スポンサーリンク

緊張しないコツのカテゴリ記事一覧

カテゴリ:緊張しないコツ

緊張しないコツのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a0070_000092.jpg重..

緊張しないコツ
重要な試験や会社のプレゼンなど、何かの試練を前にしたとき、人は多かれ少なかれ緊張するものです。責任感が強く真面目な人ほど、その緊張が度を越して不安と恐怖にから…

記事を読む

a0960_005655.jpg人..

緊張しないコツ
人前でスピーチをしなければならないとき、重要な商談に臨むときなど、誰しも緊張をするもの。前向きにその緊張状態を楽しめればいいのですがもし緊張感がとれない場合「…

記事を読む

a0960_008327.jpg緊..

緊張しないコツ
緊張すると手が震える人、汗がでる人、のどが渇く人などさまざまなタイプの人がいます。なかには、「緊張すると咳が出る」という人もいます。人前で話したりするとき、緊…

記事を読む

a0070_000076.jpg重..

緊張しないコツ
重要な試験の前など、誰しも極度の緊張にさいなまれる場面があるかと思います場合によっては「緊張すると手が震える」、「緊張すると咳が出る」といった身体面に緊張があ…

記事を読む

a1180_013391.jpg ..

緊張しないコツ
人前で話すとき、苦手な人と会うときなど、人によっては極度に緊張してしまうものです。スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" …

記事を読む

a0960_005485.jpg人..

緊張しないコツ
人前で話すとき、苦手な人がいる部屋にいくときなど、緊張する方は多いのではないでしょうか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:28…

記事を読む

失敗したらどうしよう・・・?と不安になったとき緊張を解消するための考え方

a0070_000092.jpg

重要な試験や会社のプレゼンなど、何かの試練を前にしたとき、人は多かれ少なかれ緊張するものです。

責任感が強く真面目な人ほど、その緊張が度を越して不安と恐怖にかられてしまうこともあるでしょう。それは、「失敗してはいけない」という気持ちが湧いてくるからではないかと思います。
スポンサーリンク

ただ、大抵の場合、そういった事前に感じる不安は取りこし苦労になることが多く、想定していた失敗は起きないものです。

しかし、人によっては、気になるものは気になるわけです。

なぜなら、仮に失敗したとき、叱られたりするのも辛いことですが、自分の能力の無さを実感し、絶望感にうちひしがれることも避けたいからです。

「失敗したらどうしよう・・?」と不安に包まれたとき、そのようなときは、成功しても失敗しても、どちらも、自分にとって良いことだと、プラスに考えるとよいと思います。

仮に失敗したとしても、「これも成長する良い機会だ」と考えると、試練を受ける前からあらかじめ決めておくのです。
スポンサーリンク

» 

仕事で緊張感がとれないときのおススメの考え方

a0960_005655.jpg

人前でスピーチをしなければならないとき、重要な商談に臨むときなど、誰しも緊張をするもの。

前向きにその緊張状態を楽しめればいいのですがもし緊張感がとれない場合「失敗してもいい」と自分に課するハードルを下げて考えることが重要だと思います。

「どうしても成功しなければならない」「失敗したら後がない」という風に自分を追い込んで考えてしまうと委縮してしまい、結果的に緊張感がとれない状態になってしまうからです。
スポンサーリンク

敢えて「失敗してもいい」と考えてみる

仕事ではノルマがあったり上司の評価があったりと、いろんな場面で「失敗を絶対するな」と言われるかもしれません。

ただ。実際のところ、仕事において「失敗してはいけない」という場面で失敗したとしても、後になってみれば大した問題ではないということがほとんどではないでしょうか?

例えば、「会社の命運をかけて絶対に印鑑を押してもらえ」と上司に葉っぱをかけられた営業の案件があり、それを流れてしまったとします。

人によっては、その失敗により目の前が真っ暗になり、大きなショックを受けるかもしれません。上司にこっぴどく叱られるかもしれません。

しかし、冷静に考えてみると、それは会社という小さな社会での出来事に過ぎません。会社から一歩出たら、誰があのオフィッスでどんな仕事をしているかなど誰も関心がありません。

それに、同僚や上司にしても、自分たちの仕事のことで頭がいっぱいで、しばらくしたら忘れてしまうでしょう

もちろん一つ一つの案件を堅実にこなしていくことは大切なことです。ただ、失敗は許されないとされることであっても敢えて「失敗してもいい」と考えてもよいと思うのです。

そうすると気持ちがだいぶ楽になり、結果的に力を発揮できることも多くなると思うのです。
スポンサーリンク

» 

緊張すると咳が出る原因は?|心因性の咳嗽とは

a0960_008327.jpg
緊張すると手が震える人、汗がでる人、のどが渇く人などさまざまなタイプの人がいます。

なかには、「緊張すると咳が出る」という人もいます。人前で話したりするとき、緊張して空咳がでて止まらなくなってしまうというのです。

「緊張すると咳が出る」というケースの場合、一体なぜそんな状況が起きるのでしょうか?理由を調べてみました。
スポンサーリンク

緊張すると咳が出る原因とは

すると、「心因性の咳嗽(がいそう、せきのこと)」であるケースが少なくないとわかりました。

心因性の咳嗽とは、ストレスからくる咳発作のことです。

仕事などでストレスを受けることによって自律神経のバランスが崩壊し、気道が収縮して咳発作につながるのです。

「心因性の咳嗽(がいそう)」が原因で、緊張すると咳が出る場合、ストレスが引き金になっているので病院で検査をしてもなかなか異常としてみつからないとのこと。

「心因性の咳嗽(がいそう)」かどうか見極めるポイントは、リラックスしているときに空咳がでるかどうか。

もしストレスがかかるときのみ空咳がでて、それが終われば嘘のように咳が止まるならば「心因性の咳嗽(がいそう)」の可能性大。

» 

極度の緊張を和らげ、エネルギーに転化する考え方

a0070_000076.jpg

重要な試験の前など、誰しも極度の緊張にさいなまれる場面があるかと思います

場合によっては「緊張すると手が震える」、「緊張すると咳が出る」といった身体面に緊張があらわれることがあるかもしれません。
スポンサーリンク

極度の緊張にさいなまれたとき、人間はその緊張感を押しつぶされてしまうことがあります。

「緊張したらダメだ、笑われてしまう」「緊張して失敗したら大恥をかく」といったようなことを考えて、緊張しないように自分を追い込んでしまいます

しかし、無理に緊張してはいけないと考えた場合、緊張感に飲まれてしまいかえって力が発揮できないことが多いです。

気持ちの強い人ならよいのですが、メンタルの弱い人の場合、緊張のあまり、普段では考えられないミス次々としたり、頭が真っ白になってしゃべれなくなったりするのです。

そもそもなぜ人は、極度に緊張するのかというと、周囲から自分がどう思われているかに意識が集中してしまっているからだと思います。

いつの間にか他人の評価ばかり気にしていて自分のリズムでもはやない状態。だからしんどいのです。
スポンサーリンク

極度の緊張にかられてこれはダメだと思ったら、まずやってみて欲しいことがあります。

それは肯定的な言葉で自分を落ち着かせることです。

「緊張していい」「失敗していい」「大恥をかいていい」というように。

自分を追い込まない言葉に出して何度か唱えます。すると不思議と、緊張感がかなり和らぎます。

» 

緊張感を和らげる方法「緊張しなかったパターンを発見する」

a1180_013391.jpg

人前で話すとき、苦手な人と会うときなど、人によっては極度に緊張してしまうものです。
スポンサーリンク

適度の緊張は脳のフル回転を促すゆえ良い面もあるのですが、極度の緊張を強いられると、人間は本来の力を出すことができず、心身も滅入ってしまいます。

その点を考えたとき、緊張感を強いられる場面が迫ってきたとき、「緊張感を和らげるための方法」を自分なりに確立しておくとよいと思います。

「緊張感を和らげる方法」は人の性格によってひとくくりにこうだとはいえない面がありますが、私なりにオススメなのが、「今までの人生で緊張をしなかった場面を考えてみる」ことです。

なんでもいいのですが、今までの人生において、緊張を強いられると思っていたのに不思議と緊張しなかった場面はありませんでしたか?

もし何か思い当たれば、そのとき何かが原因で緊張が和らいだ経験などを思い出してみるのです。

そこではその前後に起きた些細な出来事や環境も思い出してみるとよいです。
スポンサーリンク

たとえば、

「知り合いが居たので緊張感が和らいだ」

「リハーサルをしたことで緊張感をあまり感じなかった」

「現場を何度もイメージしていると緊張感が和らいだ」

「仕事に向かう前コーヒーを飲んだら気持ちが落ち着き緊張しなかった」

「うまく行った後の自分へのご褒美を設定したことで緊張しなかった」

「朝においしいものを食べたら緊張しなかった」

「前の晩にゆっくり寝れたから緊張しなかった」

など・・何でもいいのですが「緊張をしなかった場面」「緊張が和らいだ経験」を思い出してみると、自分なりに「緊張しないパターン」が発見できることがあるのです。

もしそういった「緊張しないパターン」を発見することができればしめたものです。

なぜなら、その「緊張しないパターン」と同じことを当日することで、緊張感を和らげることができる可能性が高いからです。一度お試しあれ

緊張したりあがったりしないコツ@「腹式呼吸」

a0960_005485.jpg

人前で話すとき、苦手な人がいる部屋にいくときなど、緊張する方は多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

私もそのひとりで、慣れない場に出向くとき、いつも緊張してドキドキしてしまいます。

なぜ人間は緊張したりあがったりするのでしょうか?

それは、慣れない場に行ったり慣れないことをするとき、自己防衛のために、興奮を司る交感神経のはたらきが活発化するからです。

緊張したりあがったりすると、心臓の鼓動が速くなります。そして呼吸が乱れ、普段できているような話さえもできなくなってしまうのです

そこで緊張するとき、それを軽減するコツを今回、ひとつお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

それは「腹式呼吸をすること」です。

「腹式呼吸」は、鼻から息を吸って口から息を吐くという呼吸です。まずは、肩の力を抜いて背筋を伸ばしてみましょう。

そして 「鼻」から空気を一気に吸い込みます。そのとき、肺からではなく、お腹から吸い込むことを「腹式呼吸」では意識します 空気を吸うときは、短時間で空気を吸い込むのがポイントです。

そして、次は口から空気をゆっくり吐きだします。こちらは10秒くらいかけて、ゆっくりと空気を吐いていきます。そこでは、空気でふくらんだお腹をゆっくりとへこませることを意識するのがポイントです。

緊張したりあがったりするとき、人は呼吸が乱れ余計な力が入ってしまいがちです。それが腹式呼吸をすることによってリラックスをでき、平常の自分を取り戻すことができるのです。

腹式呼吸は、何か道具がなくてもどこでも簡単にできますし、同時に頭も同時にリフレッシュできるので、いざ緊張をしたりあがったりしたときやってみたらよいですよ。
スポンサーリンク
心の悩みを抱えていても、少し視点を変えることで解消されたり、むしろエネルギーになったりすることもあります。状況を変えるために一歩踏み出してみることで、物事が展開し視界が大きく開けてくることもあります。

成果を積み上げていくことも大切である一方、心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

サイト内検索
スポンサーリンク

人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    当ブログでは、「心」をテーマにした記事を書いています。 例えば、「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「視点を変えて元気になる考え方」、「自分に自信を持つ方法」など。 何かと理不尽なことも多く生きにくい現代社会。これらの記事が、皆さまが明るく幸せな日々を送るための一助になれば幸いです。
    (関連サイト) ・・↑同じく心理系統のブログ。最近はこちらのブログにも新しい記事を更新しています。 ・・夕陽、夜景、農村ほか、絵と文で綴る「日本の旅風景」
    タグクラウド
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます