこにいても、SNSやEメールなどを通して、他者と、瞬時で情報を共有し合うことができるようになるとは、一昔前なら考えられなかったことです。
a0960_006373.jpg
 とても便利な世の中になったものです。しかし、それで人々がより良い人間関係を構築できるようになったかというと、必ずしもそうではないと言わざるをえません。

 なぜなら、パソコンやスマホを活用して、広く交流することは容易になったかもしれませんが、表面的な交流になり人間関係はかえって希薄になったと考えられるからです。

 まだ携帯電話やスマホが世に存在しておらず、パソコンも一般家庭に普及して昭和年代では、誰かと交流するといえば、「会う」というのが基本でした。

 相手に会いに行き、対面して相手と会って時間を共有するわけです。

 それは確かに面倒で効率が悪かったかもしれません。ただ、ひとつひとつの言葉のやり取りが心に刻まれ、より、親密な人間関係が構築されていたように思います。

 しかし、IT社会の到来により、だんだん、人間は他者と対面して交流をはからなくなってきました。

» 

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク

心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

平成生まれの新入社員が会社を短期間で辞めてしまう理由@「集団でのなかで生きる術が分からない」

 平成生まれの新入社員を中心に、短期間で会社を辞めてしまう若手社員が少なくないと聞きます。「自分の思っている仕事と違った・・」「こんなヒドい会社とは思わなかった・・」そんな若者たちの悲痛の叫びが多数、聞こえてきます。一方、「軽く叱っただけなのに、まさか辞表を提出するなんて・・」といった、管理職の人々の悲しみの声も聞こえてきます。そんなとき、平成生まれの新入社員と彼らの上司では根本的な何かが違っていて、うまく噛み合っていないなと感じずにはいられません。
a0960_005274.jpg
平成生まれの新入社員を中心に、短期間で会社を辞める若手社員が少なくない状況を「最近の若者は根性がない」「ゆとり世代はだからダメだ」といった言葉で片付けるのは簡単です。しかし、苦労して入った会社を、辞めることを前提に入社した新入社員はどれだけいるでしょうか?ほぼ皆無でしょう。誰もが会社から内定したときには大きな喜びを感じ、家族や学校の教官、友達にそれを報告したはずです。そして、「仕事をバリバリがんばってこの会社に貢献するぞ!」、「たくさんお金を稼いで、幸せな家庭を築くぞ!」といったように、入社前は夢と希望に満ち溢れていたはずなのです。それが入社して数ヶ月が経過し、気持ちが徐々に変化していくわけです。そして最終的には辞表届けを出すに至るのです。入社から退社までの期間が短ければ短いほど、周囲の人間は「一体何を考えてるんだ!?この根性なしが!」みたいに非難の声を浴びせることでしょう。しかし、それまでには、時間は短くとも、彼らなりに一生懸命になって仕事に取り組み、悩みぬいた軌跡があるはずなのです。

平成生まれの新入社員が短期間で仕事を辞めるその背景には、平成生まれの新入社員と上司の根本的な考え方の違いがあるような気がしてなりません。一体、会社を短期間で辞めていく新入社員と彼らを指導する上司では、根本的に何が違っているのでしょうか?それはさまざまな複雑な要素が絡んでいるでしょうが、私はそのひとつに、「集団のなかで生きていく術を身につけているか否か」の違いがあるのではないかと考えています。

平成生まれの新入社員を指導する立場にある上司の多くは、昭和生まれの人々でしょう。昭和年代の日本は、自動車の製造や電化製品の開はじめ、モノをつくりだし経済成長をしていった時代でした。テレビ、冷蔵庫、新幹線ほか、新しいものが毎年のように登場していて、現代とは少し空気感が違っていたものです。また、昭和年代の国民生活はというと、近隣どうしの結びつきがつよく、子供たちは日が暮れるまで近所の子供たちと遊んでいました。子供たちの集団には、勉強ができる人、かけっこが速い人、喧嘩が強い人、話が面白い人などいろいろいて、それぞれ集団のなかでのポジションを保つためにその能力をアピールし、ときには周囲に還元していました。また、特に光る個性や能力のない人々は、力のある友達の下で太鼓持ちをしながらうまくやっていくわけです。そういったことを昭和年代の子供たちは試行錯誤しながらやっていたわけですが、それはまさしく、会社の縮図といえるのではないでしょうか?

