スポンサーリンク

心の不安を取り除く方法のカテゴリ記事一覧

カテゴリ:心の不安を取り除く方法

心の不安を取り除く方法のカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a0960_006820.jpg新..

心の不安を取り除く方法
新しい環境に身を置こうとするとき、不安で不安で仕方なくなるときがあるかもしれません。それはある意味、仕方のないことだと思います。なぜなら、新しい環境には、想像…

記事を読む

a1710_000005.jpg漠..

心の不安を取り除く方法
漠然とした不安で心がいっぱいになり行動できないときはありませんか?もしそんなときがあるならば、それは頭の中で問題が整理されていないというのが原因であるかもしれ…

記事を読む

a0960_005277.jpg普..

心の不安を取り除く方法
普段生活していると、なぜか分からないけれども、漠然とした不安と焦りを感じるときというのがあるかもしれません。そんなときは、問題を整理して気持ちを落ち着かせるこ…

記事を読む

a0790_001009.jpg交..

心の不安を取り除く方法
交流会や親睦会、仕事の商談などで誰かと会うとき、必要以上の恐怖や不安を感じてしまう方はおられませんか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:3…

記事を読む

a0940_000074.jpg慣..

心の不安を取り除く方法
慣れないこと、新しいことに取り組まなければならないとき、心が折れやすい優しい人は、その度に極度の不安や恐怖に苛まれることが多いかと思います。スポンサーリンク …

記事を読む

a1180_015960.jpg ..

心の不安を取り除く方法
 他人と交流するとき、自分の格好悪いところや能力のなさを知られたくない・・と極度に怯えている人はおられませんか?スポンサーリンク style="display:inline-blo…

記事を読む

a0070_000092.jpg ..

心の不安を取り除く方法
会社に行くとき、学校に行くとき、「ああ、出かけるのが嫌だなあ」と思うときってはありませんか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;heig…

記事を読む

a0960_007940.jpg情..

心の不安を取り除く方法
情報収集に熱心な友人たちと話していると、「毎日がなんか不安で仕方ないんだよね」と話す人とよく会います。スポンサーリンク style="display:inline-block;width:3…

記事を読む

a0960_005277.jpg体..

心の不安を取り除く方法
体調が悪くないのに、なぜか不安で不安で仕方がないときってありませんか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-c…

記事を読む

a1380_001613.jpg仕..

心の不安を取り除く方法
仕事において、難易度の高い案件がやってきたとき、人は漠然とした不安感に襲われます。スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" …

記事を読む

新しい環境に入るとき、過度な不安を解消するための考え方

a0960_006820.jpg
新しい環境に身を置こうとするとき、不安で不安で仕方なくなるときがあるかもしれません。

それはある意味、仕方のないことだと思います。なぜなら、新しい環境には、想像できない部分が多く、不測の事態が起きるリスクが高いからです。
スポンサーリンク

例えば、転職先に初めて出勤するとしましょう。

そんなとき、新しい職場では、どんなことが起きるか想像つかないものです。

キツイ上司がいるかもしれないし、慣れない仕事でミスをするかもしれない。あるいは、会社までの交通手段を間違えて遅刻するかもしれない。

無限ともいえる数の不確定要素がそこにはあり、考え出したらきりがありません。

少し不安に感じる程度ならば、程よい緊張感をもたらし良い影響がでるかもしれません。

ただ、不安が高じてその新しい環境に入る前に逃げたくなるほどの恐怖を感じるならば、いささか問題だろうと思います。

特に真面目すぎる人は、新しい環境に入る前に極度の不安を感じやすい傾向があります。その理由は掲げている目標が高いからです。

「こうあらねばならない」という理想像があって、「完璧にこなさなければならない」「失敗は許されない」という気持ちが人一倍強いのです。

「完璧にこなさなければいけない」「失敗は許されない」といったように、新しい環境に入る前に考えてしまうと、精神的に非常に辛い状況に陥ってしまうと思います。

なぜなら、不確定要素の多い新しい環境において、全てを完璧にこなすというのは難易度が高く多大なエネルギーを要すからです。

大抵は現場で何とでもなるような簡単な問題でも、ひとつひとつ事前に対策を立てていけば心身共に疲労してしまうことでしょう。

では、新しい環境に入る前に、不安が高じて恐怖に感じてしまったとき、一体、どのように考えれば気持ちが楽になるのでしょうか?

