会社にひとりでも威圧的な上司がいると、その空間はピリピリして過ごしにくい雰囲気になってしまっているかもしれません。

威圧的な上司の言葉はとにかく乱暴で攻撃的です。人格を否定するような言葉も平気で使いますし、中には数十分も部下を怒鳴りつけるというケースもあります。
a0960_006085.jpg
その結果、威圧的な上司の下で働く部下のなかには、心が深く傷ついてしまい健康を壊したり退社に追い込まれたりするケースも少なくありません。

しかし、会社という組織で働く以上、どんなに高圧的で人格的に問題がある上司がいても、簡単に変えることができないのも現実的なところ。毎日理不尽に怒鳴られようが、辛辣な言葉を受けようが、逃げることが困難なわけです。

ですから、威圧的な上司から日常的に攻撃的な言葉を受けているならば、まずは自分がいかに傷つかないようにするかを考えるのが良いと思います。

威圧的な上司から怒鳴られているとき、どうしても、その上司が強大で適わない存在だと思ってしまうのではないでしょうか。しかし、そう考えて白旗を上げて頭を垂れてうなだれていると、威圧的な上司はますます調子に乗って高圧的になります。

なぜなら、彼らは自分の攻撃的な言葉によって自分よりも弱い者が怯えているのを観て、優越感に浸っていることが少なくないからです。「ああ、自分はやはり強く価値がある人間」なんだということを確認し、劣等感で傷ついた心を癒しているのです。

そんな会社業務とは関係ない身勝手な理由で、攻撃的な言葉を受けて苦しむなど、部下としてはそれほど理不尽なことはありません。ですから、上司の言葉から全く愛情が感じられないならば、それをまともに受けないことを考えるのがよいと思うのです。

では、どうすれば、威圧的な上司の攻撃的な言葉の雨をまともに受けなくて済むのでしょうか?
それは、一方的に怒鳴られているとき、その上司が自分よりも弱い存在であると、思い込むことです。具体的には 上から目線でその部下を眺め、手のひらのうえで小さくなっているその上司をイメージをするとよいといわれています。自分の大きな手のひらの上で小人になったその上司の姿をイメージするのです。
a0960_006414.jpg
そうイメージしながら「お前なんか全然怖くないぞ。そろそろ黙らないと握りつぶしてやるぞ。」くらいに強く考えるのです。

そんなイメージを半ば楽しむようにしていると、不思議と心が落ち着いてくるもの。それは恐怖を感じ巨大化された上司のイメージが矯正され平常心を取り戻すことができるからです。

そして、そういったイメージができるようになると、威圧的な上司が放つ攻撃的な言葉も右から左へ受け流すことができるようになるのです。

すると、自分自身の心だけでなく、その威圧的な上司にも次第に変化が観られるでしょう。それは、自分の攻撃的な言葉によって部下が怖がっていないことに気づくからです。

「何で俺にもっと怖がらないんだ?もしかすると、こいつは俺の劣等感を見抜いているのか?」などとその上司は焦りはじめるのです。そして、「全く効き目がない。こいつはヤバいかも・・」となり、次第に高圧的な態度や言動もなりを潜めていくと思います。

あと、威圧的な上司の攻撃的な言葉の数々で悩んでいる人は、自分ひとりで悩みを抱えないことも大切だと思います。信頼できる同僚などにできるだけ悩みを相談することです。というのは、人に話すことで、悩みのモヤモヤを体外に出すことができ気持ちが楽になるからです。また何より、自分には味方もいるということが心の励みとなり、心がポジティブになってきます。

ただ、相談できる人が社内にいなかったり、問題が深刻である場合もあるでしょう。そんなときは、威圧的な上司の言動をICレコーダーやノートに記録しておくことです。その上で、労働基準監督署や弁護士など、社外の組織や専門家に相談して具体的な解決策を探るというのも一案だと思います。

明るい心で生きることは健康な生活につながります

スポンサーリンク

海、山、川、夕日、朝陽、夜景、農村・・日本にはさまざまな美しい風景があります

井上晴雄 絵画作品集〜心を癒す日本の旅風景〜

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク
心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。