a1380_001613.jpg 真面目すぎる人は、細かいことでも手を抜くことができません。隅から隅まできっちりとこなさねば気がすみません。

 一方、ひとたび想定外のことが起きると、病的なほどの焦りや怒りを見せることがあります。そのような場面が起きると、本人はもちろんのこと、周囲の人間もぐったり疲れてしまいます。

 真面目すぎる人はキチキチと、ときには病的なほどに課せられた作業を重ねていきます。そこでは「高い評価を得ることができるよう今頑張る」「将来に向けて、仕事を完全に完結しなければならない」といったような未来に向けた思考が常に働いているのが見てとれます。

 「明るい未来を築くために今という時間を費やす」という考え方は決して悪いことではありません。目標に向けて努力を重ねていくことで人間は成長できますし、その考えは仕事や勉強などにおいて高い成果を生み出す源泉となりうるでしょう。しかし、それが度を過ぎると、常に精神的な余裕がないという状態に陥り、同時に心の充足感を得ることが難しくなってしまいます。

 未来はどんなに努力をしても100%の確率で思い描く成果を得られるとは限りません。真面目に努力を重ねたとしても失敗する確率を0%にすることは難しいのです。未来にのみ目線を向けて、失敗リスクを減らすことばかりに時間を費やしていては、精神的充足感を感じにくくなるのは当然のことです。

 では、真面目すぎる人が精神的充足感を得ていくためにはどのように考えるのがよいのでしょうか?

>
それは、未来に視線を向けることに終始するのでなく、「今」という瞬間も大切に生きることだと思います。
a0960_006414.jpg
極端にいうと、今日は今日、明日は明日くらいに割り切って生活をすることです。

 今このときに起きている出来事や五感を通して感じること、それらに喜びを見だすことを考えるのです。

そうすると「今」という時間のなかにいかにたくさんの幸せがあるかが分かるはず。今この瞬間にある幸せを味わうことを意識的に行うことで、真面目すぎる人の、何かに常に追われている恐怖や不安は次第に解消していくと思います。

明るい心で生きることは健康な生活につながります

スポンサーリンク

海、山、川、夕日、朝陽、夜景、農村・・日本にはさまざまな美しい風景があります

井上晴雄 絵画作品集〜心を癒す日本の旅風景〜

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク
心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。