» 続きを読む

漠然とした不安をなくす技術とは

a1710_000005.jpg
漠然とした不安で心がいっぱいになり行動できないときはありませんか?

もしそんなときがあるならば、それは頭の中で問題が整理されていないというのが原因であるかもしれません。
スポンサーリンク

漠然とした不安は状況の拡大解釈から生まれやすい

人間は問題を並列思考で考えるのが苦手です。

ひとつひとつの問題に対して処理することはできたとしても、同時に複数の問題が起きると途端に処理することができなくなります。

並列思考が苦手な人は特にそうですが、複雑な問題を前にしたとき「漠然とした不安」が心を覆うようになるのです。

そのように脳がしっかり問題を処理しきれない状況では、マイナス思考で物事を考えがちになってしまいます。

そして人によっては起きるか起きないか分からない未来の出来事に対しても、最悪の事態を考えて震えることになってしまいます。

また、例え問題がごく小さいものであったとしても、それが過度に拡大解釈され、「自分にはとても処理できない」とあきらめるほどの大きな問題として認識されてしまうことも多々発生します。
スポンサーリンク

漠然とした不安を解消するために有効な手段とは/span>

そういった「漠然とした不安」の原因である絡み合った糸をほどいていくためには、起きている問題をシンプルに整理してあげることが大切です。

漠然とした不安をなくす技術として有効なのは、ノートに、「漠然とした不安」の原因と思われる不安の種を書き出してみてそれらに対する解決策をひとつひとつ考えていくことです。

たとえば、以下のようにまず、「漠然とした不安」の原因である不安の種を書き出してみます。

@会社で苦手な先輩と会うのが嫌だ
A貯金が尽きそうで不安だ
B今度、人前で話をするが自信がない
C何となく孤独感を感じる

その上で、それぞれの問題について、今取りえる対策を自分なりに考えてみます。

現時点でとることができそうな行動や気持ちの持ちようなどをあらかじめ考えてみるのです。

たとえば、こんな風に

@会社で苦手な先輩と会うのが嫌だ

→仕事と割り切って考えてみてはどうか?なるべく先輩の長所に目を向けて気持ちを落ち着けるようにしよう。

A貯金が尽きそうで不安

→インターネットで求人情報を探して、短期のアルバイトでもやってみよう。以前のアルバイト先に相談してみるのもいいかもしれないな。

B今度、人前で話をするが自信がない

→とりあえず、話をする内容を決めてメモをつくってみよう。話す内容を決めて鏡の前で話す練習をしたら、気持ちが落ち着くかもしれない。

C何となく孤独感を感じる

→旧友に連絡でもとってみて久しぶりに会ってみるか。それか異業種交流会に参加して新しい友達を見つけるのも良いかもしれないな。

一体自分が何に対して不安を感じているのか不安の種は何かをノートに書き出してみてその解決策を考えてみる

すると、気持ちが一気に楽になります。なぜなら、複雑に絡み合っていた不安の種がシンプルに整理され脳が処理できやすくなるからです。

また、そのように解決策を考えることは、白紙の状態から物事をつくりだしていく作業ですから、未来に対する明るい希望が見え、気持ちもポジティブになっていきます。

その点も「漠然とした不安」を解消する上での大きなメリットです。

あとはあれこれ新しいことを考えず、ノートに書き出したそれぞれの不安の種に対する解決策をひとつひとつ実行に移すことです。

焦ることなく淡々とひとつひとつの問題をクリアしていくことで、気持ちにゆとりが生まれ、前向きな気持ちも高まっていきます。

以上漠然とした不安をなくす技術でした。一度お試しあれ

漠然とした不安と焦りを感じる原因と対処法

a0960_005277.jpg

普段生活していると、なぜか分からないけれども、漠然とした不安と焦りを感じるときというのがあるかもしれません。

そんなときは、問題を整理して気持ちを落ち着かせることが大切です。
スポンサーリンク

問題を整理して考えることがポイント

問題を整理するためには、どうして不安と焦りを感じているのか、その理由を一度ノートに書きだしてみることをおススメします。

例えば、
・「来週、人前でしゃべらなくてはならないから」
・「今度、苦手な上司と仕事をしないといけないから」
・「取引先に電話をするのに緊張するから」
・「今度、歯医者に行くけど痛そうだから」

不安と焦りの原因がいろいろ思いあたるかもしれません。

それらを思いつくだけ書き出してみるのです。すると、これだけいろいろな要素から自分は不安と焦りを感じていたのか!と意外な驚きがあるかもしれません。

その時点で気持ちが随分落ち着いているはずです。
スポンサーリンク

» 

誰かと会うときに感じる極度の不安や恐怖を解消する方法

a0790_001009.jpg

交流会や親睦会、仕事の商談などで誰かと会うとき、必要以上の恐怖や不安を感じてしまう方はおられませんか?
スポンサーリンク

慣れない場面がやってくるとき、恐怖や不安を感じるのは、生命を守るための人間の大切な本能であり、誰でもあることだと思います。

しかし、少しした場面においても極度の恐怖や不安を感じてしまうと、人との関わりを避けがちになり、折角の他者とのご縁をみすみす逃してしまうということになってしまいます。

そもそも、どうして人間は、慣れない他人と会うとき、どうして必要以上の不安や恐怖を抱いてしまうことがあるのでしょうか?

その原因は複合的であることがほとんどですが、ケースとして多いのは、思考の悪循環が固定化されてしまっているケース。

過去の失敗などを掘り起し、「過去に失敗したのだから、次も失敗するかもしれない」とネガティブなことを反射的に考えてしまうのです。

例えば、過去に参加した交流会で、誰とも打ち解けることができず、淋しさと孤独を感じながら時間を過ごした場合、その再来を予測してしまうわけです。

なお、厳しい家庭で育ち、事あるごとに叱られながら育った人は、何もなくても反射的に「叱れるのではないか?」と不安や恐怖を覚えてしまう人も少なくないようです。

そのような場合、仮によく会う親しい友人に対しても、恐怖や不安を感じてしまうかもしれません、

未来はどうなるか誰にも分からないはずなのに、過去の出来事に照らし合わせ、「次もどうせ失敗するだろう」と勝手に予測してしまう。

それはある意味、論理的で理にかなった思考方法だといえるかもしれません。しかし、未来に対して不安や恐怖ばかり抱いていると、恐怖心が生まれ人間は何も挑戦できなくなってしまいます。
スポンサーリンク

では、どうすれば人間は、極度の恐怖や不安を払拭することができるのでしょうか?

» 

心が折れやすい優しい人が、新しいことに取り組むときに感じる不安や恐怖を解消するには

a0940_000074.jpg

慣れないこと、新しいことに取り組まなければならないとき、心が折れやすい優しい人は、その度に極度の不安や恐怖に苛まれることが多いかと思います。
スポンサーリンク

心が折れやすい優しい人には、真面目な人が多く、どんな物事に対しても真摯に取もうとします。

ただ、慣れないことや新しい課題を目の前にしたとき極度の不安と恐怖に苦しむ人が少なくありません。

なぜ、心の折れやすい優しい人がそれだけ極度の不安を感じるかというと、慣れないことや新しいことには未知数の部分が多いからです。

慣れた普段通りの仕事をこなすよりも、失敗したりミスをしたりする確率が高い、だからうまく処理できる自信がないのです。

心の折れやすい優しい人は、それでも100%の精度で期待に応えなければいけないという義務感から、睡眠時間を削ってまで努力して完璧に目標達成をしようとします。

結果的に、仕事も勉強も高く評価される結果を出せることも多いわけですが、それが度重なると心身はボロボロになってしまうというわけです。

「掲げられた課題を100%達成しないといけない」、「絶対に失敗してはいけない」、心の折れやすい優しい人は、慣れないことや新しいことを始めるときにも例外なくそのように考えてしまうのでしんどくなってしまうのです。

また、失敗をしてはいけないという強い気持ちから、だんだん新しい挑戦をできなくなってしまい他人とのコミュニケーションを避けるようになっていきます。

心が折れやすい優しい人が、しんどくなってしまうのは、いきなり100%の精度で完成させることを念頭に、どんな物事に対しても一気にゴールを目指そうと考えてしまうからです。

そして、確実にゴールすることを自分に課せられた義務かのように捉え、もしそれが失敗したら自分自身が積み上げてきたもの全てが崩れてしまうのではないかと拡大解釈して考えてしまうのです。

また、心が折れやすい優しい人は、もし目標を100%達成できないと、現実と理想のギャップに苦しむわけで、それを自覚しています。

ですから、その最悪の事態を回避すべく、病的に努力をしてゴールを目指そうとするのです。

高いゴール地点を定め、それに向かって全力で努力できる点は優れた才能だといえるかもしれません。

しかし、あまりストイックに物事を突き詰め完璧さにこだわってしまうと、心身共にボロボロになってしまい、事あるごとに不安と恐怖を感じてビクビクした日々を送らざるを得ません。

それでは幸福度の高い人生とは言い難いような気がします。

仮に失敗や挫折をしても、必要以上にショックを受けるのではなく、前向きな気持ちを維持できるよう、物事の完璧さの追求は留めておく方が、長い目で見たとき無難かもしれません。

そのようなことを考えたとき、心が折れやすい優しい人は、いきなりゴールを目指そうとせず、最低限これさえクリアすれば合格点という中間目標を立てて、その目標達成に意識を集中させることがよいのではないかと思います。
スポンサーリンク

例えば、取引先が集まる集会で話をして欲しいと上司に指示されたとします。

» 

他人と交流するとき「自分の欠点を隠そうとする必要はない」と思う理由

a1180_015960.jpg

 他人と交流するとき、自分の格好悪いところや能力のなさを知られたくない・・と極度に怯えている人はおられませんか?
スポンサーリンク

 他者と交流するのにはエネルギーがいりますし、その気持ちもわかるのですが、自身の欠点を知られることを過度に不安に感じる必要はないと思います。

なぜなら、他人が考えることと自分自身が考えていることが一致するとは限らないからです。

「私は○○な部分が足りないダメな人間なんだ」と自身が思う自分の欠点を卑下していても、他人からするとその欠点があまり気にならないどころか、むしろ好感を持つ要素になりうる場合もあるからです。

 例えば、「私は話下手だから皆に迷惑をかけるだけだ・・」と不安に思っている人がいるとします。

本人からすると、話下手である自分に自信がなく、その欠点を他者に知られることで失望されるかもしれないという心理がはたらいているわけです。

 しかし、他者の心理からすると、「あいつは話下手で煙たいな」とはあまり感じないかもしれません。

なかには「物足りないな」と思う人もいるかもしれませんが、むしろ歓迎されるケースが多いのではないでしょうか。

なぜなら、話下手であることを自覚して慎ましい態度をとっている人は、周囲からすると初々しく映り、かわいいと感じられるからです。
スポンサーリンク

» 

会社や学校に行くのが何となく不安なときの考え方

a0070_000092.jpg

会社に行くとき、学校に行くとき、「ああ、出かけるのが嫌だなあ」と思うときってはありませんか?
スポンサーリンク

「根性を出して行かねば」と思いつつも、なんだか暗い気持ちになってしまうようなとき、何とか会社や学校を休みたいという気持ちになるかもしれません。

そんなときは、まず、なぜ会社や学校に行くのが嫌なのかを、分析してみることです。会社や学校に行くことを「嫌」と認識していることが分かっていても、それを敢えて細かく分析してみるのです。

 たとえば、会社に行くのが何だか嫌な気持ちになっているなら、その原因を探っていくわけです。できれば紙に書いてみると整理しやすいです。

例えば

・「苦手な上司がいて挨拶をするのに緊張する」
・「満員電車で立ちっぱなしが辛い」
・「人前で話をしなければいけないから緊張する」

・・のように書き出していくのです。なぜそのような作業をすればいいかというと、漠然とした不安にかかれるのは、多くの場合、頭の中が整理されていないからです。

漠然とした不安を細かく分析しクリアにすることで不思議と大抵の不安は解消されるものです。
スポンサーリンク

» 

情報を取り入れすぎて疲れてしまう人

a0960_007940.jpg

情報収集に熱心な友人たちと話していると、「毎日がなんか不安で仕方ないんだよね」と話す人とよく会います。
スポンサーリンク

当初は、情報収集をたくさんやる人は知識が豊富だけに不安になりにくいというイメージを持っていただけにそれは少々意外だと感じました。

具体的にどんな不安なのかというと

「英語をしゃべれるようにならないと社会で通用しなくなるらしいよ」ですとか、「人工知能が発達して市失業者があふれるらしいよ・・」ですとか、「30過ぎたら結婚できる割合は低くなるからやばいよ・」とか・・

 いろいろな知識があって凄いなあと感心する面もあるのですが、当の本人たちは、「不安」という言葉を口にするので、やはり望ましい状況とはいえないのでしょう

 その原因は、主体的に物事を考えているように見えて、実は、世間の情報に流されすぎてしまい、無意識のうちに他人と自分を比べてしまっていることにあるような気がします。

だから不安でしんどいのだと思います。

 得られる情報をうのみにして「他人に負けたくない」、「他人に乗り遅れたくない」などとあれこれ他人と自分を比較して考えているから、心が不安定になってしまうのです。

 情報が少ない環境ならよいのですが、情報量があふれて処理できなくなったとき、極度の不安と自己嫌悪に陥ってしまうのです。
スポンサーリンク

 毎日を楽しそうに過ごしている人に限って、考え方は「シンプル」であることが多いです。そして、共通していることは、自分自身に自信を持っていて、情報をうのみにしないという点です

» 

漠然とした不安にかられるときの解決法

a0960_005277.jpg

体調が悪くないのに、なぜか不安で不安で仕方がないときってありませんか?
スポンサーリンク

そんなときは大抵、自分自身に自信も失われてしまっていて、何をするにも臆病になってしまいます。

漠然とした不安にかられるときは、頭が整理できておらず、起きもしない不幸や災難を想像しすぎてしまい不安にかられていることが多いかもしれません。

例えば、「明日寝坊したらどうしよう・・」、「懇親会でうまくしゃべれなかったらどうしよう・・」など。

そんな不安に思っている出来事は私の体験では90%くらいの確率で起きることはありませんが1%であっても何か災難が起きる確率があれば、不安になってしまうもの。
スポンサーリンク

そんなときは、不安に感じている理由を思いつくだけ紙に書き出してみたらよいと思います。

不安の原因は頭の中が整理されておらず、起こるかどうかわからない未来のリスクが拡大解釈された状態だと思うからです。

紙に思ってる不安の理由を書くことで頭のなかが整理され、不安の正体が次第に明らかになってくるからです。

そのなかでは、いろいろ解決策も思いついてくることでしょう。

すると「こうすればいいじゃないか!全然悩むことなんてないよ!」みたいに思えて、知らないうちに心が明るく安定してくると思います。
 タグ

「失敗したらどうしよう・・」という漠然とした不安感を取り除くする方法

a1380_001613.jpg

仕事において、難易度の高い案件がやってきたとき、人は漠然とした不安感に襲われます。
スポンサーリンク

たとえば、「重要な取引先の人々が集まる会場で、プレゼンをして欲しい」と上司から指示されたとしましょう。

普段から大勢の前で話すことやプレゼンをすることに慣れている人ならよいのでしょうが、そうでなければ大抵の人々は、漠然とした強い不安感に襲われるでしょう。

なぜそのとき強い不安感に襲われるかというと、今まで経験していないことは未知数なことばかりだからです。

経験がなく右も左も分からない、一体なにをどうしていいか分からない。

そうなると、「自分には無理だ・・」「失敗したらどうしよう・・・」と漠然とした不安感に目の前が真っ暗になってしまいます。

しかし、仕事である以上、断れず引き受けざるを得ないというケースも多々あるわけです。そのようなとき、どうしようもない漠然とした不安感を取り除くことが必要になってきます。
スポンサーリンク

では、どうすれば、漠然とした不安感を取り除けるのかというと、オススメは、問題を両極端に考えてみることです。

プレゼンが「大成功したとき」「大失敗したとき」 の2つの極端なパターンで考えてみるのです。

まずは、パターン@として「プレゼンが大成功したとき」のことを自由に想像してみます。

会場にたくさん集まった取引先の人々。大衆に向け、あなたはマイクを持ち、あなたは堂々と話をしています。

流暢に言葉が次々とでてきて、ときどきジョークも交えてつつ聴衆には大盛りあがり。そして、プレゼンが終わったとき、大拍手の渦とスタンディングオーベーションが起きます。

そして取引先の方々や上司からも「素晴らしいプレゼンだったよ」「いい時間をありがとう。」「また次回もよろしくお願いするよ」となどと感謝とねぎらいの言葉をかけられます。

そしてあなたは、この会社に入ったことに対する幸せ感で胸がいっぱいになります・・。

パターン@「プレゼンが大成功したとき」は、考えれば考えるほど、楽しい気分になることができるに違いありません。

不安感を感じていたのは一体、何だったのか?と震えていたことがバカバカしく思えてくるはずです。そして、挑戦することに対する自信と勇気がますますわいてくるはずです

では、続いて、パターンAとして「プレゼンが大失敗したとき」のことを想像してみましょう。

取引先の人々がたくさん集まる会場。あなたは 演壇に立ち、話そうと考えてきたことを話し始めます。

しかし、いざ人々の前にたつと極度に緊張してしまい、話そうと思っていたこともすっかり忘れてしまいます。

また、声も出ない。沈黙の時間が過ぎていきます。聴衆の反応は全くなし。退屈そうにあくびをする人、携帯をいじっている人、そして、しばらくすると退室する人もでてきました。

そして、プレゼンが終わると、聴衆は「やっと終わったのかよ」みたいな失笑混じりの表情でパラパラと拍手をして退席。

そして後から上司からは「あれはなんだったんだ?」「君に任せて失敗だった」「次回は君には頼まない」と言われてさらにショックを覚えます・・

問題はこちらです。このパターンA「プレゼンで大失敗したとき」を無意識のうちに想像することで、私たちは、極度の不安感に襲われるのです。

ただ、この感情は、危険から生命を守るための自己防衛本能であり大切なものです。

では、この大失敗したときに感じる不安感をどうするかですが、まずはその最悪の状況が起きる確率があることを認めます。

そしてその事態がもし起きたとき、どうすればよいか行動を具体的にシュミレーションし同時に、その経験は人生においてなにか糧になっていないかも考えてみるのです。

そのうえで、最悪のパターンが起きないために何か対策を打つことができないかと考えてみます。

パターンAで、大役を果たせず失敗をしでかしたあと、あなたができることは上司や取引先の人に謝罪をすることをすることでしょう。

それでも許してくれないかもしれません。さらに、会社内では失敗をしでかした噂が広がり、しばらくは少々居ずらくなるかもしれません。

しかし、それ以上の不幸はおそらく起きないでしょう。重要なプレゼンを部下に任したことで上司の責任も問われるわけですから、クビにはならないわけですから。

では、その大失敗は、人生において、絶対的な不幸なのでしょうか?

いえ、それは違うはずです。

うまく話せなくても人前で話をしたという経験は、今後の人生において貴重ですし、何が足りなかったのか課題もわかったはずです。

また、他人がどんな失敗したかなど、しばらくしたら社内の誰もが忘れてしまいますし、10年後や20年後になったら「あのときは大失敗して恥かいたよ、ハハハ」といったように酒の場での笑い話のネタになっているかもしれません。

そう考えたとき、漠然とした不安感はかなり解消されているはずです。更に、最悪のパターンが起きないようにするために、何か対策を打てないかについて考えてみます。

「人前で緊張して話すことを忘れる」「声が出ない」ということがプレゼンが失敗する原因として想定されるならば、それに対する対策を考えるのです

 例えば、「あらかじめ原稿を用意しておき、話すことができなくなったら、それを朗読できるようにしておく」ですとか、「プレゼンまでにカラオケボックスなどで発声練習をしておく」「公園で友達を数人あつめてリハーサルをする」といった対策などが打てるわけです。

そして、それを実行すれば、漠然とした不安感の大部分を取り除くことができているでしょう。

任された仕事を遂行する自信がなく、極度の不安感に襲われるとき、人は「自分にはできない・・」「失敗したら大変なことになる・・」と悪い方向に考えがちです。

そんなとき、「大成功したとき」「大失敗したとき」の極端な2パターンのシーンを考えてみることで、思考が整理されて、不安感を取り除くことができます。

そして、大失敗を回避する対策を立てて実行することでさらに不安感は解消されていきます。一度お試しあれ
スポンサーリンク
心の悩みを抱えていても、少し視点を変えることで解消されたり、むしろエネルギーになったりすることもあります。状況を変えるために一歩踏み出してみることで、物事が展開し視界が大きく開けてくることもあります。

成果を積み上げていくことも大切である一方、心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

サイト内検索
スポンサーリンク

人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    当ブログでは、「心」をテーマにした記事を書いています。 例えば、「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「視点を変えて元気になる考え方」、「自分に自信を持つ方法」など。 何かと理不尽なことも多く生きにくい現代社会。これらの記事が、皆さまが明るく幸せな日々を送るための一助になれば幸いです。
    (関連サイト) ・・↑同じく心理系統のブログ。最近はこちらのブログにも新しい記事を更新しています。 ・・夕陽、夜景、農村ほか、絵と文で綴る「日本の旅風景」
    タグクラウド
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます