あなたの職場には高圧的な上司や先輩はいませんか?もしいたら、彼らの人格を否定するような言葉や態度で悩んでいるかたもおられるのではないのでしょうか。
a1380_001413.jpg
 高圧的な人に人格を否定されるような言葉を吐かれたり、傲慢な態度を取られたら、誰しも萎縮してしまうものです。そして、それらの原因を「自分の至らなさ」にあると考えてしまう人も少なくありません。そのように自身の責任に転化して我慢していたらいつか胃に穴があいてしまうでしょう。

 高圧的な上司や先輩が同じ職場にいるとやっかいです。ただ、仕事となると、物理的に逃げる術がありませんので、自分を守るためにも、工夫を凝らすことが重要になってきます。自分なりに、高圧的な人の心理を分析し、対処法を身につけておく必要があるのです。そもそも一体、高圧的な人の心理はいったいどういうものなのでしょうか?私はさまざまな高圧的に人と接してきた経験からして、高圧的な人の多くは「弱い人」だと考えています。

 一見すると、高圧的な人は、「強い人間」だと思われがちです しかし、その高圧的な態度をとる心理の奥には「弱さ」が潜んでいることが多いと感じます。自身を守るための防衛本能が、威圧的な態度や言動にあらわれているのです

 高圧的な人が高圧的になった原因、それは、小さい頃の家庭環境や学生生活が起因していることが多いようです。たとえば、小さい頃、親から暴力を受けたり、理不尽なイジメにあった過去があるなどです。そういった辛い過去の経験があると、人間は自己を防衛するために、なにかあるごとに反射的に高圧的な態度や言動をとりやすくなるのです。

 今まで会った高圧的な人を思い浮かべてみてください。「前職はどこか?」「どこの学校を出たのか?」など、あなたの情報をいろいろ詮索してきませんでしたか?もしそうなら、彼らは、怖くて怖くて仕方なかった可能性があります。自分の弱さを悟られまい、相手の優位になんとか立たねばならないと考え、情報収集をしていたのです。そういった高圧的な人の心理を考えると、彼らは会社では加害者かもしれませんが、ある意味、かわいそうな被害者とも捉えることができるのではないでしょうか。

 高圧的な人は、常に何かに怯えています。そして自己を防衛するため、周囲の人間に対し強いコンプレックスを持っていることが多いです。たとえば、学歴や経歴などです。

 もしあなたが、高圧的な上司や先輩よりも、学歴が上ならばどうでしょうか?高圧的な人は、あなたのことを「高学歴だなあ。お前はすごいなあ」と褒めないでしょう。おそらく激しい嫉妬心ともやもやした気持ちを自制することができず、爆発してしまうと思います。どうあがいても学歴では相手の上に立てない。その苛立ちを解消するために、高圧的な態度や言動をとることで少しでも溝を埋めようとするのです。そして、あなたを怖がったり怯えるのを見て、自身の精神バランスを保ち、自分優位にものごとを進めようとするのです。

 「弱い犬はよく吠える」という言葉がありますが、ある意味、高圧的な人の心理は、それと似ている気がします。高圧的な人の心理は「弱さからくる自己防衛」からきているのです。常になにかに怯え、相手を威嚇したり高圧的な態度をとることによって、自身の身を守ろうとしているのです

 では、そういった高圧的な人の心理をふまえたうえで、一体、高圧的な人にどのように接していくのがよいのでしょうか?

» 「続きを読む」

被害妄想がちであったり高圧的な性格などは、過去の体験に起因していることが少なくありません

スポンサーリンク

日々の生活を探してみると、発見できるちいさな幸せの数々があるような気がします。

井上晴雄 絵画作品集〜日本の旅風景〜
(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。
スポンサーリンク

心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。