昭和年代の人々は、集団のなかで効率よく、ときにはずるく生きていく術を身につけていたのです。ですから、他人の考えに必要以上にふりまわされず、かといって人間関係や場の空気感を大切にしながら 集団のなかで自分のポジションをうまく確立することが自然とできるのです。
a0960_005243.jpg
一方、平成生まれの新入社員は、生まれたとき既にモノがあふれている時代でした。インターネットの発達により、何か知りたいと思えば、調べたらすぐ「答え」がわかるようになっていました。ですから、試行錯誤して答えを導き出すための方法を身につける必要性がなかったのです。平成生まれの新入社員は、情報を集めて「答え」を探してくるのはうまいです。また、グローバルな視点を持ち、知識を豊富に兼ね備えています。しかし、「答え」をパソコンを頼らず自分の力で一から導き出してみよと指示すれば、たちまち狼狽し、右往左往します。

また、平成生まれの新入社員たちは、近隣どうしの結びつきが弱い生活環境で育つことが多いです。幼少の頃から自分の家に閉じこもり、テレビゲームやパソコンを相手に遊んでいたのです。また、誰かとコミュニケーションをとるときも、EメールやFACEBOOK、LINEなどで事足りてしまうわけですから、人と対面する必要性がなくなりました。そのような生活環境で育った平成生まれの新入社員たちは、集団のなかで「自分」という存在を確立する術が身についていないことが多いのです。そして、自分という存在は、いわばかげろうのようなものと認識してしまっているわけですから、「自分」というものの価値は、他人が決める」という考えになってしまっているのです。ですから、「他人の意見」「世間の評価」を必要以上に気にします

平成生まれの新入社員たちは真面目で一直線です。そして、自分という存在の価値よりも、他人や世間が決めた価値に重きを置いています。ですから、上司から頭ごなしに叱られたりしたら、それを全面的に受け入れてしまい、「自分はここまでダメ人間なんだ・・」、「私は会社にとって必要のない存在なんだ・・」とまで自分を思いつめてしまうのです。仮にその上司が、部下を育てようと思って軽い気持ちで投げた言葉であっても、当の本人にとっては、自分の人生を全否定されたように受け止められてしまうことが多々あるのです。

以上のことを考えてみたとき、あなたが上司として部下を指導する立場にあるならば、平成生まれの新入社員たちに投げかける言葉や対応には、細心の注意を払ったほうがよさそうです。些細なことで、彼らは自己嫌悪に陥り悩みこんでしまうからです。情報収集能力や知識の多さなど彼らの良い点をしっかりと褒めて評価してあげたほうが、より仕事をがんばるケースが多いように思います。

一方、平成生まれの新入社員の方々は、他人の評価をうのみにしないことです。人間は誰もが未熟な存在。他人の考えには参考になる面も確かにありますが、間違っていることも往々にしてあるのです。ですから、上司から頭ごなしに怒鳴られたとしても、それに耳を傾けつつも必要以上に悩みこまないことです。そのためには、「自分に自信を持つ方法」を自分なりに確立しておくことが必要だと思います。そこあたりの「自分に自信を持つ方法」を確立するための術やアイデアについては、追々お話していこうと思います。 (PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク

心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

スポンサーリンク
心の悩みを抱えていても、少し視点を変えることで解消されたり、むしろエネルギーになったりすることもあります。状況を変えるために一歩踏み出してみることで、物事が展開し視界が大きく開けてくることもあります。

成果を積み上げていくことも大切である一方、心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

ひとり旅のすすめ
会社でストレスがたまって心が疲れたとき、ひとり旅にでかけるというのも疲れを解消する手段のひとつです。普段の生活環境のなかから一歩飛び出してみることで、自分自身とゆっくりと対峙することによって現在の状況を見つめなおすことができることがあるからです。

見知らぬ土地に行って素朴な温泉でゆったりするのもよし、都会のきらめく夜景を一望しにいくのもよし、郷土の味覚を探し地元の人と会話を楽しむのもよし。あるいは小さい頃に住んでいた懐かしいまちや修学旅行に訪れた観光地に訪れるというのもよいかもしれません。

自宅と会社の往復という環境から少し抜け出てみることで、視野が広がり、今まで見えなかったことが見えてきたり、新しいアイデアが思い浮かんできて、前向きなエネルギーが湧いてくることも多くあるものですよ。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって大切だと思います。

カテゴリ
はじめに
当ブログでは、「心」をテーマにした記事を日々書いています。例えば、「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「視点を変えて元気になる考え方」、「自分に自信を持つ方法」などなど。何かと理不尽なことも多く生きにくい現代社会。記事を通して、皆さまが明るく幸せな日々を送るための一助になれば幸いです。 KIMG05184 - コピー.JPG

■井上晴雄(いのうえはるお/HARUO INOUE) 大阪府堺市生まれ。フリーライター、画家として活動 メール送信

(関連サイト)
井上晴雄 絵画作品〜日本の旅

自分に自信を持つ方法を考えるサイト

最近の記事
サイト内検索
Custom Search
心の悩みは、視点を変えることで一瞬にして解消しまうこともあります
黒豆ラングドシャ

・・黒豆粉をまぶしたビスケット風の生地にミルクチョコレートをサンド。ティータイムにぴったりのやさしく香ばしい味わいです。

>>全国のお土産・手土産大集合!黒豆ラングドシャ(16枚)
Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます