a0960_006018.jpg

人の粗探しをして不平不満をこぼしてばかりいる人はあなたの職場にはいませんか?
スポンサーリンク

「君の服装センス0だね。最近の若者は出来損ないばかりだよ」

「お前とまたシフトが一緒か。今日は最悪の1日だよ」

何かにつけて、そういった人は人の悪口を平気で言っては不平不満をこぼします。

そこでは、自分は評論家のごとく高みから他人を酷評し不満を述べるのが特徴です

そういった人がなぜそのような言動をとるかというと、その心理には「自信のなさ」が根底にあるのではないかと思います。

子供の頃に兄弟と比較されけなされて育ったり、虐げられて育った暗い過去があるなどから、自分自身に失望し自信を持てない心理状態にあるのです。

ですから、相手をこき下ろし、表面的にでも、他人より自分が優れていることを示さねば心の平安を得ることができないのです。

逆に言えば、自分よりも他人が勝っている状態になることを、極度に恐れているわけです。

なぜなら、他人と比較され否定されつづけた自分の過去と向き合い心の傷が痛むからです。

ですから、評論家のような高みの見地から分析的な言動で不平不満を述べるのです。

もし真正面から議論を戦わせたら相手に反論されて負けるかもしれない。そうなれば更に心の傷が痛んでしまうので、それは避けたいという心理がそこには見え隠れするわけです。

心の弱さが心理の根底にある。だから、そういった人は他人の粗探しをしては、高みから不平不満をこぼしてばかりいるのです。

では、彼らとうまく交流するためにはどのようにすればよいのでしょうか?
a1380_000189.jpg

それは、相手の言葉を適当に聞き流すと同時に、逆に相手の長所をほめることだと思います。
スポンサーリンク

他人の粗探しをして不平不満をこぼしてばかりいる人は、他人をこき下ろすことで辛うじて精神的安定を保っています。

強がっていたとしても、その精神状態は非常に脆い砂上の楼閣です。いつ崩れてもおかしくない。

それだけに、自分の優位性を強引に確認せねばならないという歪んだ心理が生じてくるのです。

ですから、そんな独りよがりな言動に対して、真に受けて悩むほど馬鹿馬鹿しいことはありません。

「ああ、この人は自分に自信がないから他人の悪口を言ってるんだあ」くらいに考えて適当に受け流すのがベストではないでしょうか。

そして、逆にこちらからは相手の長所を探して褒めるくらいが良いと思います。

内心はカチンときたとしても、ささいなことでもいいので良い面を探して褒める。

すると、そういった人は普段、誰かに誉められることは少ないですから、評価される言葉をうれしく思うはずです。

例えば、「君のネクタイ、色もデザインもセンスないな。どっかで拾ってきたんだろ!?」と相手が言ってきたら、「なんだと!もう一回言ってみろ!」みたいに怒らないことです。

「安いけど買ったものですよ。それにしても○○さんのネクタイはセンス最高ですよね!私も○○さんみたいなセンスが欲しいなあ〜」みたいに、適当に受け流して、逆に相手のことを褒めるのです。

そうすることで相手は気を良くして少なからずこちらに親しみを持つはずです。

悪口を言われてそれを我慢するわけですから、そのときは怒りを抑えるストレスが溜まるかもしれません。

ただ、長い目でみたとき、そういった人とも円滑な人間関係を保っておくほうが無駄なエネルギーを使わなくて済むと私は考えます。

とはいえ、あまりほめすぎてしまうのも考えものです。

というのは人の粗探しをして不平不満をこぼしてばかりいる人は、心理状態が不安定なだけに、勘違いしやすい傾向にもあるからです。

ですから、あまりへりくだった態度で接すると、驚くほど横柄な態度で接してくる可能性も考えられます。

ですから、言葉を適当に聞き流し、時々褒める一方で、行きすぎた言動が見受けられた時にはしっかり釘をさすことも必要だと思います。

スポンサーリンク

日々の生活を探してみると、発見できるちいさな幸せの数々があるような気がします

・・↑最近はこちらのブログにも新しい記事を更新しています。

・・夕陽、夜景、農村ほか、絵と文で綴る「日本の旅風景」