a0960_008325.jpg
あなたの職場には、高いレベルを要求してくる厳しい上司はいませんか?

高いレベルを部下に要求してくる厳しい上司は、細かいミスでも許すことがありません

そして、心を許した部下以外は、部下を褒めることはまずありません

ですから高いレベルを要求してくる厳しい上司と一緒に働くとなるととてもしんどいのではないでしょうか。
スポンサーリンク

高いレベルを要求する上司が部下に厳しくあたる理由とは

会社はほぼ毎日行く場所ですし、そのような他人に厳しい上司と一緒に仕事をするとなると、部下は大変です。

書類ひとつ提出するだけでも極度の緊張を強いられ、逃げたくても逃げられないストレスで身体を壊してしまうケースも出てくるかもしれません。

そもそも、どうして高いレベルを要求してくる厳しい上司は、そこまで部下に厳しくあたるのでしょうか?
それは、その上司は、今までの人生のなかで厳しい修羅場をくぐってきたからだと思います。

例えば、その上司が新人の頃に、その上司にあたる人から厳しくしごかれたり、学生時代に厳しい生活環境から這い上がってきたなど。

そういった辛い境遇のなかを歯を食いしばって克服してきた人は、他人に厳しくなってしまいます

そして、自分のやり方や考え方に絶対的な自信を持つようになります。

また、その高い基準でもって部下の行動も観ているわけですから、普通考えたらできないようなことも「これくらいできて当然だ」「俺はこの程度のことをやってきた。お前にもできるはずだ」となってしまうのです。

そもそも、「ここまでやれば大丈夫だろう」という基準が違っているのです。

ですから部下からすると「こんなのできるわけないだろ!めちゃくちゃだ!」と思ってしまうわけです。
スポンサーリンク

厳しさは愛の鞭というケースも

とはいえ、高いレベルを部下に要求する上司は、部下を真剣に育てようと考えている人も少なくありません

いわば愛の鞭というわけです。

しかし、部下からするとそれがかえって負担になってしまうことも少なくありません。

この上司は自分のことを嫌っている」、「この上司は自分でストレス発散しているのだ」と思い込んでしまい、会社を辞めてしまうケースも少なくありません。

これは非常に惜しいことだといわざるをえません。

高いレベルを要求してくる上司とのうまい接し方とは

では、高いレベルを要求してくる厳しい上司とはどのように接すればよいのでしょうか?

それは、まず「この上司は厳しい修羅場をくぐってきた凄い人なんだ」と考え、少なくともその点についてはその上司のことを認め、心から尊敬の念を持つことです。

そして、反論したくてもその気持ちはとりあえず抑えて、自分の気持ちを正直に伝えた上で教えを乞う姿勢を見せるとよいと思います。

なぜなら、他人に厳しい上司は、自分のやり方に揺るぎない自信を持っていますし、試行錯誤してたどり着いた自分の手法を誰かに話したり伝授したい気持ちを常に持っているからです。

最初はなかなか心理的な溝は埋まらないかもしれませんが、うまく相手をおだてて気分よくさせたら、次第に心を開き始めるというのも、高いレベルを要求してくる上司の特徴でもあります。

相手が心を開くと、相手も叱るときの怒りをセーブするようになりトラブルも起きにくくなると思います。

スポンサーリンク

日々の生活を探してみると、発見できるちいさな幸せの数々があるような気がします

・・↑最近はこちらのブログにも新しい記事を更新しています。

・・夕陽、夜景、農村ほか、絵と文で綴る「日本の旅風景」