スポンサーリンク

高圧的な人に対処するヒントのカテゴリ記事一覧

  • ホーム
  • »
  • 高圧的な人に対処するヒント

カテゴリ:高圧的な人に対処するヒント

高圧的な人に対処するヒントのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性である  強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除くヒントや心理状況、対処法を考えてみました
a1380_001413.jpg ..

高圧的な人に対処するヒント
 あなたの職場には高圧的な上司や先輩はいませんか?もしいたら、彼らの人格を否定するような言葉や態度で悩んでいるかたもおられるのではないのでしょうか?スポンサー…

記事を読む

a0960_008250.jpg生..

高圧的な人に対処するヒント
生きていると、どんなに努力してもうまくいかないことが誰しもあるのではないでしょうか?膨大な時間を使って真面目にがんばったとしても結果が伴わないときもあるもので…

記事を読む

a0070_000277.jpg現..

高圧的な人に対処するヒント
現代社会において、子供から大人まで自分に自信が持てない人が多いといわれます。「私なんてつまらない人間ですし」「僕はどうせ出来が悪いですから」といったマイナスの…

記事を読む

a1180_009386.jpgあ..

高圧的な人に対処するヒント
あなたの会社には、高圧的な上司はいませんか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-486028293600…

記事を読む

a1180_009387.jpg会..

高圧的な人に対処するヒント
会社組織にはさまざまな性格の人間がいるものです。せっかく苦心して入社した会社でも、高圧的な上司や先輩がひとりでも社内にいると、その会社生活は一変して地獄と化し…

記事を読む

a1180_016058.jpg人..

高圧的な人に対処するヒント
人生には、努力してもうまくいかないときや、不運だと思える出来事が降りかかってくることもしばしばあるものです。スポンサーリンク style="display:inline-block;w…

記事を読む

a0960_005882.jpg ..

高圧的な人に対処するヒント
 社会には、威圧的な人というのがときどきいるものです。もし会社内に威圧的な上司がひとりでもいたら大変になることでしょう。他の社員にとってそれは大きなストレスと…

記事を読む

a1180_015962.jpg ..

高圧的な人に対処するヒント
  会社で、高圧的な上司がもしひとりでもいれば、その上司とと接しなければならない部下や同僚はとても苦労するものです。スポンサーリンク style="display:inline…

記事を読む

a0070_000092.jpg ..

高圧的な人に対処するヒント
 私たちはどのようにすれば幸せな人生を送ることができるのでしょうか? 世間では、「幸せな人生を送るためには、お金や社会的地位が必要だ」という考え方をする人が多…

記事を読む

a0960_007940.jpg高..

高圧的な人に対処するヒント
高圧的な上司が同じ職場にいると、周囲にいる従業員たちは働きづらく、散々な思いをするかと思います。高圧的な人は、自分の思い通りにいかないとイライラして、すぐに周…

記事を読む

高圧的な人の心理とその対処法

a1380_001413.jpg
 あなたの職場には高圧的な上司や先輩はいませんか?

もしいたら、彼らの人格を否定するような言葉や態度で悩んでいるかたもおられるのではないのでしょうか?
スポンサーリンク

高圧的な人はやっかい者

高圧的な人に人格を否定されるような言葉を吐かれたり、傲慢な態度を取られたら、誰しも萎縮してしまうものです。

そして、それらの原因を「自分の至らなさ」にあると考えてしまう人も少なくありません

そのように自身の責任に転化して我慢していたらいつか胃に穴があいてしまうでしょう。高圧的な上司や先輩が同じ職場にいるとやっかいです。

ただ、仕事となると、物理的に逃げる術がありませんので、自分を守るためにも、工夫を凝らすことが重要になってきます。

高圧的な人の心理とは

自分なりに、高圧的な人の心理を分析し、対処法を身につけておく必要があるのです。そもそも一体、高圧的な人の心理はいったいどういうものなのでしょうか?

私は高圧的な人の多くは「弱い人」だと考えています。

一見すると、高圧的な人は、「強い人間」だと思われがちです しかし、その高圧的な態度をとる心理の奥には「弱さ」が潜んでいることが多いと感じます。

自身を守るための防衛本能が、威圧的な態度や言動にあらわれているのです

高圧的な人が高圧的になった原因、それは、小さい頃の家庭環境や学生生活が起因していることが多いようです。

たとえば、小さい頃、親から暴力を受けたり、理不尽なイジメにあった過去があるなどです。

そういった辛い過去の経験があると、人間は自己を防衛するために、なにかあるごとに反射的に高圧的な態度や言動をとりやすくなるのです。

今まで会った高圧的な人を思い浮かべてみてください。「前職はどこか?」「どこの学校を出たのか?」など、あなたの情報をいろいろ詮索してきませんでしたか?

もしそうなら、彼らは、怖くて怖くて仕方なかった可能性があります。自分の弱さを悟られまい相手の優位になんとか立たねばならないと考え、情報収集をしていたのです。

そういった高圧的な人の心理を考えると、彼らは会社では加害者かもしれませんが、ある意味、かわいそうな被害者とも捉えることができるのではないでしょうか。

高圧的な人は、常に何かに怯えています。そして自己を防衛するため、周囲の人間に対し強いコンプレックスを持っていることが多いです。たとえば、学歴や経歴などです。

もしあなたが、高圧的な上司や先輩よりも、学歴が上ならばどうでしょうか?高圧的な人は、あなたのことを「高学歴だなあ。お前はすごいなあ」と褒めないでしょう。

おそらく激しい嫉妬心ともやもやした気持ちを自制することができず、爆発してしまうと思います。どうあがいても学歴では相手の上に立てない。

その苛立ちを解消するために、高圧的な態度や言動をとることで少しでも溝を埋めようとするのです。

そして、相手が怖がったり怯えるのを見て、自身の精神バランスを保ち、自分優位にものごとを進めようとするのです

弱い犬はよく吠える」という言葉がありますが、ある意味、高圧的な人の心理は、それと似ている気がします。

高圧的な人の心理は「弱さからくる自己防衛」からきているのです。常になにかに怯え、相手を威嚇したり高圧的な態度をとることによって、自身の身を守ろうとしているのです

スポンサーリンク

» 「続きを読む」

「何をやってもダメだ」という必要以上の悩み込みを解消するヒント

a0960_008250.jpg

生きていると、どんなに努力してもうまくいかないことが誰しもあるのではないでしょうか?

膨大な時間を使って真面目にがんばったとしても結果が伴わないときもあるものです。

それをバネにできればよいのですが、「俺はダメ人間だ」「私は運が悪い」といったようにどんどんネガティブな考えが膨らむケースもあろうと思います。

では、何をやってもうまくいかないとき、私たちはどのように考えてそのネガティブ思考を解消していけばよいのでしょうか?
スポンサーリンク

それは、「何をやってもうまくいかない」というネガティブ思考の背景に劣等感はないか考えてみることが大切だと思います。

例えば、仕事でミスをして上司に叱れたことでショックを覚え「自分は何をやってもダメだ」と落ち込んでしまったとします。

そのようなとき、普通ならば、叱られたときは不愉快に感じても少し経てば「次に気をつけよう」と考えて終わるものです。

しかし、そうは終わらず、いつまで経ってもショックから立ち直れない人もいます。

そういった人は「叱られる」ということが自身のなかにある何らかの劣等感を刺激した可能性が高いと思います。

例えば、親から叱られたとき、他者と比較されて叱られた経験がある、あるいは部活動の先輩から人格を否定される差別的な言葉で罵倒されていたなど。

そういった過去の体験がもとで何らかの劣等感が心にあるならば、「叱られる」ということがそのツボになっている可能性が高いです。
スポンサーリンク

普段は意識しないようにしているけれど、劣等感に感じているものが何らかの刺激で顕在化する。

すると、その劣等感に心が包まれ、必要以上にショックを受けてネガティブ思考が止まらなくなってしまうのです。

「何をやってもうまくいかない」と思う原因は、実は今の現状というよりは、違うところにある劣等感が本当の原因であることが多いのです。

その劣等感が顕在化し、自身に足りないものを得られなかったときの不安や恐怖心がわき上がる。ですから必要以上に悩み込んでしまうのです。

その劣等感を過去にさかのぼって突き止め、「他人に負けてもいいんだ」「ありのままの自分でいいんだ」と自身に課すハードルを下げてあげることです。

自分には劣等感があることを認め、その心の癖を意識しながら修正していく。

時間はかかるかもしれませんが、次第に必要上に落ち込まず精神的な安定感を得ることができるようになっていくはずです。

ストレスを溜めないためには自分自身を好きになることが重要

a0070_000277.jpg
現代社会において、子供から大人まで自分に自信が持てない人が多いといわれます。

「私なんてつまらない人間ですし」
「僕はどうせ出来が悪いですから」

といったマイナスの言葉を簡単に口に出してしまう人が少なくありません。

それは、他人と比較して勝つことに重点を置く教育や、失敗を許さない社会のあり様など、さまざまな要因が考えられますが、概ねストレスを溜めやすい国民性につながっていると思います。
スポンサーリンク

自己を卑下する人はストレスを溜めやすい

何かにつけて自分自身を卑下して自己紹介する人は、一見すると謙虚な人だと思われがちです。

しかし実際は心のなかに不満をため込んだ、葛藤を抱えている人なのではないかと思います。

自己否定の言葉は、日常的に自己嫌悪をしストレスを蓄積させている証だと思うからです。

自分自身を卑下して語る人は、要は自分に自信がないのです。自分の欠点に真っ先に目が向きやすくなっているのです。

そうなると、会社や学校、家庭などでうまくいかなかったりしたら、自分に全て責任があるのではないかと拡大解釈して考えてしまうようになります。

例えば、勤めている会社の業績が悪化したとしましょう。

それは、ひとりだけの要因というよりも会社全体の問題であるし時代の流れで仕方がないことかもしれません。

しかし自己を否定的に語る人は「会社の業績低下は私のせいではないか」と拡大解釈して考えてしまうのです。

そして、自分のことで頭を悩ませ、不平不満を口に出しては、ストレスをどんどん蓄積させてしまいます。

また、自分に自信が持てない人は、他人のとる態度や言動に左右されやすくなります。

そもそも自分自身のことを自分で信用できないわけですから他人からの評価で自分自身の存在価値が決まると考えてしまいます。

しかし、他人からの評価ほど不安定なものはないわけで、その人の気分によっても180度変わることもあるわけです。

ですからそういったものを過度に気にして怯えている状態はストレス蓄積に直接つながるわけです。

» 

高圧的な上司とうまく接するヒント

a1180_009386.jpg

あなたの会社には、高圧的な上司はいませんか?

スポンサーリンク

高圧的な上司が社内にひとりでもいれば、その場の空気はピリピリして張りつめているに違いありません。

そして、叱られることを怖れて、会社が行きづらい場と化しているかもしれません。しかし、仕事に行かないわけにもいかない・・

そんな日々のなかで、高圧的な上司との接し方分からず、とにかく怖くて怯えているような人も少なくないとも思います。

では、どのように高圧的な上司と接するとよいのでしょうか?

それは、高圧的な上司の心理状況と背景を考え、その性格の特質をおさえた接し方をとることです。

まず、どうして高圧的な上司は高圧的になったか理由を考えてみるといろいろ見えてくるものがあります。

どうして高圧的な上司はそんな高圧的な態度や言動で部下を苦しめるのでしょうか?それは、過去に何らかの辛い体験があり、その反射的な自己防衛からその高圧さが生じていることが考えられます。

例えば、極度に厳しい家庭で育って、理不尽に暴言や暴力を受けていたケースなど。そのような極端に厳しい家庭環境で育つと、子供は他人を信用することができなくなり、暴言や暴力を受けないように自分の周りにバリアを張ります。

そしていつしか、自分よりも弱い立場の人間に高圧的な態度や言動をとるようになります。なぜなら、そうして相手が怯えおののいているのを確認することで、精神的な安心感を得ることができるからです。

逆に自分より立場や力が強い人に対しては、おべんちゃらを言ったりして迎合します。そのようにして、自分自身を守ろうとする心理が働いているのです。

高圧的な上司がそのような心理状況にあることを想定したとき、高圧的な上司と接する方法が浮かび上がってきます。

それは、「怖がってビクビクしないこと」です。なぜなら、そうすると相手の思い通りになってしまい、支配しているという安心感を感じさせてしまうことになるからです。

ですので、高圧的な人に対しては、決して相手を怖がらず誠実かつ冷静な対応をとるのが良いと思います。

そうすることで、その人間関係には、支配ー被支配の一方的な関係性が構築されず、高圧的な上司の傍若無人なペースに振り回されなくなるからです。

では、どのようにして高圧的な上司の指示に耳を傾ければよいのでしょうか。それは、淡々と客観的な視点から、共感をしながら指示を聴くということがよいのではないかと思います。

高圧的な態度に出られたらそれだけで反抗的な感情や絶望的な思いがいろいろ湧き上がってくる状態だと思います。

とにかく精神的に圧迫されて、思考停止になってしまったり心臓がバクバクしてしまったりする人も少なくないと思いますが、とにかく冷静になることです。冷静になれなくても、冷静をふるまうことが大切です。

そして、相手の欠点を探して指摘しようとするのではなく、高圧的な上司が示しているやり方の良い部分を見つけることに意識を傾けます。

そして、少しでも良い部分を見つけたらその点に共感し、客観的な視点から、
それを褒めるのです。

スポンサーリンク

例えば、

» 

高圧的な上司や先輩の心理とその対処法

a1180_009387.jpg

会社組織にはさまざまな性格の人間がいるものです。せっかく苦心して入社した会社でも、高圧的な上司や先輩がひとりでも社内にいると、その会社生活は一変して地獄と化してしまいかねません
スポンサーリンク

高圧的な上司や先輩は、事あるごとに部下や後輩の細かい作業内容・言動をチェックしています。

そして(彼らの基準で)少しでもやり方が違っていたとき、人格を否定するような言葉で怒鳴り飛ばしたり、ときには暴力を振るったりします。

例えば、
「てめえのせいでこっちは迷惑してるんだよボケ!」
「お前、脳がないんか?ゴミクズが!」

など、そんな暴言を平気で部下に放ちます。ですから、真面目で繊細な人に限って、そういった高圧的な上司や先輩の言葉を真に受けて思い悩んでしまいます。

そして、そういった高圧的な上司や先輩に叱られるのが怖くて、会社に行くのがつらくなってしまいます。それが高じるとうつ病や胃潰瘍にもなってしまいかねません。

そもそも高圧的な上司や先輩は、どうして部下や後輩を支配的な言動や態度で圧倒しようとするのでしょうか。

それは、かつて自分もそのように高圧的な人間から支配された過去があるからです。

たとえば、ある高圧的だと自覚している知り合いは、小さい頃に、父親が異常なほど厳格な人で、支配されてながら惨めな子供時代を過ごしたそうです。

少しでも父親の癪に障るようなことがあれば、暴言とともに皿やら鉄拳がとんでくるという辛い日々を送ったのだとか。

そして、気が付いたとき、一方的に支配されてきた状況から身を守るために、自身の性格も高圧的になっていたのだそうです。

それは一例かもしれませんが、高圧的な上司や先輩は、過去に大人や先輩から、一方的に支配される構図の辛い境遇のなかを生きた経験を持つ人が多いようです。

そしていつしか、他者をいたわる心のゆとりがなくなり、暴言を吐いて自分より弱い者を支配するようになった。

そこには、次は自分自身が支配者になることで被支配者に戻りたくないという心理が働いているのでしょう。
スポンサーリンク

では、社内にいる高圧的な上司や先輩によって支配されている人は、彼らとどのように接するとよいのでしょうか?

それは、そういった彼らの心理を理解した上で、ビクビク怖気づかないことが重要だと思います。

相手に負けないくらい声を大きく出すつもりで、威嚇など全く効いていないということを見せつけるのです。

高圧的な上司や先輩が、高圧的な態度や言動で威嚇してくるのは、自分自身に自信がなく、二度と支配されたくないという恐れがあるためです。

彼らは、強そうに見えて、実は臆病でそんな弱い人間なのです。

ですから、確固たる自信を持って威嚇しても一切怖れない人を高圧的な人は苦手とするのです。

なぜなら、彼らは自分より弱いと想定される人間を威嚇し、怖がっているのを確認することで精神のバランスを保っているからです。

威嚇しても効き目がなければ、彼らは精神バランスを保つ手段を失い面食らうのです。

「こいつは支配できない。逆にやられるかもしれない。やばい・・」そう思ったとき、高圧的な上司や先輩は、その高圧的な態度や言動を一変し迎合していきます。

高圧的な上司や先輩が、自分より立場が上の人間にへこへこ媚びへつらうのはそのためです。

威嚇しても動じることのない自分に自信を持っている人間は、他人の弱い部分を見透かして指摘してくる可能性があります。

また、その強い力で反撃してくるかもしれない。ですから、高圧的な上司や先輩は、強い人間に対しては、態度を一変させて自身の身を守ろうとするのです。

高圧的な上司や先輩を撃退する最善の方法は「自分に対して絶対的な自信を持ち、怖がらないこと」なのです。

びくびくとした態度を一切あらわさなければ、彼らは自身の身を守るために手を緩めざるをえないのです。

» 

嫌な上司と一緒に仕事をすることになったときの考え方

a1180_016058.jpg

人生には、努力してもうまくいかないときや、不運だと思える出来事が降りかかってくることもしばしばあるものです。
スポンサーリンク

ときには、嫌な上司と一緒に仕事をしなければいけなくなることも・・

自分と合わない嫌な上司と仕事をせねばならなくなったとき、「運が悪いな」「最悪だ・・」などとマイナス方向に考えるのが一般的だと思います。

しかし、そうなると、その上司の悪い面ばかりが見えてストレスが溜まりますし、負の波動が起きて、次から次へと良くないことが起きるという状況に陥りかねません。

嫌な上司と一緒に仕事をすることになったとき、そんなときは、「自分が考えるべきテーマ」がそこに含まれているのではないか?と考えてみるとよいかもしれません。

その出来事を通して発見できることや学びえることがあるのではないかと、前向きな姿勢で考えてみるのです。
スポンサーリンク

そもそも自分にとって嫌な人とは、どのような人でしょうか?

» 

威圧的な上司に対するの対処法とその心理とは?

a0960_005882.jpg

 社会には、威圧的な人というのがときどきいるものです。もし会社内に威圧的な上司がひとりでもいたら大変になることでしょう。

他の社員にとってそれは大きなストレスとなり、その威圧的な上司が原因で会社を辞める人も続々と出てくるかもしれません。 
スポンサーリンク

 威圧的な上司は バイタリティがあり仕事ができる人が多いです。ですから よほどのことがない限り会社を辞めることはなかなかありません。

一方、威圧的な上司に毎日のように怒鳴られ、理不尽な態度で罵倒される日々を送ることになる部下はたまったものではありません。

ストレスがたまって心身のバランスを崩し、それがつづけばうつ病(鬱病)になってしまうリスクもあります。

では、そういった威圧的な上司にはどのように対応すればよいのでしょうか?

 その上司の威圧的な言葉や態度の度合いにもよりますが、あまりひどい場合は、パワハラとして問題化し、抜本的な解決をはかるのがよいと思います。

具体的には、社内のパワハラ対策部署や幹部クラスの上司、労働基準監督署・弁護士などに相談したりして協力者を増やし法的圧力でねじ伏せることです。

 ただ、それには多大な時間とエネルギーがいるもの。大抵の場合、なかなかそこまでできず、泣き寝入りし
て会社を自ら辞めてしまうことになるでしょう。

それならもうどうしようもないかというと、そうでもありません。

たとえば、その威圧的な上司について視点を変えて考えてみることで、その精神的プレッシャーはかなり軽減されると思います
スポンサーリンク

そもそも、威圧的な人はなぜ威圧的な上司は威圧的な性格になってしまったのでしょうか?

威圧的な人が威圧的になった理由、それは子供時代や学生時代に過酷な境遇で育っているからだと思います。

最もケースとして多いのは、高圧的な親から人格を否定されつづけ支配的に育てられたケース。

親から罵倒され時には暴力を受けて、怯えながら子供時代を送ったような人が威圧的な性格になることが多いようです。

あるいは学生時代に、同級生や部活の先輩から激しいイジメに遭っていたケースもしばしば耳にします。

人間は、強い立場の者から過度に支配される境遇のなかで育つと、自分より強いものに迎合し、弱者に対して高圧的な態度をとることをしはじめます。

そうすることで、自分のプライドと立場を守るのです。

威圧的な人というのは、強い人だと思われがちですが、実は心に傷を負っている弱い人なのです。

その証拠に、威圧的な人は、自分より強い人や権力を持った人にはまず噛みつきません。強者に対しては、機嫌をとって尻尾を振っていることが多いのではないでしょうか?

一方、弱い者に対しては人格を否定する言葉を吐いたり、高圧的な態度をとったりします。

それは、相手が怯えていることを確認し、自分自身の立場やプライドが守られていることを確認して安堵するためです。それは、非常に悲しいことではありますが、当の本人は気づいてもいないでしょう。

» 

高圧的な上司は、実は怖がりの小心者|高圧的な人の心理とは?

a1180_015962.jpg 

 会社で、高圧的な上司がもしひとりでもいれば、その上司とと接しなければならない部下や同僚はとても苦労するものです。
スポンサーリンク

高圧的な人が高圧的な性格になった原因とは

 高圧的な上司は、自分の意見ややり方と少しでも違っていたら、激しくその不満をぶつけてきます

その怒りのぶつけ方は、部下の人格を否定したり物を投げたり激しいだけに、周囲の人間は極度の恐怖を感じ、なかには鬱病(うつ病)になってしまう人もいます。いわゆるパワハラ(パワーハラスメント)の問題です。

 そんな高圧的な上司が社内にいれば、それは不幸で不運なことだと言わざるをえません。

 なぜ高圧的な人がそのように、激しい怒りを周囲の人々にぶつけるかというと、人格形成が行われる子供時代と関わりがあると考えます。

 例えば、極度に厳しい親に育てられたケース

何か小さな失敗をしたり、テストで親が期待する点をとれなかったら、好きなおもちゃや食べ物を取り上げられたり、ぶたれたりしたという人は、大人になるとその反動として高圧的になることが多いです。

 あるいは、子供時代に学校で激しいイジメに遭ったというケース。子供のイジメは残酷なもので、人格を否定する言葉や暴力で徹底的にイジメられっ子をイジメをします。

そこには制御というものがありません。そういった激しいイジメを子供時代に受けた人は、自分の殻に閉じこもるとともに、他人に対し激しい敵意を感じるようになり、大人になってから高圧的になるケースが少なくありません。

 子供時代に厳しい親に育てられたり、激しいイジメにあったりして、自分の人格を否定された経験がある子供は、大人になって高圧的になるケースが多いのです。

なぜ高圧的な態度にでるかというと、「自分の領域」を侵す可能性のある物事が起きたら、子供時代のトラウマが無意識のうちにフラッシュバックされるからだと考えれます。

 実際、高圧的だといわれている人に、怒りをぶつけるときの心理状況について聞いたことがあるのですが、

「なぜか分からないけど、極度の激しい怒りが全身にこみあげてセーブできない。後で結構後悔する」みたいなことを話していました。

そこあたり、怒りが無意識に関わる心理状態であることを裏付けているといっていいかもしれません。

 子供時代に感じたみじめで辛い感情はそのまま大人になっても引きずる形で顕在化されるのです。ですから、部下の意見ややり方が少しでも自分と違っていると感じたとき、激しい怒りを感じ、爆発させてしまうのです。

実は弱い!?高圧的な人の意外な深層心理とは

 ただ、その背景には、自分の守ってきた世界がまた壊されるのではないかという危機感と不安に怯える心理が見え隠れします。

 高圧的な上司は、一見すると、他人を高圧的に支配する強い人間だと思われがちです。しかし、実際は逆のような気がします。

その証拠に、高圧的な人は、常にキョロキョロと周囲の人間の動向を観察していませんか?

 ひとりでいるときも、誰かと話しているときも、集団でいるときも、不思議なことに高圧的な人は何かに怯えているように、キョロキョロとまわりを観察しているのです。

 それは、周囲の反応を探りながら自分のテリトリーを守っているにほかありません。

それは自信がない心理状態の表れだったりします。

おそらく子供とときのように、自分の世界が何者かによって侵されるのではないか?という不安と恐怖を無意識のうちに感じているのでしょう

本当に強くて自信がある人間なら、堂々としていればいいはずです。しかし、高圧的な人はそうできない。

実は自分に自信を持てない弱い人間だから、そういった挙動不審な行動を知らない間にとってしまうのです。

 もし自分の世界が、子供のときと同じように侵されてしまえば、また自分のプライドがズタズタに引き裂かれてしまう。

そうなってしまわないか、不安と恐怖に怯えているからこそ、他人の行動や言動が気になって気になって仕方ないのです。

» 

幸せな人生を送るカギは日常の「感謝の心」にあり

a0070_000092.jpg
 私たちはどのようにすれば幸せな人生を送ることができるのでしょうか?

 世間では、「幸せな人生を送るためには、お金や社会的地位が必要だ」という考え方をする人が多いと思います。
スポンサーリンク

 それについて私は決して間違いではないとは思います。なぜなら、社会的地位やお金があれば、理不尽なことで落胆する機会が減るため、心に余裕を持てる可能性は高まると考えるからです。

 ただ、それらは「幸福度」に相関性はあれどイコールで結ばれるものではないと思います。

 例えば、客観的に一流といわれる会社に入社して、人がうらやむほどの年収をもらっている友人がいます。客観的には、順風満帆の幸せな人生を送っていると思われるでしゅお。

しかし、本人は会社での人間関係や家庭がうまくいっておらず、毎日が面白くないんだ・・と悩んでいます。そんな友人の話を聞くと、幸せな人生を歩んでいるようにはどうしても思えません。

一方、社会的地位やお金がなくても、毎日楽しそうに生きている人もいます。
スポンサーリンク

社会的地位やお金がなければ、世間にはそれをバカにするような人もいるでしょうから、それがストレスになることはあるでしょう。その結果、人生をネガティブに考えて負の連鎖になるケースもでてくると思います。

しかし、そういった心ない他者の声に耳を貸さず、自分のペースで笑顔いっぱいで生きている人は、例え肩書やお金がなくても本当に幸せな人生を送っているようです。

 たとえば、お金も食べ物もない人が、日雇いのアルバイトで稼いだお金で買ったコンビニ弁当を食べた瞬間。

「ああ美味しい ありがたいなあ」と感謝の気持ちを持てるそんな機会は、とても幸せな瞬間だと思うのです。

 その喜びは、お金持ちの人が高級料理のフルコースを食べても味わえないでしょう。

» 

高圧的な上司が高圧的な人になった理由とその心理状態は?

a0960_007940.jpg

高圧的な上司が同じ職場にいると、周囲にいる従業員たちは働きづらく、散々な思いをするかと思います。高圧的な人は、自分の思い通りにいかないとイライラして、すぐに周囲の人間に怒鳴り散らすからです。
スポンサーリンク

 高圧的な人が怒る原因はごく些細なことが多いように思います。自分の仕事のやり方やポリシーと一ミリでもずれていたら、高圧的な上司にとってそれは怒りの原因になってしまうのです。

 例えば、部下が書類の書き方を少し間違えたとします。

そのミスによって会社に損益が生まれるようなことがなければ、心理的に健康な上司なら「今度から気をつけてな」と軽く注意を促して終わるものです。

 しかし、高圧的な上司の場合、そうはいきません。普通なら「今度は気を付けよう」で終わるようなミスであっても、絶対に許さないのです。

 大声で罵倒し、人格を否定するような暴言を部下に平気で吐きます。ときには、数十分にも及ぶ説教をします。そこでは部下の気持ちなどおかまいなしです。

 そこには、高圧的な上司の病的な心理状況が見え隠れします。では、高圧的な上司は、どのような心理状態で部下を罵倒するのでしょうか?

 それは、部下を指導する気持ちも多少はあるかもしれませんが、心のなかから巨大な「イライラ」が湧き上がってくるからだと思われます。

理性をもってしてセーブできない、「巨大な魔物」とも形容できるイライラした気持ちです。

 高圧的な上司は、なぜそんなにイライラした気持ちが自分の心から湧いてくるのか分からないことでしょう。だから、「気づいたら数十分も部下を説教していた」みたいなことが往々にして起きるのです。

 少ししたミスに対して数十分も説教したところで、部下が大きな成長を遂げるとは思えません。なぜか分からないけれど、無性に腹が立って仕方ないから、目の前にいる部下を罵倒するという感じだからそんなことができるのでしょう。
スポンサーリンク

 では、なぜ、部下の些細なミスをきっかけに、高圧的な上司の心からそんなイライラした気持ちがどんどん湧き上がってくるのでしょうか?

» 

スポンサーリンク
心の悩みを抱えていても、少し視点を変えることで解消されたり、むしろエネルギーになったりすることもあります。状況を変えるために一歩踏み出してみることで、物事が展開し視界が大きく開けてくることもあります。

成果を積み上げていくことも大切である一方、心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。

サイト内検索
スポンサーリンク

人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    当ブログでは、「心」をテーマにした記事を書いています。 例えば、「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「視点を変えて元気になる考え方」、「自分に自信を持つ方法」など。 何かと理不尽なことも多く生きにくい現代社会。これらの記事が、皆さまが明るく幸せな日々を送るための一助になれば幸いです。
    (関連サイト) ・・↑同じく心理系統のブログ。最近はこちらのブログにも新しい記事を更新しています。 ・・夕陽、夜景、農村ほか、絵と文で綴る「日本の旅風景」
    タグクラウド
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます